乗り物

2015年4月26日 (日)

政府専用機

_dsg7237

というわけで、ちょっと羽田へ行ってきました。画像はL16から離陸するシグナス1。

朝、空旅氏からのメールでたたき起こされて何となく出かけたわけで・・・今日から安倍首相が米国へいくということで政府専用機の出番と相成りました。どうせ夕方の出発だし、昼過ぎにゆっくりとお出かけ。

_dsg7017

まずはお約束のアングル、2タミP3の7階から。手前51スポットのソラシドの93便大分行きが14:45発で、それまでまったりと待ちました。

これ撮った後、2タミ北展望デッキで空旅氏と合流、で、どこで撮ろうかと。これを撮ったちょっと前のルフトハンザのB747がどの辺で機首あげしたかを考えると南の屋上。けっこう人がいるようで、それでも何となく場所がとれてしまいました。空旅氏は朝から来ていてそのまま北の屋上でということで分かれました。

出発に先立って、コクピットに国旗が掲出されるんですが、その辺は南からは全く見えません。北からもビルの隙間から覗く感じです。首相の搭乗も含めて撮りたければP3ですが、P3にいると離陸が撮れない、北だと離陸が後撃ちになりすぎるかも・・・というわけで、自分は2タミ南に陣取りました。

_dsg7218

RWY16Lを加速するB747-400。

_dsg7224

傾きかけた夕日に一瞬機体が光ります。

_dsg7230

ヴァンテアンが沖にいました。・・・他にもシンフォニーとさるびあ丸がいたんですが、タイミングが・・・さるびあ丸は照明灯とバッティング・・・・

_dsg7244

いってらっしゃ~い・・・

そしてその後を2号機が・・・

_dsg7285

夕日に赤く染まりながらタキシング

_dsg7307

エロい光線の中、飛んでいきました。5月3日の帰国はどうしようかな・・・

で、その後、空旅氏と蒲田で飲んだくれ・・・・・糖尿病が・・・・とか土曜日に医者に怒られたばかりなんですが(爆)

で、北陸新幹線はどうしたというツッコミがまた来そうで(核爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 9日 (金)

ふじ丸 最後の晴海入港

_dsf92382

いささか旧聞になるのですが、ふじ丸が引退しました。最後は都民クルーズで、お値段的にも乗りたかったのですが、平日では如何ともしがたく…なので、最後の晴海入港を撮りに出かけました。D700の高感度フルに使っているのでノイズが…

_dsf92422

ライトアップされたレインボーブリッジの下をくぐるのもこれが最後です。

_dsf92542

放水でお出迎え。このちょっと前に屋形船が放水に近づきすぎて怒られてました(笑)

_dsf92692

ゆっくりと近づいてきます。デッキの船客はペンライトを振っています。

_dsf93112

いよいよ着岸。ここまで近づくと18ミリレンズでも船体全てを入れるのが限界になってきます。船内からはさよなら放送が漏れ聞こえてきます。

この後着岸作業を見てから、船客で混雑する前に脱出、現地で合流した空旅氏と飲んだくれたのでありました。

由良への回航は平日真っ昼間の出航だったので残念ながら断念しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月21日 (日)

ANAトライスター@羽田/平成6年秋

Scan1307211003

久々のエントリーです。平成6年の秋に羽田で撮ったものです。
写ってるのはANAのトライスターと離陸していく747。何せ古いネガなんでレジわかりません。

Scan1307210004

多分同じ機体のトライスター。奥にはもともとの鶴丸の747。

古い写真をごそごそと探していたら出てきました。どこから撮ったかわかる人は「どうやってそこへ行ったの?」と訝るでしょうね。通常は一般人は立ち入りできないところですので。

種明かしをすると、社会科見学の引率でANAのハンガーに行ったときに撮ったものです。平成6年は2回目の3年生の担任でして、大田区内の小学校には羽田空港と航空会社のハンガー見学は優先枠があって全校見学できるのでした。大田区以外だと抽選ハズレとかあります。最高裁の見学予約なんざ人気アーティストのチケット電話受付状態だし。授業が空いてる教員総動員で学校電話と携帯駆使して電話かけまくり。

