ちょっとおでかけ

2017年1月 4日 (水)

通りすがりで名鉄

_dsd0498

というわけで、正月帰省から帰ってきました。名古屋なので通りすがりに名鉄を。D500+16-80ナノクリだけ持って行きました。神宮前ホーム先で。ここの踏切なくなって、すげぇ立派なエレベーター付きの歩道橋になってました。名鉄=赤一色の電車というイメージがだいぶ薄れてしまってはいますが、それでも真っ赤な電車これでもかと行き交う複々線区間は見ていて面白いですね。

_dsd0475

ちょっとトリミングして面が揃ったところをクローズアップ。右側の5700系、昔のパノラマカーの則窓の系譜を引き継いでいて自分的には好みです。一応展望席もあるし。考えてみると2扉クロスシートの名鉄電車って指定席車を除けばこれしか残ってないんじゃないかと・・・旧5000系・5200系・5500系の足回り使った5300系はとっくに廃車になってるし。

_dsd0505

青いミュースカイ。中部国際空港行の全車指定特急。中部-羽田のJALの夜便は国際線機材なので一度乗ってみたいのですがねぇ・・・

_dsd0561

で、パノラマスーパー。えぇっと、いつから塗色変更始まったんでしょ?オール指定席の4連はだいぶ前になくなって4連をバラして方転して展望席が豊橋方に固められてるんで、岐阜方面の前展望はなくなってしまったわけで・・・

ちなみに、塗色変更前の1111F。逆向きですが・・・

Dsc_2369

2005年1月撮影。で、この頃はパノラマカー目的だったので1111Fは適当な画像しか・・・

Dsc_2415

面に架線柱の影が・・・

この日の本来の目的はこれでしたんで・・・・

Dsc_2345

パノラマDXの重連。

Dsc_2418

で、ついでにいまは懐かしいパノラマカー7500系6両貫通編成。7000系がジャンパ栓とか取り付けられていかつい顔になる中、7500系は最後までこの顔でしたからねぇ・・・

_dsc9248

こちらは7000系6両貫通編成。展望席が低床で顔つきがちょっと7500系とはちがうんですよね。これは2007年撮影。

うーん、自分も年を食うわけだ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 1日 (日)

予定外の撮り初め@浮島

_dsc0132

ANA JA819A B787-8 Dreamliner 排気煙の陽炎の中に上昇していく機体が。

というわけで、突如浮島で飛行機の撮影となりました。お年始のタオルもらって銭湯から帰ってきて楽譜書き~とやっていたら、昼過ぎに某氏から電話があり、奥さんと子ども連れて羽田で飛行機見てる・・・ので顔出す?というところから話が始まって、電話の向こうでキャッキャという声きいたら「カーシェア空いてたら浮島行くかぁ」となり、空いてたので羽田で拾って浮島へ。元日にもかかわらず蒼天に惹かれたその筋の撮影の方々がたくさん・・・かくいう私もD500+200-500という、どう見てもその筋の出で立ちだったわけですが(爆)

_dsc0051

SFJ JA07MC A320-200

_dsc0230

JAL JA327J B737-800 来るのがJALとANAばっかし。たまにSFJ。ソラシドはDから上がっていくくまモンを見ただけ・・・で、

_dsc0261

ベトナム航空 VN-A610 A321-200 色が違うのキター!

で、遠くから「パパーまだぁ」「あと15分位・・・」という会話が聞こえてきたので、何か来るのかなぁ・・・と思ったら

_dsc0378

AA N801AC 787-8 Dreamliner がやってきました。どうやら皆さんこれが目当ての一つだったようで、去年のスターウォーズジェットほどではないものの、シャッター音の響きが違います。

_dsc0389

音につられて連写連写(笑)

_dsc0410

管制塔をバックに。うん、社会科の教材に使えそうだな(笑)尾翼がいかにもアメリカで羽田の国際化・・・と。アジアのキャリアが多い中、欧米のキャリア見ること少ないし。

さて、頑張って楽譜書きに戻ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2年参りと16-80テスト撮影

