コレクション-紙もの

2016年3月25日 (金)

北海道新幹線開業前夜

_dsg7199

というわけで、函館に来ました。渡島大野駅の最終日、明日の駐車場の動向など偵察に行ってきました。

_dsg7202

新函館北斗駅。あの渡島大野駅がねぇ・・・

_dsg7203

明日はこんな写真撮るのは至難の業でしょうね・・・で、すでに駅前には夜を徹して並ぶ予定の強者の方々が・・・

_dsg7208

今日が最後のおつとめ。看板は紙ベース。

_dsg7212

階段を上がるときらびやかな新幹線の駅。申し訳なさそうに矢印看板が・・・

_dsg7217

改札口。明日はこんな写真撮れないでしょうねぇ・・・

_dsg7219

奥の方に記念式典会場。ま、看板くらいは拝むことはできるかな?

_dsg7222

養生テープで貼られた渡島大野の駅名板。今夜一気に作業するんでしょうねぇ・・・

_dsg7234

在来線ホームへの通路。明日はホームへの上りと下りを分離して交通整理のようです。

_dsg7235

3・4番線の佇まい。

_dsg7240

新幹線と在来線の同一平面の乗り換え改札。明日、キャパ足りるのかなぁ・・・

_dsg7246

さて、明日の特急券。今日の朝、5:45頃に10号・1号に大量のキャンセルが!!出るだろうとは思っていたのですが、昼頃まで残っていたようです。区間分割だったのを一気にまとめました。連れと並びになっていない1号はギリギリまで粘って津軽今別で2時間あるのでそこで発券。

_dsg7248

函館や五稜郭、各地で配ってるフラッグ。早速ゲット。明日、とりあえずレンタカーで新函館北斗へ行きます。車何とか止められそうだし。1号で着いたら車で木古内往復、15時にブルーインパルスが函館上空に来るのでそれを撮ろうかと・・・

さて、明日は早いので寝ます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月18日 (金)

あれから27年 9月18日

201509180004

今年も9月18日がやってきました。青函連絡船の臨時運行の最終日。白い航跡を残して思い出の中へ消えていった連絡船。今回は船尾扉から後方をのぞんだ画像にしてみました。もしかしたら一度使った画像かも。

で、今回はこんなのをスキャンしてみました。

201509180001

はい、船内のお弁当。

201509180002

弁当箱の裏側。ローカル線がまだまだ現役すぎる・・・・名寄本線も深名線もみーんな残ってる。この時代の北海道に行けて乗り鉄三昧したいですね。で・・・

201509180003

弁当本体のふた。よくぞこれを棄てずに取っておいたと(笑)ホントは透明なプラですが、コントラストいじってはっきり見えるようにしました。

思い出の向こう側を通り越して歴史になってしまっている部分もありますが、それでも連絡船は自分にとってかけがえのない人生の一部、鮮明な記憶が薄れることはありません。

20年後に新しい出会いをもたらしてくれたこと、元乗組員の方々と親しくなる機会ができたこと、そういったすべての事の原点に旅をすること、連絡船に乗ることというものが関わっているのでしょうね。

4便青森到着時刻18:05にタイマーアップです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月28日 (金)

トワイライトエクスプレス寝台券など

_dsc5515

というわけで、北斗星のちょっと前になくなってしまったトワイライトエクスプレス。

201508170001

ネタ切れ対策の切符シリーズでトワイライトのロイヤル券。とりあえず出てきたのがコレなんで・・・対になってるはずのディナー券が見当たらないし・・・

大阪-札幌も乗ってるんですが、どこに寝台券が消えたのか・・・で、ディナー券とメニューは出てくるし・・・

201508270006

ツインなんで、相方が寝台券持ってたんだっけかなぁ?

201508270007

で、開くと・・・

201508280001

記念写真撮ってもらってメニューに貼って記念品。

201508270004

カードキー。ほぼ無傷というか無事なのはこの1枚だけ。あとは酔っ払った勢いかへろへろに折れてるのが何枚か・・・

201508270003

シャワーカード。

201508270005

車内限定オレンジカード。台紙付のもどこかにあったはず。こういう列車だけに散在していたような記憶が・・・

で、なんだかんだでデジカメで撮ったのですぐ出てきたのがこれ。

まずはお約束、山崎のカーブ。何か今ここフェンスが高くなって撮影困難になったらしい・・・

_dsc1043

振り返って

_dsc1046

続いてはいつぞやの正月北陸

_dsd9907

北海道に渡って・・・

_dsc4639

お約束のお立ち台ですね。天気がよければ海の向こうに駒ヶ岳とか見えるんですが・・・

_dsc5380

架線柱がうっとおしですねぇ・・・かなり無理矢理撮った記憶が・・・

_dsc6807

番外で恵比寿駅で。高崎線経由で東京に来たときのカット。

関東に住んでるとなかなか乗るのが難しい列車でした。

=========================

今日・・・いや、もう昨日ですね。24DDHの進水式でした。2年前に「いずも」の進水式撮りに行ったんで、南部市場の屋上に行きたかったんですが、午後は学力向上研修があって仕切る側の教務主任としては休むわけにもいかず・・・