ついでに大田区内の教員の研修で区内巡りというのがありまして、その中に羽田空港とハンガーもあるので、大田区に7年いた間にJAL・ANAともにハンガー見学できました。

ここにはアップできないのですが、ハンガーの前に見学者はここまで出てよいというラインがあって、そこにクラスみんな並べて飛行機バックに記念撮影をしたものです。で、ANAのハンガーの見学なのにバックに写ってるのがJASのYSだったりする(笑)社会科見学は写真屋さんがついて行かないので、自分で記録写真を撮ってました。ほとんどのコマに子どもたちが写ってるのでアップできるのはこれだけでした。

==========================

ようやく学校は夏休み…ですが、バンドの練習にプール当番に日直に研修…と全く休みになりませんです。今年の夏休みは楽譜書きと仕事で終わりそうですな。

携帯SH-07Bが入院中です。外装交換に電源端子交換に…とオーバーホールモードです。スマホにするつもりはないので、どこまでガラケーで持ちこたえられるか…白ロムでも買うかなぁ。2in1が使えないスマホに用はないです。2台持ちはかさばるしお財布に優しくないし。

早く直ってこないかな…不便でしょうがない…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月13日 (日)

2013撮り初め MD90鶴丸塗装

_dsf6187

というわけで、今年の撮り初めはMD90鶴丸塗装でした。MD90の鶴丸塗装は1機だけなので撮影難度が高いのですが、さよならMDツアーのチャーター便で確実に撮れるので羽田へ行ってきました。

激務と過労がたたって金曜夜から熱が出て39度まで…病院に行って解熱剤もらって…とえらい目に遭って体がフラフラでしたが、熱が下がったので昼過ぎにお出かけ。公共交通機関で移動して、空港での撮影は展望デッキでまったりしていればよいわけで、これが線路端だったら100%欠席です…

羽田へ着いて空旅氏と合流、さて、テスト撮影…と思ったら、いきなりゴーアラウンド。空旅氏がケータイでチェックするとRWY34L閉鎖…何があった?これでMD撮れないか?としばし焦りましたが、程なく閉鎖解除。で、着陸灯の位置がボーイングと違うのですぐわかるMDがやってきてこのカットとなりました。ランディングのタイヤから白煙が上がる瞬間は、金網のラインに引っかかってorz…でした。

_dsf6211

でまぁ、光線を考えるとインターからなんでしょうが、いかんせん滑走路が遠いのと障害物多すぎで1タミで構えたんですが、やっぱり順光で撮りたかったかな?と思った次の瞬間、右折、一瞬側面と鶴丸に光が当たりました。

_dsf6232

そして再び目の前を通過。

_dsf6246

エアバンド聞いてた人曰く200番台に止めるらしい…とのこと。200番台って確かハンガーの前のあたりだったような…よーくみるとサンライズ塗装のMDいるし。鶴丸との並びとかツアー客へのサービスかな?

で、この後、2タミへ移動し空旅氏と飲んだくれになりましたが、3時ちょい過ぎから飲んでたので、先ほど帰宅です(笑)

で、MDといえば我が家にはこんなものが…冷蔵庫の飾りです。

Scan1301130001

空港カウンターの後ろの時刻表の所に貼ってある機種表示のマグネット板。JASのですが、かなり前の空の日のイベント投げ売りで入手したもの。狙いはYSだったのですが、タマ数少なく熾烈な争いに負けました(苦笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月17日 (土)

日本の客船ポスター展

Scan1211110004
Scan1211110005

先日、大桟橋に護衛艦を撮りに行ったときについでに見てきました。いやぁ、濃いです。日本の客船華やかなりしころの香りが満喫できます。東洋汽船の天洋丸・地洋丸・春洋丸三姉妹とか、大阪商船のぶら志゛る丸にたかさご丸やら、日本郵船の新田丸に鎌倉丸に氷川丸、瀬戸内海周遊別府航路客船群…とそれはそれは綺羅星のごとく戦前の有名客船のポスターが。

