コレクション-スタンプ

2017年8月16日 (水)

東京中央郵便局の風景印と旧国鉄本社ビル

201708150002

 通りがかりに寄ってきた東京中央郵便局。かつての建物の表面をのこしてそれと一体化した高層ビルのJPタワーの1階にあります。
 この旧東京中央郵便局、建物を保存するかどうかで国会でも一悶着あったのですが、経済合理性、言い換えると「金もうけ」先行で議論を待たずして旧庁舎の解体が進行して、保存の意見が顧みられない状況だったので、民営化された旧郵政省の各会社の株主は誰?ということから国、財務大臣が株主の権利を行使して・・・ということで現状の形になったらしいです。

 で、東京駅もオリジナルの3階建てに復原されたわけで、JPタワーと合わせてこの風景印になっているわけです。

 さて、その古き時代の東京駅を旧国鉄本社ビルの屋上から撮った画像があります。奥に旧東京中央郵便局の庁舎も移っています。この時には丸ビルは解体されて更地になってました。

201708160001

 1997年11月、国鉄本社ビル解体を前にして一般公開されました。8日土曜日に行ったときのものです。ということで、その画像を一部公開。

201708160012

201708160011

 昭和12年に鉄道省の第一期工事として半分が完成。鉄筋コンクリート8階建てのルネッサンス式の建物です。

 運輸通信省、運輸省、公共企業体日本国有鉄道と組織改編されても、ここが日本の鉄道の総本山として長らく君臨してきました。三公社五現業なんて今の若い人わかんないだろうなぁ・・・

201708160013

 で、左側が昭和38年に完成した新館。右側の旧ルネッサンス式に合わせたデザインにするか近代的なものにするかもめた結果、無難な普通のビルの形になったとか。で、新館に運輸省と国鉄本社の本体機能が引っ越して、旧館の方は東鉄局などがメインになりました。国鉄総裁室と運輸大臣室の面積がぁとかでメンツ争いかけて真剣に議論されたとか今となってはあまりにばかばかしいエピソードも・・・

201708160003

 解体直前のフロアマップ。このマップには一期工事の旧館のみが載っています。何せ空調のない時代の建物ですから、低い天井に後付けの空調のダクトやパイプがぶら下がって狭苦しい感じが・・・

201708160016

 指令室の跡。ほとんど撤去されて武蔵野線のパネルだけが残っていました。見学者が多くて、こんなアングルでしか撮れなかったです。朝のニュースで「国鉄各線、新幹線は通常通り運行しています」って後ろに運行パネルが映ってた記憶が・・・

201708160009

 パティオ・・・と呼ぶにはちょっと重苦しい中庭。3階くらいまでスロープがあって、直接車が入れるように見えました。

201708160010

 そのスロープ、いい味出してるなぁ・・・外階段と合わせて刑事ドラマなんかの追跡シーンで使ったら絵になるだろうなぁ・・・

201708160005

 屋上に上がると耐弾層コンクリートの説明が。空襲の爆弾に耐えるための補強ですが、当時は迷彩塗装までされていたという念の入れようだったとか。

201708160004

 それにしても屋上に5500トンのコンクリートとは・・・どれだけ本体が頑丈だったんでしょうねぇ・・・

201708160006

 でもって、鉄道神社の跡地。GHQに撤去されて再建、その後JR東日本本社へ移転してしまいました。

201708160007

201708160008

 社殿の跡です。敷地内には入れないようになっていたので、中途半端な角度からしか撮れませんでした。

201708160002

 屋上から東京駅ホーム方面を。中央線ホームはすでに重層化されてます。奥に100系グランドひかりが。まだグラントーキョーサウスタワーもフォーシーズンホテルもないですね。汐留界隈の高層ビルもまだありません。平成9年ですから今から20年前の風景です。

201708160015

 自分の記憶が正しければ新幹線の総合指令所の入ってる建物。その後大阪を始めとして緊急時のために複数の指令所作ってるはずです。聞くところによると、九州新幹線全線開業時に液晶パネルを増設して鹿児島中央まで表示できるように対応して、JR九州の職員も常駐しているらしいです。
 国鉄時代からJRの初期は指令所の場所を公開してて、一般からの見学も受け付けてました。最近は秘密の場所、となってるようで、移転したとも聞きますが、今でもここかな?
 たしかオウム事件以後、テロ対策でいつのまにか非公開になっていて、TV等で紹介されるときも「極秘の場所」「特別にカメラが入って」という言葉が付いてますね。