で、艦名が何になるか、「かしはら」とか「ふそう」か「やましろ」か・・・とか思っていたのですが、何と「加賀」(あえて漢字で書いておきます)改造とはいえ旧海軍の航空母艦名が来るとは・・・しかも真珠湾攻撃に参戦してるわけで・・・うーん、あの国とかあの団体とかあの新聞とかあのテレビとかが「軍靴の音が聞こえるぅぅ(>_<)」とか騒ぐのが目に見えますな・・・特定の某国々の軍拡三昧やら何やらにはだんまりなのにねぇ・・・

いっそのことヘリ甲板にカタカナで「カ」と大書して欲しいですねぇ(笑)

・・・次は「赤城」か「翔鶴」か「瑞鶴」か・・・「○龍」シリーズは潜水艦で使っちゃったからなぁ・・・「蒼龍」「飛龍」とかはないだろうし。

##それにしても、「翔鶴」も「瑞鶴」も旧海軍の艦名を一発変換できない阿波徳島2015号って・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月23日 (日)

相鉄 厚木線乗車体験会

201508230002
201508230003

というわけで、行ってきました。厚木停車中に配られた記念乗車証。

中学卒業まで希望が丘に住んでいたので相鉄はなじみの路線です。当時デビューしたての7000系とか35年も経ってるのにまだ現役・・・この厚木線は乗る機会がなかなかなく、イベントに応募してはハズれる、日程が合わずに乗れないとずっとペンディングになっていたので今回ようやく乗ることができました。

さて、かしわ台11:05発、先頭車は徹夜で並んでたそうですが、自分がかしわ台に着いたのは10:50。1・10号車、各先着40名様の運転台後ろは黒山の人だかり。自分は乗れればよいのでまったりと中間車へ。

201508230001

この1日乗車券が厚木往復乗車の条件。各車両ドアを1つだけ開けて係員が切符をチェックし、ゆるキャラそうにゃんのスタンプを押して乗車。

_dsg8887

使われたのはそうにゃんのペイントのある11000系。LEDはそうにゃんのイラストでしたが例によってシャッタースピードとの相性が・・・

さて、発車して厚木線の説明アナウンスがあり、相模国分信号所から上り線を横断して厚木線へ。

_dsg8932

海老名へ向かう複線に対しいて、こちらは単線。すぐに小田急をオーバークロスします。帰りはちょうどMEXと交差しました。

_dsg8931

目の前の道路の踏切のところに撮り鉄多数。

そして小田急の海老名車庫と相模線の間を通るようにしてゆっくりと進んでいきます。

_dsg8919

奥に見える茶色っぽいビルの駐車場から走ってるの撮れるかなぁと思って後で行ってみましたが、ビルの看板が全力で障害物でした。丸井の屋上庭園が開いて入ればもしかして・・・と思います。

_dsg8888
_dsg8892

小田急の車庫の奥に相鉄海老名駅が見えます。

_dsg8897

反対側には相模線の電車が。

_dsg8893

そうこうしているうちに厚木操車場2番線へ。線路が並んでいますが、錆びています。

米軍の燃料輸送が終わってしまったので新車の搬入や回送くらいしか使い道がないのでしかたないかな・・・と。

ここで10分ほど停車し、運転手・車掌のエンド交換と記念乗車証の配布がありました。

_dsg8899

反対側を走って行く茅ヶ崎行き相模線。窓越しというのが分かるようにしてみました・・・というとかっこいいんですが、とっさのことでこれが精一杯。

_dsg8907

折り返し発車。事務所脇にゆるキャラそうにゃんがお見送り。さっき相模国分でお見送りしてくれたんで、停車時間使って車で先回りでしょうか。

201508230005

で、かしわ台駅ではこのような硬券入場券を売っておりました。かしわ台駅1枚に付き大塚本町・相模国分・厚木のオマケが1枚付くというわけで、コンプするためにはかしわ台を3枚買わなくてはならないという・・・で、2セット買ったのですが、そのうちの1枚の番号が777でした。

