動画

2019年10月 5日 (土)

鉄道連絡船イベント@鉄道博物館

_dsg5303

というわけで、遅ればせながら鉄道博物館での連絡船イベントです。まずはこのために収蔵庫から運び出された50分の1津軽丸とkeiichiさんの80分の1十和田丸、その向こうにE5系モックアップという新旧北海道連絡の並び。津軽丸を南館3階の常設展示場へ運ぶためにケースのガラスを外し、反射の無い状態で大撮影会。アイドル撮影会かといわんばかりのシャッター音。閉館前の作業だったので、皆さん奇異の目で見ておりました。

さて、今回は2日間にわたるイベントでしたが、講演内容はこれまでの船の科学館での内容とほぼ同じ。ですが、連絡船に乗るまでの雰囲気を再現という、これまでにない企画でした。

_dsg5232

まずは485系のヘッドマークを白鳥に替え、方向幕も作成。この辺りは事前に大神さんから聞いていたのですが、その電話の時に「隣があけぼのだから奥羽線に偏ってて・・・」「てっぱくだからゆうづるかはくつる辺りのヘッドマーク持ってないかな」と話してたらホントにゆうづるに・・・で、夕方に日本海に付け替え。撮影タイムということで、柵や表示類も全撤去。区名札もゆうづるの「青」から日本海の「秋」に替える、テールライト片目の入替灯モードに切り替えるなど学芸員さんもノリノリでした。

_dsg4960

日本海バージョン。2日目は日本海→ゆうづるへの付け替え。で・・・

_dsg5262

人通りを止めてくれたので、こんな4並びの撮影ができたのでした。

さて、イベントは白鳥への乗車から。このために車内放送設備を復活させたのでした。オルゴールも電子式ではなく、ゼンマイ式。しかもいい具合にピンが欠けてて音が抜けるリアルっぷり。車内放送に合わせて乗船名簿配布ですが、こちらは最終便戦友会の橋本氏が車掌のコスプレで。てっぱく所蔵の国鉄制服に身を包み、専務車掌となりますが、立ち姿、振る舞いなど、リアル車掌なのでばっちり様になってます。

_dsg4899

まずはドアで連絡船の船内発行乗船券を模した硬券を参加者に配布。通常閉鎖のモハ484へ。あっという間に満席で2日ともクハにもご案内。方向幕はわざわざ新たに作成し、4ヶ所とも白鳥になってます。

_dsg4898

車内の広告枠はこれまたてっぱくに残っていたものをカラーコピーで。

_dsg4890

車内放送は吉田さん。昼頃から何度も練習してましたが、8号車だけ放送というわけに行かず、一般客がいる9号車にも流れてました。1日目と2日目では微妙に原稿が違い、青森の接続時刻が連絡船末期のものから1972年の時刻表になってたり、青森駅の西口の案内が加わったりしてました。で、あまりにもリアルなので、若手の研修用にアンコールという学芸員さんのリクエストで29日夕方イベントではやらなかった大阪・新大阪発車後のアナウンスも加えたバージョンをやりました。発音、間、早さなど今とは違う昭和の香りを博物館のイベントで引き継いでいくために・・・ということだそうで、当時を知る我々や学芸員さんはいたく感激しておりました。

_dsg4894

車掌室でアナウンスをする吉田さん。室内灯は復旧できなかったとかで暗い中での原稿読みです。途中で学芸員さんが「録音ではありません、リアル放送です」と解説してました。