_dsc9999

明けましておめでとうございます。タイマーアップではなくてリアルアップです。先ほど2年参りから帰ってきました。ついでにD500+16-80ナノクリのテスト撮影をしてきました。いつも行きつけの近所の神社に参拝してからさてどこに行こうかと・・・大田区で初詣でメジャーなところ=それなりに明かりがある所ならここでしょう、というわけで池上本門寺へ。息を切らして石段を登って・・・山門は屋台に囲まれていて撮影困難、五重塔はライトアップっぽい状況ですが暗いしそっちまで参拝客が並んでたのでパス。まずは本堂をISO3200、スピードライトなしでフルオートでの1コマ。exif見るとISO3200 24mm(35mm換算36mm) 1/20秒 f/3です。フォトショップでcamerarawフィルターをオートでかけてこうなりました。続いて階段を降りて大坊へ。その途中にあるライトアップされている宝塔。

_dsd0006

ライトアップされるのは限られた日だけだったかと。10月のお会式の日は扉も開けられる・・・んだったっけかな。ISO1000 56mm(35mm換算84mm) 1/15秒 f/3.8です。スピードライト無し。フルオートで。

で、階段を降りきって大坊へ。日蓮入滅の地です。

_dsd0010

こちらは本門寺の喧噪が嘘のような静寂の世界です。これもスピードライト無しISO1000 22mm(35mm換算33mm) 1/20秒 f/2.8です。ここにはお会式桜といって季節外れの秋に咲く桜があります。いつもの年より多く咲いているように思います。

_dsd0017

こちらはISO4000 スピードライト使用補正-2 80mm(35mm換算120mm) 1/60秒 f/10

んー、やっぱしレンズの更新を進めないとなぁと思った2年参りでした。

おまけ。せっかくなので御朱印を頂いてきました。

201701010001

まずは池上本門寺。

201701010002

続いて大坊本行寺。この界隈お寺だらけですが、本門寺はともかく、大坊で深夜に御朱印をいただけるとは思ってませんでした。行きつけの近所の神社は家バレ防止でナイショです。

さて、とりあえず寝て、朝湯に行って、楽譜書き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月24日 (土)

姫路モノレール跡

_dsc7516

はい、久しぶりです。ようやく怒濤の2学期が終わって冬休みモードです。とは言っても学校が閉鎖になる日以外は基本的に出勤・・・来年度の計画とか事務仕事山積みです。ついでに予定より遅延進行の楽譜書きも・・・

で、10月末に飛燕に行ってきたときについでにかの大将軍駅のある高尾アパートの解体工事が始まったというのもあったので、姫路モノレール跡もうろうろしてきました。

今年、大将軍駅の公開はハズレで行けなかったのが残念でした。その前の1日限りの車両公開も行けず・・・新幹線が岡山までしかなかった頃、姫路駅発車直後に新幹線の線路の下をくぐっていくモノレールを見た記憶があるのですが、その期間は1972~1974までのわずか2年間。小学校入った頃です。後は軌道跡がいつまでも残っていて子供心に不思議に思っていたものです。

_dsc7381

大将軍駅を内包する高尾アパート。10階建ての3・4階部分が駅となっています。1・2階は店舗などが入居していたのですが、2000年頃には2階にあったビジネスホテルも閉鎖になって、老朽化が進む一方でした。すでに解体の足場が組まれていて、低層階の解体が始まっています。足場の上端がちょうどモノレールの軌道、大将軍駅のあたりまで組まれています。

_dsc7383

ホーム端と軌道跡。

_dsc7417

角度を変えるとホーム天井も若干見えます。フォトショップで加工しましたが、蛍光灯の管球が残っているのがなんとも・・・最後の公開、行きたかったなぁ・・・

_dsc7410

反対側から。こちら側から見るとビルのようですが、裏側から見るとまさに公団住宅の装いでした。今回はすでに解体の足場が組まれていてその様子を撮ることはできませんでした。だいぶ昔に一度行ったときに撮ってあるはずなのですが、まだデジタルカメラになる前、フィルムなので探すのが・・・というか、廃線廃墟にコマを費やすほどお大尽ではなかったので・・・