美人画で日本の船と異国情緒をアピールした時代から始まって、日本が欧米と並ぶ近代国家として列強の仲間入りしたことと、日本の船会社の優秀さが広く認知され、ことさら日本を強調しなくても欧米の船会社と同じように船そのもののアピールで集客できるように変わっていく様が、日本が海運国として隆盛を極めていった歴史そのものですね。亜欧連絡ポスターを当時リアルで見ていた人は何を思っていたのかな…なんて考えてしまいました。

戦時色が濃くなって国防の標語なんかが入りだし、客船の上部構造物が取り払われて特設空母に改装されたり、護衛艦もつけずに輸送任務を命じられて潜水艦の餌食になったりして優秀船が失われていく…戦後撃沈されずに残った外航客船は氷川丸と鉄道省関釜連絡船興安丸くらいで、日の丸商船隊は2300隻余、800万総トンが海の藻屑と消えていく…

戦後の復興…客船の華やかさは戦前ほどではなく、近年の豪華クルーズ船は写真が主体で、それはそれで美しく豪華なんですが、戦前のスマートなイラストやデザインを見ると、改めて戦争で失ったものがいかに大きかったか…と感じられます。っつーか、最近の動くマンションみたいな客船のシルエットがなぁ…やっぱりいかにもな船らしい形をしていてほしいと思いますね。日本郵船の鋭角なシルエット、大阪商船の丸みを帯びたシルエット…今改めてそのデザインの良さを感じます。イタリア客船ビクトリアをモチーフにしたと言われる関釜連絡船興安丸のシルエットに似ている津軽丸型は、そういった戦前の日本客船黄金時代の憧れの船旅の残り香を今に伝えているんじゃないかと思うのは考えすぎでしょうか…

図録がミスで再版待ちだったので、会期末頃にもう一回見に行ってこようと思います。この図録は欲しいですねぇ…この展覧会、その筋のまにあな方にはマジおすすめです。

================================

この種のチラシ、やたらと学校に送ってきます。で、該当と思われる教科担当などに回送するのですが、回送先が不明とか、回送担当者が忙しいとかだと教務主任の私の机上にどさっと…。そんな中から見つけたので、思わずおおっ!でした。

昨日今日と学習発表会でした。で、月曜日が振休。久々の2日連続休み。

羊蹄丸に行ってきます。ついでに江田島海軍兵学校にも行ってきます。ヲタ丸出しですね…

日曜出発月曜帰着なら取りやすいマイルタダ券と格安レンタカーということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

護衛艦@横浜入港

_dsf41272

平成24年度観艦式から帰ってきた護衛艦群を撮るために大桟橋へ。朝観音崎まで行って艦隊を撮ろうかと思ったのですが、全力朝寝坊、起床10時過ぎ。仕方ないのでのんびり昼飯食べて、横浜みなと博物館の特別展「魅惑の日本の客船ポスター」を見て、日本丸の総帆展帆見て、それからお出迎えに大桟橋へ向かいました。現着15時頃。

やまゆき16:05ちはや16:15ひゅうが16:30着岸、くにさきは時刻不明ということはわかっていたので、15:30にはベイブリッジの向こうに見えるだろうと思って先端まで行ってスタンバイ…が、突然土砂降りの雨で視界がなくなり、屋根の下まで戻って一旦退避。雨が弱くなって沖を見てみると黒い山が動いています。やまゆきがやってきていました。やまゆき×ベイブリッジは大雨で退避中で撮影不能。露出も足らず、雨の向こうの低コントラストを見られるようにいじると周辺光量落ちが顕著に。やっぱし安い28-300じゃダメだなぁ…と思いつつも新レンズ買う予算はありません(泣)

_dsf41352

ベイブリッジをくぐるちはや。かろうじて雨は降っていませんが、露出というかコントラストが全然ありません。このあたりから周辺光量落ちをトリミングでカットする方向でアングルを決めました。