201708160014

 風格ある国鉄本社ビル。エントランスには・・・

201708160017

 外されて10年たってもなお残る「日本国有鉄道」の文字の跡。

 日本の鉄道の栄光の時代を見てきた国鉄本社ビルも長らく見慣れた八角屋根の東京駅も歴史の彼方に去ってしまいました。

 今丸の内オアゾに集う人でこの場所がかつての日本の鉄道の総本山だったことを知る人はどのくらいいるのでしょうか。何もない原っぱだったところにロンドンをモデルとて作られた一丁ロンドンのはしり、三菱1号館から始まって中央郵便局、丸ビル、国鉄本社ビルといった中央停車場の東京駅の正面から宮城へいたるモダンなオフィス街の調和のとれた景観、宮城への畏敬の念から高さを抑えたビルに囲まれた都心にありながら広々とした空を見上げることができる空間を作り上げてきた建造物群の歴史は経済優先の中に消えていってしまったのでしょう・・・本物とイミテーションはやはり違うのです。

 鉄道に限らず、労働集約型の産業は時代遅れになり、機械化でスピーディになったけど・・・単なるノスタルジーではなく、何か大きなものを失ってしまったように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

72回目の終戦の日

_dse3643

 というわけで、今年も靖国神社に参拝してきました。昨年は早朝レンタカーで開門と同時だったのですが、今年は他に寄るところがあったので車が使えず、始発電車・・・が例によって寝過ごして10時過ぎの到着となりました。神門あたりまで参拝の行列が・・・雨もぱらつき、傘を差している人が多いので、ぎっしり感はなく、列も割とスムーズに流れていきました。

_dse3629

 で、中門鳥居のあたりで雨が強くなり、入って左側に陣取っていた報道各社も退避していきます。この辺りから雨の強さに合わせて傘を出したりしまったり、そして最後に拝殿前で傘をたたむので人の流れが滞るようになりましたが、自分の参拝の時は小雨だったので助かりました。

_dse3633

 雨に濡れる拝殿。そして御朱印をいただいて帰りました。

201708150001

 思ったほど御朱印は混雑しておらず、一律300円で番号札を渡されて待つこと数分でした。まぁ、たくさんの人で作業をしていたので早かったのかな。

===============================

 相変わらず戦犯がぁ・・・歴史問題がぁ・・・と反日プロパガンダをしている団体がいますが・・・

 サンフランシスコ講和条約の第11条には、「これらの拘禁されている者を赦免し、減刑し、及び仮出獄させる権限は、各事件について刑を課した一又は二以上の政府の決定及び日本国の勧告に基くの外、行使することができない」と書いてあります。なので、外務省はサンフランシスコ条約が発効するとすぐに関係諸国に要請して、昭和28年8月3日の衆院本会議で採択された「戦争犯罪による受刑者の赦免に関する決議」で、戦犯を日本の責任において全て釈放し、名誉回復をしたわけです。決議は共産党も含んで全会一致で「戦犯として処刑された人々は、法務死であって戦死者とみなす」でしたから、日本には「戦犯」は存在しないのです。
 この釈放についてサンフランシスコ条約の当事国から異論は出なかったし、後に戦中の外相で全権代表でミズーリ号でサインして東京裁判で公職追放、禁固7年になった重光葵が戦後外相に返り咲いても、連合国は「戦争犯罪人だ」と言うことはありませんでした。要は昭和28年8月3日に戦犯はすべて存在しないことを連合国が認めているわけです。
 以後、この件には日本の法律が適用されるのが当然で、日本国憲法には裁判の判決について「不遡及、一事不再理」が明記されているので、過去の戦犯裁判の内容を蒸し返すのは憲法違反ですし、法治国家としてはあってはならないことです。

 そもそもが、負けたから戦犯・・・東京大空襲の指揮官のカーチス・ルメイは「もし戦争に敗れていたら私は戦争犯罪人として裁かれていただろう。幸運なことにわれわれは勝者になった」と語ったと言われています。では、誰がどう見てもアメリカはベトナム戦争で負けたわけですが、アメリカは戦争犯罪者として裁かれ、死刑になった人はいるのでしょうか。日本もドイツも第二次大戦では戦争指導者が戦犯として裁かれ死刑になりましたが、ベトナム戦争当時のアメリカの戦争指導者、当時のジョンソン大統領やマクナマラ総指揮官は戦犯として裁かれたのでしょうか。この1点だけを見てもいかに戦犯というものがプロパガンダに満ちたものかと言えるでしょう。戦時国際法の陸戦法規では無差別爆撃は禁止されてますし、非戦闘員への攻撃も禁止されてます。空襲だけでなく、列車に対する機銃掃射、人種差別的な頭蓋骨トロフィー等々アメリカの戦争犯罪は個人の贖罪意識とは別に、条約や賠償などまったく問われていないと言っていいでしょう。