==========================

明日もバンドの練習。午後は事務仕事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月22日 (土)

惜別 青き寝台特急 北斗星

_dsc6456

今日札幌からの北斗星で青き寝台特急の歴史が幕を閉じます。27年前、1988年3月に運転を開始し、これまでとは違う豪華コンセプトで寝台特急の新時代と未来を感じさせる・・・と思わされた列車でした。過去何度も乗ってるので、もう1回くらい乗りたいとは思っていたのですが、廃止発表からは寝台券が取れず、まぁ諦めモードでした。

で、家にある段ボール箱の中からサクッと出てきた切符など・・・

201508220005

平成4年の暮れ、ニューワイド周遊券で渡道したときのもの。券面に席とあるのは、これと帰りの飛行機がセットで取れたらニューワイド作ってというリクエストだったので・・・

201508220006

そのニューワイド周遊券本体。

201508220003

母親が「還暦祝いに連れてけ」、というので贅沢にパックツアーなんぞを使ってしまったときのもの。

201508220001

臨時の82号。

201508220002

グランシャリオのレシート。

201508220004

コースター。

_dsc6427

自分は東日本よりも北海道のデザインの方が好きだったな・・・

201508170032

201508170033

運転開始直後の乗車記念カード。

201508220008

個室のカードキー。これは運転初期のモノかな、探せばまだ出てきそうですが・・・

201508220007

シャワーカード。こちらはJR北海道仕様。

201508170031

こちらがJR東日本仕様。82号が時代を感じますねぇ・・・末期はカシオペアので代用していたそうですから・・・

201508220009

このオレンジカード、運転開始直後のかなぁ?古いフォルダに挟まってました。

201508220010

何を血迷ったか5000円のカードなんか買ってしまってたわけで・・・

201508220012

これは函館駅で連絡船とC62の3枚組台紙付きで買ったやつ。津軽丸のカラーのが欲しかったんで・・・

201508220011

これはテレホンカード。この頃は連絡船や北斗星がらみのカードがやたらと乱発されてました。

_dsc5388

選ばれた富裕層のための豪華クルーズトレインが次々と生まれようとしていますが、誰もがみどりの窓口で切符を買って乗ることができる、本来の鉄道輸送の使命を持った青い客車を連ねた夜汽車は急行はまなすだけになりました。それとて新幹線開業の頃には姿を消してるのではないかと思います。若い頃、お財布にやさしくなく、乗りたくてもなかなか乗れない寝台特急というのは憧れの列車でした。古き良き思い出の汽車旅の香りが完全に闇夜の中に消えていく前に、いま一度、車窓の向こうに朝が来るのを待つ時間を過ごしたいと思っています。できれば座席と寝台と両方で・・・

さようなら、鉄路を彩った青き流れ星

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月21日 (木)

北陸新幹線 その6 グランクラス

2015041900122

というわけで、帰りは豪華グランクラス。マスコミ報道などでさんざん煽ってますから今更感満載ですが、開業2日目ということで、ホームから羨望のまなざしが・・・

_dsg6308

金沢駅最後尾、12号車がグランクラス。W10編成は最も新しいW7系。西日本の車両というのがいいですね。

_dsg6311

はい、そのグランクラスのデッキ。金色のマークと窓の少なさが特別車両のイメージです。

_dsg6348_2

デッキを入ると・・・

_dsg6346_2

グランクラスのマークも目立ちますが、何より和の装いが華やかです。

_dsg6344

右奥が車内へのドア。

_dsg6342

奥のドアが開くと・・・

_dsg6316

新幹線で3列という贅沢な空間が。

_dsg6319

二人掛けB・C席。

_dsg6326

角度を変えて。

_dsg6330

続いて一人掛けのA席。今回は相方がいたのでBC席。というか、キャンセル待ちといえどもよく並びで取れたもんだと思います。

_dsg6340
_dsg6339

座席の取説。お持ち帰りはNGですので、画像で・・・

201504190020
201504190021

グランクラスのメニュー。おつまみ・茶菓子のひとつって、どっちか一つ?それとも一つずつ?微妙な表記でしたが、亀田のおつまみあられと加賀棒茶×能登大納言の洋菓子両方いただいてしまったのですが・・・

_dsg6368

はい、お食事セット真上から。アルコールは飲み放題です。

201504190022

弁当の掛け紙。

_dsg6370

ワインと日本酒を所望してみました。ワインの瓶はお持ち帰りしたいというと中をゆすいで簡単に包んでくれます。まぁ、ワインはグランクラスマーク入りエチケットなので、コレクターが所望しても不思議はないという事前に予測した対応かもしれないです。日本酒が能登の地酒、宗玄の純米というのは意外でしたがこれならビール飲むよりこっちでしょうねぇ・・・