_dsf4163

接近してきました。これまたフォトショップは正義です。観艦式乗りたかったなぁ…

空旅氏からこいつの動いてる姿見たかった…とメールが。

_dsf4190

かなり汚い画像になってしまいましたが、ひゅうが×ベイブリッジ。くにさきが先に来るかと思ったのですが…

_dsf4217
_dsf4262

ゆっくりと大桟橋へ向かってきます。その向こうにくにさきが見えてきました。

_dsf4300

ひゅうがの船尾とくにさき。

これで撮影終了。3年後の当選を祈るしかないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

護衛艦@新港

_dsf4026

といわけで、先週引き続いて艦艇公開に行ってきました。土曜日は午前中学校営業日だったので、退勤時刻と同時に脱出。現着13:45。その段階で乗艦行列は40分待ち。

左側129がやまゆき右側403がちはや。今回のお目当ては何と言っても潜水艦救難艦ちはや。午前中から出動中の空旅氏はこの段階でちはやのヘリ甲板でまったりしていたそうで。

さて、例によって荷物検査をして列に並んで…

_dsf4012

やまゆきの艦橋部分。うん、こういうメカメカしたのは好きだなぁ(笑)

_dsf3882

乗艦してまずはブリッジへ。それにしてもまぁ人の多いこと。人の入っていない画像撮るのにちょっと苦労しました。

_dsf3877

操舵輪。18ミリで撮ったからゆがんでしまった。

_dsf3872

喇叭。自分もらっぱ吹きですから、これは思わずじっくりと。自衛隊用の信号喇叭と言えば長野管楽器製作所。一般小売りしてくれませんが、下倉楽器で買えたはず。マウスピース、YAMAHAとかBACHとか、普通のトランペット用でした。海自は2ツ巻、陸自は3ツ巻、いずれもG管ですが、陸自は帝国陸軍のイメージ払拭のためにラッパ譜を全面更新、海自は帝国海軍の楽譜を引き継いでますからラッパ譜が2種類あって信号ラッパの君が代も海自バージョンと陸自バージョンと2種類あるんですよねぇ…

で…

らっぱ手の心構え

らっぱ吹奏の良否は部隊の規律、士気に大きく影響するため、らっぱ吹奏に当たっては、全精神を傾注して部隊を感動させる気概を持って吹奏しなければならない。

らっぱ吹奏の目的

号令、命令、警報等を伝え、士気を高揚し隊容を整え、敬意を表することを目的とする。

最近は放送でらっぱ音を流すことが多いらしく、生らっぱの出番は少ないとか。それでも戦闘でダメージを受けて電気関係がオールアウトの時は生らっぱは命令や号令を伝えるアナログ最終兵器ですから信号手は大変ですねぇ…

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

キグチコヘイハ テキノ タマニ アタリマシタガ、
シンデモ ラッパヲ クチカラ ハナシマセンデシタ

尋常小学校修身教科書

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

_dsf3898

さて、艦橋を辞して船首へ回ればアスロックに62口径76ミリ速射砲が鎮座しております。このアングルは18ミリレンズ一杯の広角側で。

_dsf4010_2

見学順序ではこのあとちはやを見てから後甲板なんですが、ややこしいのでちはやは後回し。後部に装備されたシースパロー。これは練習弾ですが、公開に合わせてちょっとお茶目にしたのでしょうか。空旅氏によると、午前中はネコミミつけてたとか。デジ画像見せてもらいましたが、笑えました。さすがにふざけすぎと怒らでもしたのか、自分が行ったときには外されていました。

_dsf3984

後部ヘリ格納庫にしつらえてあった演台と旗。うん、いかにもですな。日章旗と軍艦旗。よいですねぇ…この後乗員の方がここで記念撮影してました。

さて、続いてちはやへ。

_dsf3902

まずはこいつ09DSRVがお出迎えをしてくれます。さすが潜水艦救難艦。

_dsf3928
_dsf3924
_dsf3920_2

ブリッジ。それにしても人が多いです。赤と青のキカイダー01色の艦長席は常に人だかりと着席してる人がいて撮影不能でした。

_dsf3944

DSRV用の蓄電池。狭くて急なハシゴや階段を上り下りするので列が遅々として進みません。

_dsf3948_2

DSRV格納庫の上の方に降りてきました。でかい空間です。

_dsf3951

真後ろから。

_dsf3962

左舷側に展示してあったマニピュレーター。2000m潜水可だそうな。

_dsf3967

ようやく船尾へ出て瑞穂埠頭に停泊中のくにさきを真横ド順光で。そして…

_dsf4002

ロイヤルウイングとの2ショット。これで艦を辞して外観撮影へ。

_dsf4046_2

だんだん陽が傾いてきました。

_dsf4090

らっぱの合図で旗を降納。そしてライトオン。

_dsf4103

ちはやのブリッジ。

_dsf4094

正面から。こうしてみるとやまゆき細いですねぇ…この段階で17:30。

電飾まで待てる時間の余裕がなかったのでこれで撤収しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 8日 (月)