 日本を敵としておとしめることに血道を上げる某国と全く同じ論調で先人の労苦を否定し、国の歴史を侮辱し、国と国民の尊厳を踏みにじるプロパガンダをするマスコミや「識者」とよばれる方々、直接武力行使や軍務に付いてないから死刑しかない刑法81条の外患誘致罪や82条の外患援助罪が直接には適用されないでしょうが、刑法88条の外患予備罪・外患陰謀罪「第81条及び第82条の罪質の重大性に鑑み、予備・陰謀をした者も1年以上10年以下の懲役に処せられる」とか、破壊活動防止法38条1項「外患誘致の教唆をなし、又はこれらの罪を実行させる目的をもってその罪のせん動をなした者は、7年以下の懲役又は禁錮に処される」・・・垂れ流される恣意的な「報道」でどれだけ日本の地位や名誉を傷つけたか考えればいい加減この条文を適用してもいいんじゃないかと思う今日この頃です。

・・・この職業にしてはかなり異端な考え方してるんだと自分では思います・・・でもね、日本人ですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 1日 (日)

2年参りと16-80テスト撮影

_dsc9999

明けましておめでとうございます。タイマーアップではなくてリアルアップです。先ほど2年参りから帰ってきました。ついでにD500+16-80ナノクリのテスト撮影をしてきました。いつも行きつけの近所の神社に参拝してからさてどこに行こうかと・・・大田区で初詣でメジャーなところ=それなりに明かりがある所ならここでしょう、というわけで池上本門寺へ。息を切らして石段を登って・・・山門は屋台に囲まれていて撮影困難、五重塔はライトアップっぽい状況ですが暗いしそっちまで参拝客が並んでたのでパス。まずは本堂をISO3200、スピードライトなしでフルオートでの1コマ。exif見るとISO3200 24mm(35mm換算36mm) 1/20秒 f/3です。フォトショップでcamerarawフィルターをオートでかけてこうなりました。続いて階段を降りて大坊へ。その途中にあるライトアップされている宝塔。

_dsd0006

ライトアップされるのは限られた日だけだったかと。10月のお会式の日は扉も開けられる・・・んだったっけかな。ISO1000 56mm(35mm換算84mm) 1/15秒 f/3.8です。スピードライト無し。フルオートで。

で、階段を降りきって大坊へ。日蓮入滅の地です。

_dsd0010

こちらは本門寺の喧噪が嘘のような静寂の世界です。これもスピードライト無しISO1000 22mm(35mm換算33mm) 1/20秒 f/2.8です。ここにはお会式桜といって季節外れの秋に咲く桜があります。いつもの年より多く咲いているように思います。

_dsd0017

こちらはISO4000 スピードライト使用補正-2 80mm(35mm換算120mm) 1/60秒 f/10

んー、やっぱしレンズの更新を進めないとなぁと思った2年参りでした。

おまけ。せっかくなので御朱印を頂いてきました。

201701010001

まずは池上本門寺。

201701010002

続いて大坊本行寺。この界隈お寺だらけですが、本門寺はともかく、大坊で深夜に御朱印をいただけるとは思ってませんでした。行きつけの近所の神社は家バレ防止でナイショです。

さて、とりあえず寝て、朝湯に行って、楽譜書き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月13日 (月)

新青森開業! スタンプ

Scan1012120002

Scan1012120003

というわけで、新青森駅のスタンプです。上のやつが新幹線開業記念、下のやつが新青森駅のスタンプということになります。開業記念スタンプはいつまで置いておくんだろう?駅によっては数年後もそのままという…

Scan1012120001

続いて七戸十和田駅のスタンプ。新青森と違って「はやぶさ」がないのは将来的に停車する予定がないからなんでしょうけど…

=========================

さて、日光林間学園のDVDも試作1号が完成して保護者向け上映会も無事終了。大スクリーンと大音響で再生した時にわかるアラもチェックできたので微調整して完成版にしないとな…さらに成績…自宅の片付けと掃除、運転免許の更新、年賀状…やらなきゃならないことが山積みです。今もたまった洗濯をやってる最中…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

ナッチャン ストラップとスタンプ & 学芸会のこと

 えぇ、またも久しぶりになってしまいました。ようやく学芸会が終わり、ほっとする間もなく、通常授業&そろそろ成績のシーズンです。

 さて、ナッチャン戦利品シリーズの続きです。

 まずはストラップ。

Naccyanstrap

 これも売店で200円だかで投げ売りしてました。そのまま保存用と開けてながめる用のマニア買いしました。…なんかヤフオクでプルバックシップやらストラップやらいい値段になってるので、ごっそり買い込んで一儲けできたかとちょっと後悔(笑)