_dsg5088

乗船名簿を配る橋本氏。手前のビデオカメラと橋本氏の名札がなければまさにあの時代そのもの・・・

201910050001

今回のイベントのために新たに作成した乗船名簿。白い普通船室用もあり、そちらには「グリーン船室は淡緑色の名簿を・・・」の記載も。

特急接続優先乗船のマル特マーク付きってのがいいですねぇ。

で、その車内放送の研修用アンコール版に手持ちの485系の走行音と静止画を重ねて動画をつくってみました。

約10分の動画は →こちら← wmvで約66MB

その車内放送の後、下車し、緊締具実演。

_dsg5082

緊締具実演は解説が髙橋さん、実演が山本さんのコンビ。解説をしながらコキに緊締具をかけていきます。

_dsg5091

てっぱくの床には当然緊締具用のレールがないので、展示台の下半分をおもりで動かないようにして実演です。

_dsg5097

こんな感じになります。緑のコンテナがいい味出してます。

_dsg5105

交直流切替機器を見る階段の上から。参加されたお客さんにも何人か体験してもらいました。

この後南館に移動して講演会。まずは大神さんから連絡船の概要を。

_dsg5108

鉄道連絡船とはどういうものかという概説です。この画像は2日目。

_dsg4920

会場は大入り満員です。こちらは1日目の画像。今回は正面スクリーンに加えてTVモニター2台登場です。

_dsg4926

さて、1日目の講演、髙橋さんの甲板部のお仕事ということで、緊締具実演に続いて車両航送についての講演です。

船の科学館での第9回が髙橋さんの講演だったのですが、その日は自分が夜の飲み会にしか参加してなかった・・・

_dsg4937

続いて無線部のお仕事で大西さん。

こちらは2016年の船の科学館第8回講演会2017年の鉄道博物館の青函連絡船教室と概ね同じ内容です。

例によって大神さんとモールスの実演も。

以上が1日目の内容で、2日目は・・・

_dsg5124

渡邊さんの機関部の話です。一段と濃い・・・解説の図が詳細鮮明に・・・

内容は2015年の船の科学館での第7回の推進装置2018年の第12回電力供給システムの合わせ技。子どもが走り回るてっぱくとしては異質の超硬派の専門的な内容です。

続いては吉田さん。

_dsg5137

銅鑼を叩いて登場です。今回は銅鑼はこの場限りです。

内容は2018年の第13回とほぼ同じです。が・・・

_dsg5167

グリーン桟敷席の一人分の幅、測ってみると36センチ。ブルートレインの52センチより16センチせまいです・・・という内容がてっぱくならではのネタでした。

そして飾り毛布の実演大会。今回は上杉先生登場です。

_dsg5184

まずは吉田さん。続いて森本さんと共演で。

_dsg5207

異なるデザインの松竹梅で〆です。

_dsg5120

今回もおなじみkeiichiさんの十和田丸。さすがにバッテリーでは2日間もたないので、陸電仕様になってました。1日目は見通し灯持ってくるの忘れて、さらに桟橋の電気がつかない・・・画像は2日目。見通し灯つけて、桟橋の電気が復旧しています。抵抗半回し・・・ハンダごて作業の後に発覚・・・

_dsg5007

周りの紙ものは私のコレクション。2日目は切符も追加しましたが、写真撮るの忘れた・・・

_dsg5039

今回の白眉は籾山模型製の50分の1津軽丸。今回のイベントのために収蔵庫から引っ張り出してきました。

Img_0764

これ、模型のブリッジ内部です。めっちゃ細かいです。iphoneで窓から撮るとこんな感じ。客室はライトがうまく回らなくて撮れませんでした。

昭和39年当時の価格150万円。当時の大卒初任給が1.5~2万円位なので現在の価格だと約10~15倍の1500~2000万円といったところでしょうか。

_dsg5309

撤収作業にあわせて常設展示の移設の為にケースのガラスを外した状態で。ガラスの反射がないのでキレイです。

_dsg5312

最初と逆のスタボード側の並び。この後移設作業です。

Img_0744

ケースから本体を外して・・・本体とガラスはエレベーター、展示ケースはエスカレーター経由で3階へ。

_dsg5344

最終的にここに落ち着きました。ケース越しに北斗星や海峡、連絡船のポスターが見える位置というのは完全に狙っていたそうです。

_dsg5307

移設前に史料保存会のみんなで記念撮影。

講演会、開館前から準備して、閉館後に作業して・・・とそれはそれは楽しい2日間でした。

お会いした皆様、お世話になった皆様、特に鉄道博物館様、ありがとうございました。

=======================

忙しくてへろへろで、この2日間体を空けることができたのが奇跡です。

次の講演会の予定の日、午前中胃カメラ・・・・

さて、明日、日帰りで沖縄行ってきます。モノレールに乗ってタイトル防衛しないと・・・

 

| | コメント (0)