_dsc7397

解体工事の看板。この画像の右手開口部が駅への入口になります。廃墟マニアの無断侵入を厳重警戒してか、監視カメラが複数から死角がないように見張っています(笑)

_dsc7396

その開口部から見えている駅への階段とホームへ続く通路の柵。手前左は拡大すると・・・

_dsc7395

レールが。これは軌道上にあったモノレールのレールそのものでしょう。1枚目の画像にも断面が写っています。

_dsc7430

さて、高尾アパートから先、手柄山の方へ向かうと川の中に橋脚が立っています。そして・・・

_dsc7429

新幹線の下をくぐるように軌道が残っています。これが幼少の頃新幹線の窓から見えていたものです。川の対岸から撮ると・・・

_dsc7431

こんな感じになります。画像の右側、川の対岸には山陽色素の赤煉瓦工場があったはずなのですが、いつの間にかなくなってました。

ここで姫路駅方面へUターン。

_dsc7454

奥の山陽電車の線路をオーバークロスしてモノレールの軌道跡があります。この長細い商店街の長屋の屋上に突き出ているのが橋脚。この橋脚と一体化して建物が作られているので、そのまま残っています。

_dsc7449

商店街というか飲み屋街という方がしっくりくるのですが、昭和のいい味が・・・

_dsc7485

で、バスに乗って改めて手柄山へ。かつてのホームが整備されてモノレールの車両が展示されています。

_dsc7479

運転台。

_dsc7476

客室。窓の外の広告、時代を感じます。このあたりでD500のミラーが外れて、ライブビューでの撮影に・・・D500ミラーレス事件・・・最初何が起こったか理解できませんでした・・・

_dsc7484

入口側。開業ヘッドマークが復元されています。

_dsc7498_2

反対側は軌道跡を埋められています。広告が時代を感じます。なんせ、閉鎖されたときのまま30年以上眠りについていたわけで、それをそのままキレイにして展示ですから・・・

_dsc7511

天井から時刻表が下がっています。1時間に3本。姫路行き始発が9:20で最終は17:50。通勤には使えません。

_dsc7502

サボ。2駅、1.6キロです。これで鳥取まで延長してって計画があったこと自体が驚きです。ロッキード式モノレールは向ヶ丘遊園とここの2ヶ所のみでいずれも廃止されてしまって現存しませんです。

何にせよ、幻の・・・と言われていた姫路モノレールがこのような形で公開されたのは有り難いことですが、高尾アパートのような昭和の遺構がひとつひとつなくなっていくのは時の流れで致し方ないとは言え、残念ですねぇ。

そういや、今日はクリスマスイブだっけ・・・か?世間と隔離した生活してると何が何だかよく分からなくなってくる・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月13日 (日)

D500復活

201611130001

というわけで、今日D500を引き取ってきました。6日の午後に電話かかってきたのですが用事があって受け取りに行けず、ウィークデーは普通に仕事ですから18:30に銀座に行けるわけがありませんです。でまぁ今日行ってきたわけで・・・起きたのが遅かったので、昼前にお出かけ。都営地下鉄だと東銀座の方が近いのでそちらで下車。徒歩数分で到着。中央通りは歩行者天国で賑わっていますが、サービスセンターは閑散としてました。日曜日の銀座SCだから混んでるだろうなと思ってたので肩すかしを食らった感じが・・・新宿SCだとすげぇ混んでると思うんですが・・・で、待ちなしであっけなく引き取り。

前ボディ交換・・・ってセンサーやシャッターユニットは大丈夫だったんかいなぁ・・・というか、そこまでまとめて交換になったのかなぁ?