護衛艦@大桟橋

_dsf3400

平成24年度海上自衛隊観艦式…ですが、体験航海は普通にはずれましたです。で、昨日護衛艦の一般公開に行ってきました。とはいえ、午前中に学校に顔出す用事があった&脱出13時だったので、現着14:45。輸送艦くにさきと護衛艦ひゅうが、荷物検査の出口から近くて列が短かったひゅうがに先に並んだのが後でアイタタタ…

まずはひゅうが。画像は見学後にベイブリッジと絡めて。

_dsf3284

乗艦して、ヘリ用のエレベーターで上甲板へ。艦尾エレベーターで上がって艦首エレベーターで降りるという一方通行でした。

_dsf3339_3

艦尾の旭日旗とベイブリッジ。

_dsf3331

搭載しているヘリ。

_dsf3374

エレベーターでしたへ降りて、見上げた艦橋。18ミリ大活躍です。

_dsf3197

続いて輸送艦くにさき。列に並んだのが15:45。16時から見学場所の制限…いやな予感がしました。上巻の列の動きが止まったのが15:55、自分の前方10メートルくらいの所。16:05動き再開、が、上甲板には上がれませんでした。残念。

_dsf3316

で、搭載しているLCACエアクッション艦艇。これはひゅうがの甲板から。

このあと大桟橋デッキで電飾がつくのを待ちました。

_dsf3518

くにさきの艦首は大桟橋デッキよりはみ出てるので、ひゅうがとくにさきの中間部でぼーっとしていました。

_dsf3538

だいぶ日が傾いて…ベイブリッジとひゅうがの艦橋。甲板では満艦飾の旗を片付けていました。旗を収納する喇叭、いい音でした。はい。「用具納め」の独特の抑揚も。

_dsf35912_dsf3623_3

電飾点灯前と点灯後。艦首から撮影可能なのはひゅうがだけでしたので…

_dsf35822
_dsf36152

くにさきはこんな感じでした。氷川丸とマリンタワーも一緒の画面にありますが、小さくてなんだかわかんないですね。

さて、3連休終わり。今度は土曜まで営業だからしんどいなぁ…


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月22日 (土)

さよならタブレット

_dsf2701

というわけで、実質1車中泊1日で行ってきました。JR最後のタブレット。実に1年1ヶ月ぶりの只見線。超久々のマジ鉄ネタ。

Scan1209220002

まずはこれ。臨時列車もさることながら郵送不可、現地販売500部限定の記念入場券。いつぞやと同じ、早朝から川口で売る…と思い込んでいたのが全てのスケジュールの歯車が狂う原因でした。

湘南新宿ラインで蓮田、かしゃ猫氏に拾ってもらって…ということで、疲れ果てて電車で爆睡、目が覚めたらブレーキーかかっていて、時計を見たら蓮田の到着時刻。転げるように下車したその駅は東大宮…遅れてました…で、1本後の電車で蓮田へ出て合流、積み荷となりました。

白川からR289~R400で八町温泉へ。いつもならすぐ風呂…だったのですが、お互い疲れ果てそのまま惰眠をむさぼり、気がつけば朝5時。あわてて川口駅へ行ってみると10時から発売。若松のみ5:40から。とりあえず若松へ行ってみるもののあえなく完売。

発売枚数が若松・坂下200、宮下・川口が50で、若松はパック用に60抜かれてるはずだから実質140。確実なゲットは坂下…と思い、行ってみると駅舎の外まで行列が。時刻は6:30。

とりあえず並びました。10時まで待つこと3時間半。そのうち知ってる顔も行列に加わり、gdgdとだべって時間が過ぎました。で、予定では早朝にコレ入手して乗り鉄…のはずだったのですが、若松で並べなかったので車内の混み具合がわからず、とりあえず撮り鉄。