2014年8月18日 (月)

臨時あけぼの その2

_dsg4196_2

8月13日 津軽新城-新青森

側面にしか陽が当たりませんが黄色い花との色彩の組み合わせが気に入ったので、背景が住宅なのは致し方なしです。直前怨念雲を回避して列車通過時に晴れたのが何よりです。小湊桟橋跡からここまで楽勝かと思ったらギリギリでした。

_dsg4210

振り返って後撃ち。奥に新青森の駅が見えます。

_dsg4246

で、回送。今度は昨日より一つ青森寄りの住宅地の中の踏切から。

_dsg4260_2

花びらが散ってしまってるのがあるのがちょっと残念。

_dsg4449

で、夕方の送り込み回送。

_dsg4462

ここまで引っ張るとプッシュプルというのがわかります。

_dsg4477

振り返って81の頭で。遮断機が上がって…

_dsg4484

ギリで面にポールが当たらない位置で。

_dsg4512

で、改めてここへ。何とか怨念雲を回避して陽が持ちこたえました。

で、13日の青森からの入庫回送と津軽新城-鶴ヶ坂はVTRまとめました…というか、それしかまともに撮ってない…動画はこちら→(akebono201408.mp4 2分程度 約96MB)←です。

夏休み終了。あと1曲アレンジとデータ打ち込み1曲残ってしまった…墓参りと胃カメラと青森行きで自宅で作業できたのって土日入れてわずか4日。スケジュール厳しすぎ…体力がもちません。明日…いや、今日から練習スタートです。さて、寝るかぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 8日 (金)

いまさらながらの竜飛海底駅

_dsg2044

というわけで、今更ながらの竜飛海底駅です。すでに廃駅になってしまってるのですが、廃駅カテゴリがないので、失われた轍モードで。

末期は見学券がえらいことになっていましたが…コースは函館→函館で。このコースだと上り下り両方のホームを使えることと、上り下りの連絡通路を通れるので。

_dsg2034

到着前、この表示、まだ出るのかな?

_dsg2053

ホームから見るとこんな感じ。

_dsg2056

記念撮影用の駅名板は通路にありましたが、駅名板はやはりホームにあってなんぼだと思うんですが、こいつの撮影難度はなかなかで、18-35mmレンズでなければまぁ無理だったかと。

_dsg2070

で、記念撮影用の通路のもの。正面から撮った絵はこれですね。吉岡海底がそのままでした。

_dsg2075

で、これも記念撮影用看板…になってました。

_dsg2064

上り列車は1日1本のみ。開業当初は海峡がけっこうあったんですけどねぇ…

_dsg2083

で、上り線から下り線側への連絡通路。線路の下です。右側の壁に飾ってあるのが赤富士の絵。

_dsg2085

線路の下に下ってきたのが分かります。

_dsg2092

はい、下り線側に出てきました。上り線誘導路の看板が見えます。

_dsg2252

こんな風にして撮ってみました。ちょうど上り線と下り線への通路の境目です。

_dsg2257

ちなみに、こちらが下り線の時刻表。

_dsg2098

で、トンネルの通路をこれから延々と歩くのですが、ここへはJRの見学券でしか入れません。…ので、今では立ち入り不能です。新幹線開業後にまた見学できるようになるかどうか…

_dsg2105

排水ポンプ。

_dsg2116

どこへ続くのかよくわからない通路がたくさん分岐しています。

_dsg2118

横穴には錆が浮きまくった自転車が…

_dsg2121

そして海底の展示施設、竜飛海底ワールドへ。

_dsg2124

といっても、もともとは緊急時の避難所。長ーいベンチがおいてあります。

_dsg2142

はい、これが長ーいベンチ。左側の壁の中は事務所というか詰所のようです。壁面には工事の進捗の写真やトンネルの説明図がたくさん・・・ですが・・・

_dsg2244

展示物がいくつかありますが…

_dsg2138

トンネルの模型ですが、海底だけに錆だらけ・・・

_dsg2140

えーっと、竜宮水族館・・・生き物は何もいないような・・・藻で中が見えない向こう側・・・

_dsg2132

これは生きていました。快速海峡っていつなくなったんだっけ?