で、東銀座で昼飯・・・そうだ、超久々に矢場とんに行くかぁ・・・と思ったら店舗が移転してました。最後に行ったのって4~5年前。店がなくなってたので、携帯で調べたら銀座1丁目の駅のそばに移転してました。

_dsc7431

復活D500で。うーん、高校の時に行ってた、昭和の矢場町の旧本店の雰囲気からすると何か別世界なんですが・・・

_dsc7434

で、本日のオーダーはこちら。ヒレカツ定食豚汁変更ご飯おかわりでした。さすがにわらじかつ頼むほど若くはないです。このくらいで胃袋にちょうどよいかと・・・

で、矢場とんの味噌だれは土手煮の煮汁といった感じのスープ状で、名古屋地元民にも賛否があって、味噌カツのたれはもっとどろっとしてて矢場とんのはちがうって人が結構います。まぁ、ルーツが昔の中日球場の外野スタンドで売ってた味噌おでんというか土手煮のたれに浸した串カツですからねぇ・・・そのタレをテーブルの上でカツにかけてくれます。その昔は味噌ダレがかかった状態で出てきてたと思うんだけどなぁ・・・記憶違いかな。

まぁ味噌カツのタレは普通に名古屋はスーパーで売ってるけど、そもそも各家庭で作るもんだから家庭の数だけ味とバリエーションがあるってわけで・・・近所のスーパーでは見かけないけど、カクキューの八丁味噌で作っておけばいろんな料理に使い回しが効くからなぁ(笑)お土産用とか通販のタレ高いし。

てなわけで、この後は有楽町へ。テスト撮影で交通会館テラスで新幹線を。レンズのオートフォーカス不具合・・・なんですが、撮っててそれを全く感じないです。

_dsc7435

まずはだんだん数を減らしてきた700系。AFポイントを前照灯の辺りに設定してシャッター優先フルオートで連写。ピントが外れる様子はありません。で、今や貴重になりつつある方向幕編成だったので・・・

_dsc7445

こんなカットも。これもロゴにピンあわせして連写。特にピントがずれているようには見えません。

_dsc7462

続いてN700。ノーズの辺りにAFポイントを設定しています。これも普通に合焦しています。

この後、北海道どさんこプラザに行くとサッポロクラシック富良野ビンテージ2016が置いてあったので6缶パック×2+ソフトカツゲンを買ってお帰りモードに。ホームに上がると・・・

_dsc7482

コレが来たのでとっさに構えてこんなんになりました。AFポイントは連結器の辺り。

さて、これから銭湯に行ってくるかなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月30日 (日)

三式戦 飛燕 展示会

_dsc7225

日帰り特攻で行ってきました。川崎重工創立120周年記念展の目玉、陸軍三式戦「飛燕」の展示です。授業参観の振休に行くつもりだったのですが無理・・・で、11月3日までなので、この週末を逃すともう後がない。次はいつ見られるのか・・・

で、昨日飛行機を見ると、ANAの始発便がスカイマークより安いじゃないですか・・・思わずポチッとな・・・7時半前に神戸空港についても早すぎるのでちょっと飛行機なぞ撮ってからポートライナーで移動。現着9時ちょっと過ぎ・・・げ!もう20人位並んでる・・・とりあえず並んで・・・後から後から人がわらわらと湧くようにやってきてあっという間に後ろがどこか分からない行列に。オープンの10時で先頭グループで会場入りできたのでこんな画像を撮ることができましたが・・・

_dsc7231

KawasakiNinjaのバイクも並んでます。

_dsc7235

_dsc7242

あれよあれよという間に人が増えてきています。

_dsc7247

ハ140エンジン。DB601のライセンス生産品。

_dsc7285

過給器。

_dsc7277

コックピットの計器盤。

_dsc7262

人が増えてきました。そして・・・

_dsc7358

開場から約30分、すさまじい人・人・人・・・この段階で入場規制、順番待ちになっていました。ざっと見て入れないで外で待ってる人は100人位はいたんじゃないかな・・・

この後は姫路モノレールの残骸めぐりしに行ってきました・・・が、D500のミラーが外れるというアクシデント。帰り決めてなかったのが幸いし、姫路からさくらとのぞみを新神戸で乗り継いで品川へ。その足でニコン銀座の営業終了直前に滑り込んで修理依頼となりました。保証期間中なのでタダではありますが、1万コマ切る前にミラーがはがれるって何なんだかなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月11日 (木)