 続いてナッチャンReraのスタンプ。Worldは売店修羅場になってるうちに荒天によるお休みになってしまい、スタンプ押せませんでした(号泣)

Naccyanstamp

 というわけで、ナッチャンシリーズはひとまずこれで終わりです。次のエントリーからオリエント急行に戻ります…って忙しすぎてエントリー起こしてるヒマが…6年生に「せんせー、blog全然更新してないじゃん!学芸会のこと書きなよ!」と本日せっつかれました(爆)ので、とりあえず書きました。これでよいか?6年2組のM.Aさん。

============================

 ここみてる学校の保護者や児童の人けっこういるようなので私なりの学芸会の総括を。

 合奏ですが、5年はSOUL TRAIN、6年はL-O-V-Eと完全に私の趣味に走りました。音楽専科の2年に1度のウデの見せ所ですからそりゃ気合い入ります&担任→算数→音楽というありえねぇ~転身なので「?????」と思ってる人を納得させないといけないのもあったし。クラブと違って学年全員だからコレまでの積み重ねというか持ってる技量の差も大きいからある意味プレッシャーでしたねぇ。

 4月からの授業の様子見て、無理なく破綻しないように&見栄えがするようにそれぞれの学年に合わせてアレンジ書きました。とはいえ、1年の成長の差があるので、5年→6年の順に演奏させたかったのですが、劇の順との兼ね合いで6年→5年の順になってしまいました。

 どんなにいい演奏しても6年のあとだと学年1つ分の逆の差をどうしても感じてしまう…SOUL TRAINはビートにきっちり合わせた細かいテクニックがけっこう必要な曲だったんですが、見た目の派手さの分演奏順でちょっと割を食ってしまった5年生には申し訳ない感じが…「5年の方がかっこいい、ディスコナンバーやりたい」って練習の時ぶつぶつ言ってる6年生がいました…っていうか、こういう悩みができる学校って落ち着いてるわけで…学級崩壊なんかしてると大トリの6年が一番悲惨になるなんてこともあるわけで…

 5年はフレーズのパターンの組み合わせをきちんと覚えて曲の構成をしっかりつかむことと細かいパッセージを破綻なく揃えること、ビートをきちんと揃えてリズムに乗せることに力入れました。何せ似たようなフレーズが次々出てくるんで今どこやってるか見失ったらそれで終わりですから…さらにテンポキープとビート感をきっちり出して踊れる演奏しないとね。ディスコで踊ってる方はビートとエンディングが分かればよいでしょうけど、演奏する方はそうはいかないですからねぇ。私と同世代の保護者の方、客席で踊ってくれるかなー?と期待してたんですけど(笑)

 で、6年は最高学年だけにしょぼいことはできないのでテクニック地獄はソリストに見てもらうことにして、譜面を少し簡単にしてその分ちゃんとジャズに聞こえるようにスイングのノリや6thやdimなんかのハーモニーをきっちり揃えるのに労力を注ぎました。ノリが揃ってない&棒立ちで歌ったり演奏したりでは雰囲気でないし。余裕持って演奏できないとそこまではできないから練習最後の方は細かいテクニックはおいといてひたすら通して演奏して曲に慣れるしかなかったですねぇ。

 まぁ、どっちの曲もいつもの私の編曲のスタイルですが、クラブと違って音楽室の楽器&学年全員なので当然楽器が超苦手な子→人数限定楽器のオーディションに参加できない→リコーダーとか鍵盤ハーモニカに偏るわけで…その分も勘案して選曲・編曲のレベル設定をしないといけないというのはさすがに神経使いました。簡単すぎず難すぎず、できない子もできないなりに参加できるてなるべくかっこよく…市販の楽譜を使いたくない根幹がこのあたりにあるわけで。

 全くの余談ですが、職員室のとある先生、米国在住中、隣がナット・キング・コールの家だったそうです。学芸会終わってから話聞いてのけぞりました。ご本人は名前聞いたことあるなくらいしか認識してなかったそうで…その存在の大きさを知ってる面々が「何ともったいない!」と口々にのたもうておりました。

 さて、次の学芸会は2年後。たぶんまだ今の学校にいると思うので今度は5年→6年の順でできるように何とかプログラム編成を考えないとなぁ…

 …6年の劇の歌、11月7日に楽譜もらって正直超焦りました。よくもまぁあの短期間で2部合唱になったもんだと…

 本日は私の43回目の誕生日でした。1126いいふろの日ということで、これから近所の温泉銭湯に行ってきます。戻ってきたらビデオ編集だぁ…日光のVTR編集、進まねぇ~編曲の滞納もしてるしなぁ…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月21日 (火)