_dsg2127

錆だらけです。動くかどうかわかりません・・・というか触るのもはばかられる状態・・・

_dsg2162_2

海底の公衆電話。友人のY氏が開業当日に電話してるの取材受けてたのは竜飛だったか吉岡だったか・・・これはまだ生きていました。

_dsg2243

ナンバープレートのない錆がたくさん浮いた車。というか、車がないと距離が距離だけに保守点検大変なことになるかと・・・点検や車検ってどうやってんだろ?斜行ケーブルに乗せてもってくんだろうなぁ・・・と思ったけど、公道走らなければ車検不要か?

_dsg2247

海底に水準点ってのは・・・なんかすんごい違和感ありましたけど(笑)

_dsg2166

さて、禁断の扉。風圧や気圧差をクリアするために斜行ケーブルのある竪坑へ行くには扉2枚をくぐらなければなりません。第1の扉を見学者全員がくぐったら閉鎖。確認の上第2の扉を開けます。その先は地上からでも行ける青函トンネル記念館。

_dsg2167

各扉にはがっつりと注意書きが。各所ケーブルのオイルに気を付けて・・・

_dsg2171

扉の中はこんな感じ。車が通るときは壁面全体が上へ跳ね上がるそうな。

_dsg2176

記念館と駅施設を仕切る柵。この奥が第2の扉。通常ここは閉まっていて、列車で来た見学組が通るときのみ開ける、文字通りの禁断の扉。

で、斜行ケーブルやトンネル記念館は省略して・・・

戻ってきたらホームで貨物列車撮影会。爆速でカッ飛んでくるので、ISO6400でNX2とフォトショップは正義もコレが限界。粒子荒れまくりです。爆音です。

_dsg22702

で、函館行きにはつかりに乗って撤収です。貨物通過とはつかり入線の動画は→こちら(約65MB/mp4)←三脚使えないので貨物はホームに置きっ放し、はつかりは重連プレートにスチールと軸線あわせてセットしてD700のライブビューで見てるんでシャッター音がうるさいわ画角は曲がるわ…でした。

_dsg2296

分割してアップだと間隔が空くんで、じわじわと作業してまとめたんだけどさすがに読みづらいな(爆)

さて、明日は朝からコンクールのスタッフ、楽器輸送車の駐車場当番。雨がなぁ…

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2013年9月18日 (水)

青函連絡船 完全終航25周年

_dse4521

今年も9月18日がやってきました。青函連絡船が最後のアンコール運行を終えたのが25年前の今日。早いものです。画像は2011年の9月18日にお台場で撮ったもの。

最終便メンバーとの再会から5年、それから今日までに連絡船を巡って驚くほど新たな出会いもありました。当時はお互いに知らなかったのに、20年以上の時を瞬時に遡って旧知の間柄のように語り合える、改めて連絡船のもつ力と魅力を感じます。

次の週末はそんな仲間たちと青函連絡船の母港である函館でささやかな25周年記念会です…というと情緒ありげですが、何のことはない、ただの飲み会です。

さて、昨年の3月に羊蹄丸の回航を来島海峡まで追っかけましたが、その時の動画を。かなり長回しをしていたのですが、来島海峡大橋をくぐって中渡島の向こうを通り抜けるまでの約7分半。置きっ放し動画です。変にズームよりも亀老山展望台から見える風景そのものにしました。音声はシャッター音やそばにいたじいさんのラジオ音や周りの人の話し声なんかも拾ってるのですべてBGMに。曲はAS TIME GOES BYです。動画は→こちら(kurushima.flv/約86MB)←です。圧縮かけ過ぎたかな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月31日 (土)

E6系甲種輸送 その5 動画

_dsg0509
_dsg0754

というわけで、E6甲種輸送の動画編です。まぁズームもパンもしない置きっ放し動画ですが…

今回もガードレールやちょっとした鉄柱にビデオをつけられるグリップ式だっこちゃんが役に立ちました。最後の勝木-府屋はハスキー4段全開+エレベーターに重連プレートという出で立ちだったのでやっぱり揺れが…(苦笑)