SL只見線新緑号 …今更ながら…

_dsg9226

5月29日、逆瀬川橋梁への築堤を登っていくSL只見線新緑号。何も考えずにドサイドから水鏡にしました。

ご無沙汰です。某氏から「blog何もしてないけど生きてるのか?」と電話が来ました・・・

ようやく実質的な夏休みです。校舎改築に伴う仮設校舎への引越準備、各種研修事務仕事、吹奏楽部等々・・・仕事爆裂していて・・・で、16日から出勤です。で、引越本番。スケ管やってる教務主任としましてはですね・・・(以下高度な政治的事情により省略・・・)

で、今更ながら5月の只見蒸機のアップです。えぇ、運動会の翌日、日曜日だけ参戦の夜走り日帰り特攻です。D500の鉄運用シェイクダウンです。

_dsc2350

続いては八坂野踏切の奥。水鏡の目測を誤って中途半端な絵に。この間に坂下の蛭川踏切のところで飯豊山をバックに築堤を駆け上がっていく・・・を狙ったのですが、草生えすぎで終了(爆)

_dsg9253

で、中川の先。花を入れてみました。花ピンはカマがバックに埋まってなんだか分からなくなってました・・・

_dsc2454

で、おふくろでカレーラーメンを食してから皿回し。いつものパターンです。で、返しをどうしようかと思って、大志の対岸俯瞰に行ったのですが木が伸びてて只見川の水面の見える範囲が狭くなっていたのでパス。

_dsc2514

で、人が多く、車止める場所もあまりないので、早戸の手前。桐の花と一緒に撮ってみました。D500+200-500ズームで。

_dsc2527

で、お約束の鹿さんポイントへ。脚立の上から人の隙間を縫って何とか。対岸の旧道どんつきの下にも人がいます。まだ行けたんですねぇ。

_dsc2553

で、最後は蓋沼森林公園の俯瞰。何でも前日は車止める場所どころか上がってくるのにも困難なカオス状態だったとか。途中のカーブだけでなく、線路が見えるところは至る所に車が止まってまして、これは・・・と思ったのですが、てっぺんの公園駐車場はまだ大丈夫でした。

_dsc2589

で、煙を出すのが高田手前のカーブへ向かう登りなので、その辺りに狙いをつけてたのですが、太陽が雲にお隠れになってしまったのでこんなんでした。この後、下山渋滞を避けるために閉鎖直前までローカル撮ってました。

今回、D500のシェイクダウンで4K動画も撮ってみました。ついでに4K動画からの切り出しもやってみました。逆瀬川で4K動画から切り出したのがこれ。

Movie_0811

4KUHD動画のコマですので、3840×2160pixの約829万画素ということになります。横4096のDCI4Kのカメラはさすがに予算がないです(苦笑)で、自分の初代デジ1のD70が600万画素、まだ現役のD200が3872×2592の1020万画素という事を考えると動画から切り出してこの画質なら十分に使えるように思います。動画自体はHDモードにして撮り比べてもビデオカメラより圧倒的にキレイです。

その4K動画ですが、編集するためのスペックが厳しいです。5年ほど前に作ったGIGABYTEのP67-UD3Rにcorei7 2600kをOCして乗っけて、メモリ16Gはそのままに、グラボをNVIDIAのGTX960に交換して何とかストレスフリーとまでは行かないものの許せる範囲になりました。正直新マシン組もうかと思ってるのですが、その前に4Kビデオカメラを買おうかと・・・D500、画質はよいのですが、30分しかもたないので、コンサートの録画が苦しい・・・LGA2011-V3マザボでi7 6800kメモリ64Gとかにしたいのですが、そりゃ無理な相談で・・・予算がありません・・・

で、その →4KUHD動画← HEVC(H265)でエンコード。約208MB。ビットレート約33MB。マシンスペックが低いと再生できないと思いますが、とりあえずアップしてみました。自宅のマシンでインストールそのままでまともに再生できたソフトは→メディアプレーヤークラシック←でした。WINDOWS MEDIA PLAYER 12は→codecpack←(英語のサイト)を入れるとOK、GOM PLAYER・VLC PLAYERは最新バージョンでもうまく再生できませんでした。divxXは試してません・・・