いやぁ、極楽のひとときでしたが、お財布にやさしくなさ過ぎるので、グリーン車でいいです・・・

とりあえずこれで北陸新幹線シリーズはおしまいです。今更感満載ですみませんです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月20日 (水)

北陸新幹線開業 その5 記念品

201504190009

というわけで、タイマーアップが続きます。まとめて作っとかないと続かない・・・

最終日のはくたかの車内で配られていた記念のカード。検札の時に渡されました。

201504190015

続いては黒部宇奈月温泉の配布袋の中にあった乗車記念証。これ、色々もらった中では一番それらしい記念乗車証でした。で、これにはバリエーションがあって、

201504190016

開業日立会記念証。新黒部の駅で配布していました。

201504190013

これも配布袋の中にありました。抽選は・・・しないで持って帰ってきました。記念手ぬぐいを配っていたのですが、コレはもらい損ねました。残念。

201504190014_2

で、これ。黒部宇奈月温泉駅というか、地鉄新黒部駅のすぐそばのスイーツ屋さん、「田舎バウム ふくる」でいただきました。何の気なしに駅前散策をしていたときに、新規開店のお店のウインドウに展示されていたサンプルの箱にのし紙としてついていたモノ。店内を覗いてみると単品購入できそうだったのと、うまそうだったので・・・買ってしまいまして、単品購入なのにつけていただいてしまいました。

_dsg6085

これがアイスバウム。バウムクーヘンの真ん中にアイスが入ってます。マンゴーやバニラ、黒ごまなどバリエーションがありまして、甘さ控えめでわりとあっさり。アイスとバウムの食感の違いが面白くて、これはなかなかイケました。税込248円也。箱入りセットもありますし、他にもパンなどを売ってます。これから暑くなってきたらまさに季節の品ですな。ドライアイスでお土産モードでも東京まで楽勝で持つでしょうし。新幹線は偉大だ・・・(笑)・・・あ、お店の回しモンではありませんので念のため(爆)

201504190028

続いて富山駅で配布していた袋の中にあったコシヒカリ無洗米の真空パック。これ、中身を食したら袋だけ保管ですね。ちょうど炊飯器のカップ1杯分くらいでした。

201504190029

金沢駅で配布していた記念品セットの袋。でかいので分割スキャンして合成です。この種の袋の中身はほとんどが観光パンフレット。袋が一番の記念品だったりします。で、この中にあったのが・・・

201504190027

これ。新幹線が控えめですね。新幹線どーんの黒部とは趣が違います。

201504190017

続いて記念入場券。3月15日に整理券を配って発売ということだったのですが、整理券余りまくりでした。一人1枚でしたが、2度3度並んでも楽勝でした。

201504190018
201504190019

飯山駅開業記念入場券。夕方の段階でまだ残っていました。他の駅が何をどう売ったのか全く把握していないのですが、大体発売開始早々に売り切れるモノで、初日1番列車の乗り鉄やってるとタイミング的に購入できることはほとんどありませんです。

201504190024
201504190025
201504190026

記念切手。シートはどこでも買えるのですが、各郵便局がオリジナルで作るカバーは現地に行かないと手に入りません。これは糸魚川の駅で買ったもの。金沢の郵便局で作った、各駅の郵便局の記念消印コレクションのカバーはあっさり売り切れで買えませんでした。というか、カバー買えたのは糸魚川のこれだけ。黒部のイベントテントのも売り切れてたし。

201504190023

これ、和倉温泉でもらいました。新幹線の駅だけ出なくてその先でも新幹線開業による観光などの期待を込めていろんなイベントやってるんですよね。

お財布にやさしくないのですが、ついついいろんなものをお買い求めしてしまいます・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 1日 (水)

祝 東海道新幹線 開業50周年

Scan1410010001

というわけで、今日は新幹線開業50周年でした。出発式とか見に行きたかったのですが、いかんせん平日。休めません。で、6時間目が終わったら休暇とって・・・と思っていたのですが、そうもいかず、まずは時間ギリギリに京橋郵便局へ。本日限定の記念消印。上の画像は記念切手をバラして貼って記念消印を押すための台紙。