動画は→こちら←mp4で約126MBあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月10日 (土)

22DDHいずも進水 動画編

_dsg02592

というわけで、護衛艦いずもの進水の横浜南部市場屋上からの動画です。

D700を手持ちしていたので、VTRは置きっ放しで時々アングル変えてたんで花火が映ってなかったり回頭するときに建物の陰になったりしています。動画に関しては杉田臨海緑地公園からの方がよかったかな…と。艦名のシートを外すところからは60倍速です。

動画はコレ→22ddh.mp4(約22MB/約3分30秒)←です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 8日 (水)

青森ツアー 動画編 その3 あけぼの

_dse7836

さっき帰ってきました…なんでまたこんなに忙しい…

さて、今宵はあけぼのの動画。

日本海の動画がクソ重たかったのでもちょっとマシに…とは思いましたが、あまり画質をさげるのもどうかというわけでflvにしました。

1/5大釈迦~鶴ヶ坂 1/6矢立峠 1/7大仏公園 1/8川部の先 1/9大釈迦~鶴ヶ坂 1/7の夜、日本海に乗り鉄の時に撮った青森発車シーンは別編集で。

動画は →こちら← 1024×576pix 29.97fps flvファイル 2分23秒 約44MB

ま、こんなもんで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 6日 (月)

青森ツアー 動画編 その2 日本海乗り鉄編

_dse76922

というわけで、昨日に続いて乗り鉄動画編。1/7の上り日本海に青森-弘前で乗ったのですが、ポイント不転換続出で2時間近い遅れとなりました。画像は発車前、雪の青森駅に佇む日本海。

青森入線~発車前案内~青森発車~アナウンス~新青森発車~大阪までの案内~弘前到着前~弘前発車見送りとなっています。車内放送は弘前到着前以外は例によってマイクをスピーカー脇に貼り付けましたので、元が非常にクリアですので16bitに落としました。音声は個人で楽しむのみでよろしく。

動画は →こちら← 768×432pix 29.97fps flvファイル 14分54秒 約95MB 長いんで重くなってしまいました。まぁ、音がメインなんで画像解像度はもっと落としてもよかったかなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 5日 (日)

青森ツアー 動画編 その1 日本海

_dse7990

というわけで、まだ続く青森遠征ネタ。画像は大釈迦-鶴ヶ坂で日本海の後撃ち。雪かんでテールマークが見えない…1/9のエントリ-の前からの画像の後、三脚からカメラ外して道路横切ってオマケの1発。VTR揺れたし、同じ事やってる人の足音が…(苦笑)

ちょっと動画をいじったので、まずは日本海の走行シーンから公開。スチルとセットで撮ってたのでシャッター音がガシャガシャいうのはまぁ笑ってくだされ。三脚から外すのに揺らしたのもあるし、ワイヤレスマイクが電気的なノイズ拾ってるのもあるし…

撮影順に 1/6矢立峠、1/7大仏公園、1/7弘前発車、1/8大仏公園下、1/9大釈迦-鶴ヶ坂。ヒルネちょい乗り鉄の分は別編集で。

VTRは→こちら← 1280×720 29.97fps 3分17秒 約146MB 重たくてすみませんです。光回線推奨。開くのにADSLで25分くらいかかります。再エンコードめんどくさい…

========================

合唱のデモCDようやく完成。疲れた…せっかく作ったんだからニコ動とかで公開しないの?と子どもらに言われてるのですが…さてどうしたもんかと…パートごとに歌わせたのは他の音楽の先生が譜読み用に欲しいと言ってましたが…

さて、黒い湯に浸かりに行ってくるかな…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月27日 (水)

只見線全線開通40周年記念号 その3 動画

X01

というわけで、只見線全線開通40周年記念号の動画。まぁ、置きっぱなし動画なので…一応ハイビジョンで撮ったのでf4vのHD画質にしてあります。130MBというばかでかいサイズになってます。光回線推奨&PCが非力だとかくかくした動きになるかも。

動画は→こちら←から。

さて、寝るか…腰痛がちょっときついです。ロキソニンのお世話になっとります、はい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