さて、13日は平成15年度、最後に6年を担任した子たちのクラス会。当時はDVDを自宅で作るなんてできなかったので、当時の林間学校や運動家などのVTRをDVD化、量産しておみやげです。

夏休み中にあと2曲は吹奏楽アレンジ書いておかないとなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月27日 (金)

いざ、只見蒸機へ

_dsd4004

しばらく沈没していました。いや、年度初めの地獄進行で、明日は運動会。なので、只見蒸機は日曜日1日だけの参戦となります。画像は2010年5月の時のもの。

ま、とりあえず言って撮れるところで撮ります。温泉が呼んでいる・・・栄光舘泊まりたかったのですが、振休の月曜日に予定が・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年4月 9日 (土)

零戦撮影会@鹿児島

_dsg8812

というわけで、零戦二二型の撮影会参加のため日帰り鹿児島です。この二二型、飛行可能な零戦で唯一日本人所有のもの。里帰りプロジェクトで1月に鹿児島で飛んだ機体です。

で・・・この撮影会、レストアとはいえ、生きている零戦の操縦席に座って記念撮影してもらえるだけでなく、操縦桿などいじり放題、機体もさわり放題というありえない贅沢な企画。参加料2万円は維持費等に・・・ということですが、この2万円、高いと感じるか安いと感じるかは価値観の違いでしょう。これに加えて鹿児島往復の航空券・・・・予算がないのでスカイマークの格安チケット。それでも総額5万円近い費用がかかるわけで・・・

_dsg8826

撮影の条件として、ノエビアアビエーションのハンガー内での特別のご厚意ということで、他の機体が写り込んでしまうのは仕方ないですが、それはネット上にアップ不可。なので、撮るには撮れますが、後でフォトショップは正義をしないとアップできない画像が・・・

_dsg8809

でまぁ、二二型ですから、翼端を折りたためるわけでして、それがこれ。操縦席には参加者が順に座ってるのでそこはモザイク。いろいろと撮影リクエストに応えてくれました。

_dsg8842

博物館に保存している機体とは違います。機体の下に油受けをしておかないと・・・

_dsg8862

真正面から。この位置だと風防が写りません。が、二一・二二型は主翼が長いのでスタイルがよろしいです。

_dsg8631

さて、その特徴ある翼端の折りたたみ部。翼下のボタンを押し、レバーを引くと持ち上がりますが、昇降舵が干渉するので位置調整をしてから折りたたみます。内側の色はこの部分だけで、穴の奥に見える黄緑色が本来のフレームの色。

_dsg8632

角度を変えて。

_dsg8640

よく見ると折れている翼に小さいピンがたっています。

_dsg8639

伸ばすとわかるのですが赤い丸の中の飛び出ているピン。これ、翼を伸ばしたあと、ロックをすると引っ込みます。脚の目印のピンは目立ちますが、これは知らないと・・・

_dsg8661

20ミリ機銃のダミーの後ろの黒と黄色のピンが脚の目印。

_dsg8638

そのフラップ。ここは布張りです。手前の小さい幅はバランスタブ。

_dsg8808

その裏側のヒンジの部分。

_dsg8805

折りたたみ部のフラップ。こすれて布がすり切れています。

_dsg8669

さて、操縦席へ。本当はここに右足をかけてステップに上がるのですが、これは無理なので、階段を上がって・・・

_dsg8645

はい、翼の上に乗ってはいけません。脚踏とあるので踏みそうになりますが、出っ張っているステイに脚をかけます。

_dsg8837

右上の棒を手でつかみながら翼の前方の乗っても大丈夫な部分へ移動、青いステップに脚をかけて操縦席へ。

_dsg8728

顔出しはなしで・・・スタッフの方ががっつり記念撮影をしてくれます。正面、両側面、後ろ・・・いやぁ・・・ちょっと恥ずかしいですが、二度とない機会ですからねぇ・・・

_dsg8757

操縦席の計器類。オリジナルのものと後付けのものが混在しています。日本語表示のものもありますが、すべて英語の解説が張ってあります。まぁ、日本人はライセンス持ってないんで・・・照準器はついていません。前方両側は7.2ミリ機銃の操作。握っているのが操縦桿、前後で左右でフラップと水平尾翼が動きます。足をかけているのが方向舵。思った以上に軽いです。で、左の赤いのがスロットル。これはいじるなと言われました。燃料がたれるので・・・