_dsf2727

沿線は黄金色ですが、まだやや青いところが残っていました。それでも稲刈りが始まっていたので、新鶴界隈でコンバインと合わせて撮りました。この後坂下駅へ行ってみると…

_dsf2764

イベント絶賛開催中。発車間際のタブレット渡しは激混みで…ですが、車内は1ボックスに1人程度のスカスカだったので、乗り鉄モード発動。かしゃ猫氏は撮影モードなので川口で拾ってもらうことに。

_dsf2776

宮下到着。小さな1日駅長がたくさんいました。

_dsf2823_2

小さな1日駅長たちが見上げる中出発。

_dsf2835_3


川口到着。車内から。向こうにはたくさんの人が待ち構えていて、しばらくこのポーズで固まってました。

_dsf2866

居並ぶギャラリーへの撮影サービスタイム。

_dsf2885

駅事務室内に置かれたタブレット。この後撮り鉄モードへ。おふくろに顔を出したかったのですが、折り返し時間が短く、駅構内でカツロールを買って出発。で…

_dsf2904

安直に3鉄橋県道側。水位が下がった只見川の河原に降りて見上げる4鉄橋とか1鉄橋…ってのも考えたのですが、体力の限界が…この後蓋沼公園へ上がったのですが、見事な怨念雲で撃沈でした。

最初は日曜までいるつもりだったのですが、疲れ果ててたのと楽譜書きがおっついてないのが超絶ヤバイ状況なので心を鬼にして若松17:14の快速あいづライナー6号+やまびこで帰りました。もらいもんの株主優待券が2枚あったので新幹線はグリーン車。それでも東京まで6900円ですから4割引きは大きいですね。しかもE2-1000ですから電動レッグレスト付の当たりのグリーン車。

で、東京駅でさて降りるかと席を立ったら安倍元総理が目の前の通路に。もろに目が合ってしまい、元総理も立ち止まってしまったので思わず握手…。同じ車両の前の方に乗っていたらしく、爆睡モードの私は全く気がつきませんでした。他にも石原氏をはじめとした自民党の幹部の面々がぞろぞろと…

さて、楽譜書きの続きだぁ…今夜から明日でどこまで行けるかな…

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年7月 1日 (日)

今宵の宿/おれんじ7

120630_234247_2

今宵の宿、オレンジフェリーのおれんじ7東予行きです。CFリーダーを忘れたので携帯で液晶モニタを撮影してメールで送りつけて…29Aラストランと同じことやってます。

さて、新居浜の羊蹄丸のガレージセールが昨日今日で実施されるのですが、よもや船内でやるとは思ってなかったので、予定してませんでした。船内に入れるなら話は別です。どうやっていこうか仕事とか予算とか逡巡し…結局当日になってみないとわからないということになってしまいました。

今日…昨日だ…の午前中に学校の地域の夏祭りの全体打合会があって、バンドを演奏させる立場としては絶対に欠席できないので、その会議が終わり、来週バンドに配布するプリントと楽譜のコピーを作成し、それから…と時間が読めず行けるかどうかも謎だったので何も予約せず大車輪で仕事して自宅へ帰り、さて…羽田から飛行機は微妙な時間だし割引ないし、それなら新幹線で…と結果的に55Aに飛び乗り、大阪でかしゃ猫氏と軽く一杯やって、(南森町で劇ウマ飲み屋)オレンジフェリーの客となりました。東予から新居浜まで接続タダバス出てるし。

で、今宵は1等4人部屋を貸切です。1人で1等の事前予約だと部屋の貸切料金が必要ですが、出港後のアップグレードなら空いていれば一人で使用OKなのでそれを狙いました。

風呂にも入り、改めて飲んだくれて、明石海峡大橋の下を先ほどくぐりました。2等室とは静粛さや居住性が段違い。2等寝台は羊蹄丸の食堂従業員仮眠室並みの寝台でした。

120630_234324_2

はい、1等室。左舷側の窓付の部屋です。いやぁ…ぜいたくしてるなぁ…東京~松山の飛行機のノーマル+宿泊+新居浜移動費より新幹線+フェリー、途中かしゃ猫氏との飲み会の方が快適で安いですなぁ(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)