Scan1410010002

コレが裏側。で、切手本体はこれ。一応料金部分に斜線入れました。

Scan1410010003

うん、なかなか.自分としては100系の2階部分がほしかったなぁ。あとはA・B編成とか。

で記念消印。

Scan1410010004

まずは10月1日だけの限定消印。機械で押すタイプ。続いて

Scan1410010005

7日までのスタンプ。自分としてはこちらの方が好みですね。やはり0系ですし。

Scan1410010006

駅で配っていたクリアファイル。よーく見ると、300系の青の細いラインがありません。らしくないエラー。ついでに東海道新幹線なのにJR西日本の商品化許諾。これまでJR東海は500系を忌み嫌うかの如くこの種のものから排除してたのに、珍しいことです。やっぱりA編成とかB編成とか欲しいですねぇ。

記念入場券はいつもおなじみのJoh3氏にお願いしたところ、快諾を得て後日入手となり、郵便局関係のものをこちらで入手ということになりました。ついでに吾妻線の線路付け替えのスイカも。

そんな中、19時頃、新横浜にまだ記念入場券があるということで50年目当日の特急券入手を兼ねてダメ元で新横浜へ。数人前で売り切れとなりました。じゃんじゃん。

Scan1410010008

ま、50年目の特急券ということで。車内で何かあるかなぁ~と思う間もなく到着でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月28日 (日)

E233系8000番台展示会

Dvc000922

偶然通りかかった登戸駅の南武線の新車展示会。何でも10月4日からデビューのE233系8000番台だとか。

でまぁ何でここに出くわしたかというと、京王線沿線の某女子校のオケに教え子が2人いて、演奏聴きに来てというわけで学園祭に行ってきた帰りです。まぁ開演9時だけど、整理券ゲットが必要だから早めに来て・・・というわけで8時ちょい過ぎに現着。すでに長蛇の列でした(汗)で、10時半頃終演でしたが、二人とちょっと話して早々に辞しました。で、どうやって帰ろうかなぁ・・・と南武線回りをしたらという偶然でした。

画像はこれまた全部携帯です。学園祭は許可を受けた保護者以外撮影禁止ですんで、カメラなんぞ当然持っておりません。女子校だけにその辺は・・・・・

Dvc000882

正面と今の205系と。停止位置がずれているので、正面の並びは携帯では無理。ついでにシャッタースピードの調整もできずLEDが写りません。

Dvc000902

車両側面のロゴ。先頭車のみに入っています。車内は新車の説明、南武線の昔の写真、JR東のPR、そして沿線自治体のPRでした。人多かったんで車内は何も撮ってません。つーか、E233ですからねぇ・・・そこら中に色違いが(笑)

Dvc000942

運転席後ろのロゴ。音楽の町川崎、沿線の・・・矢川から結構歩くけど・・・・国立音大付属高とかいったイメージで音符が並んでいるのでしょうか?説明見てない・・・・

Dvc000932

真正面から。

Dvc000982

行き先表示がこんなんになってました。なかなか見ることができない表示ですね。

Scan1409280002

で、これが整理券。

Scan1409280001

多分こっちが裏だと思う・・・改札外で配ってました。これで駅構内出入り自由です。

で、こんなの売ってました。_dsg4600

_dsg4601

箱とシールにつられてしまいました(爆)650円。

Scan1409280003

はい、これがシール。まぁ、未使用保存ですね。

今日は久しぶりに会う人が多かったです。件の教え子2人はこないだ会ったばかりだし、そのうち1人は今の学校のバンドの練習の助っ人に呼んだばかりだし。

学校の中で前々任校の教え子に声かけられましたです。小学校高学年の顔つきって、大体大人になってもそのままですから顔見た瞬間に「あ!」でした。で、登戸駅ではピンチ商会のブログ主さんに声をかけられまたもの偶然にびっくりでした。

で、サクッと帰宅して先ほどまで爆睡しておりました。これから晩飯食ってちょっと楽譜書き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月15日 (金)

八甲田丸就航50周年 その3 配布記念品

Scan1408150003

八甲田丸就航50周年記念イベント用に作られた記念入場券とスタンプ。いわゆる記念乗車券のスタイルに合わせて作られてまして、当日はちゃんとパンチを入れてくれていました。これは記念の持ち帰り用に別に買ったもので、パンチ入れないでくださいとお願いしました。ちなみに、12日の開館直後は青森市長がパンチを入れてました。

さて、先着100名へ配布された記念品。まずはクリアファイル。

Scan1408150002

続いて記念の缶バッチ

Scan1408150004

で、青函ワールドの解説ノート

Scan1408150005

最後は新居浜高専のコーセン飴

Scan1408150006

いずれも船内売店で売っているものですが、総額1000円分以上になる大盤振舞でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