_dsg8747

風防をしめることもできまして、こんな感じに見えます。左上の銀色のレバーを引くと風防のロックが外れて開けることができます。

_dsg8790

操縦席全景。これで5時間飛んで、空戦10分、また5時間飛んで帰ってくるってどんだけハードな作戦かと・・・

_dsg8629

機体に書かれた製造番号。で・・・

_dsg8675

生きている証。機体の登録番号。金属プレートにMITSUBISHI A6M3の刻印が。

_dsg8830

1時間半の撮影時間があっという間でした。

いろいろ政治的な思惑はともかくとして、生きている機械技術遺産を大切に残してほしいものです。

さて、帰りの搭乗時刻が近づいてきたんで・・・この辺で。

帰宅後追記

機械は、道具は動いてなんぼだと思います。ただ、動態保存には時間と金と手間がかかるのも事実。1万数千機も作られた零戦で今空を飛べるのはわずか数機。オリジナルの栄エンジンに至っては1機のみ。この機体も日本の登録ではなくFAAのNレジ、アメリカの登録です。日本へ持ってくるために分解して・・・となると組み立てて再検査。今回23・24日の飛行の後アメリカへ持って行って日本人パイロットを養成する予定だとか。日本の空を飛ばすのにライセンス持ちのアメリカ人のパイロットをその都度呼ぶのは・・・という事だそうで。で、次回日本に来るには大西洋経由で各地で点検整備をしながら飛んでくるしかないとか。米海軍の空母・・・乗せてってあげる、だけど有事になったら海に棄てるから・・・で断念したとか。じゃ、そのまま貨物船に積んで・・・は陸揚げする場所に滑走路がない・・・という様々なハンデを乗り越えての里帰りです。

かつて日本人が国の存続を掛けて精魂込めて作り上げ、空を席巻し、今なお世界にその名を轟かせる名機をなぜ日本人自身が誇りに思ってはいけないのでしょうか。事ある毎に軍国主義がとか何とかイデオロギーな事を声高にヒステリックに叫ぶ輩に某新聞社を筆頭とする赤いマスコミ・・・各国に戦争博物館とか軍事博物館があって、歴代の戦闘機や戦車が保存されていることや、今現在軍拡をして周囲に圧力を加えている某国は全スルーして微に入り細をうがって「軍靴の音が・・・」とか「戦争が明日にも起きる」と叫んでいる市民団体とか平和団体とかのダブルスタンダードの胡散臭さに辟易しています。そういうものを超越して末永く飛び続けほしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 3日 (日)

北海道新幹線開業 その3 切符編

201604030001

間が空いてしまいました・・・北海道新幹線開業シリーズその3は切符編。

まずははやぶさ10号の使用済指定券。トクだ値20で券面がごちゃごちゃしている上に入場時の赤スタンプ、車掌さんの記念サイン、検札スタンプ、使用済スタンプとそれはもう一段と読みづらいものになりました(笑)

201604030002

続いて青森からいまべつの93号。

201604030003

確保が最も大変だった1号。東京からの1番列車なので車掌さんのサインをもらっておきました。これは窓際確保できず、ギリギリまでえきねっとで粘ったのですが、残念ながらそのまま奥津軽今別での発券となりました。駅名は「いまべつ」なのに、発行駅名は「今別」と漢字です。

201604030004

201604030005

記念の硬券入場券。大人用・子供用各5枚までの制限です。函館は駅が開くと同時に並んで10号発車前に買うことができました。後は長蛇の列で・・・

201604030006

201604030007

木古内駅のもの。

201604030008

201604030009

奥津軽いまべつ駅。新青森はJR東の駅なのでこのタイプの入場券はありませんでした。

201604030024

番外で、函館山ロープウェイの記念葉書。この日、乗車券を買うともれなく付いてきた絵はがきです。中身はいつものロープウェイの記念絵はがきですが、袋に記念の文字が印刷されていました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