オリエント急行88 -バブルの正夢-

61shingagawa

20年前の今日、品川駅でオリエント急行が展示されました。パリ-東京の乗客と山手貨物線試乗招待客以外への初の公開でした。ハガキ抽選で相当の倍率だったのですが、知り合いのプレス氏の随行ということにしてもらってゆったり見物することができました。

本家サイトにも写真載せてますが、品川の車庫で61先頭で編成写真撮れたのもプレス氏のおかげです。

Press

このプレス証は錦の御旗で、車内出入り自由はもちろん、一般客の前の特別枠での観覧、一般には禁じられていた車内の撮影もOKでした。

観覧にあたってはご案内やガイドブックなどいろいろと配布されました。入場券はだいぶ前のエントリーに公開したので省略で、まずはガイドブック。

Guide00

全ページスキャンはどうかと思うので頭の方数ページで。

Youkoso01

Guide02

Guide03

そして、最後のページがスタンプコーナーでした。

Stamp

1988年は青函連絡船、宇高連絡船、そしてオリ急と鉄にとっては一生に一度の大イベントが続いた年でした。いくらバイトしても予算が追いつかない…

その中でもこのオリエント急行来日は今となってはありえねぇ大イベントでした。鉄でなくたって「オリエント急行」のネームバリューはいまさらいうまでもなく、鉄でもそうでなくてもみな興味津々、品川駅は黒山の人だかりとなっていました。

てなわけで、我が家のオリエント急行来日関連グッズを一挙公開していく予定です。新カテゴリ「オリエント急行」を作ってしまいました。

とはいえ、タイマーアップ仕込む余裕があまりないので3月の青函連絡船みたいな連載にはちょっとムリ…未だに検索ワードのトップは連絡船がらみの合計だったりする…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日)

青森輸送郵便局スタンプ

Post1

Post2

Post3

青森の桟橋に隣接していた青森輸送郵便局。お別れのスタンプを用意していました。もっとも、ここだけに限らずあちこちでさよならスタンプがあったのでコンプリートしているかどうかはわかりません。販売の記念品、全部買うことは不可能でした。今思えばなんとしても買いそろえておくべきだったと後悔しています…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 5日 (水)

八甲田丸スタンプ

Hakkoda

昨日の摩周丸に続いて国鉄時代の八甲田丸スタンプ。画像は88年6月からの青函博のために係留された八甲田丸。

Hakkodasp1

Hakkodasp2

大学1年の時のものです。10月1日から北海道周遊券は冬期割引で2割引、学割2割と併せて22800円で20日間北海道をさまよえるわけですから、秋の教育実習休みの学芸大生で渡道する人はみな10月1日発の急行八甲田に乗ったものでした。なので、連絡船は10月2日スタンプになります。列車や船の中はサークルごとの小集団がたくさんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

摩周丸スタンプ

Masyusp1

Masyusp2

青函連絡船には各船ごとにスタンプが用意されていました。石狩丸と檜山丸以外はコンプリートしたはずですが、何せスタンプ用に使っていた自由帳やメモ帳の数が大すぎるのとあちこちに散逸してるので探しきれません…

まずは摩周丸のスタンプ。イルカと浮輪の中は摩周湖。船ごとのエンブレムがデザインされていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月20日 (火)

湧網線 その2

 昨夜に続いて湧網線シリーズ第2弾。

 いくつかの有人駅があったのですが、何せ、降りてしまうと乗りつぶしが大変なので列車交換駅で停車時間を利用して下車印・入場券・スタンプの3点セットを基本にめぼしいモノをという行動パターンでした。
 これ、同じことやってる人多かったので、誰よりも速く駅舎にたどり着き、クリアしないと停車時間に間に合わないという悲劇が待っているのでした。当時は周遊券でぐるぐる回っていたので言葉こそ交わさないものの、「スタンプを歯ブラシで掃除するので押すのが遅い人」とか「入場券を10枚単位で買う人」とか見覚えのあるキャラができてきます。いかにそういう人より先にエモノにたどり着くかという競争になるわけでして、停車時間5分で跨線橋の向こう側なんてことになると、車掌さんに一言声かけて全力ダッシュ、乗るときに手を振って合図と同時にドア閉まるなんてのもよくありました。

 まずは、佐呂間駅。

Saroma03

入場券はパンチを入れる派と入れない派がいましたが、私は入れる派でした。駅ごとに形が違うのでそれも記録でした。

続いてスタンプその1

Saroma

ホタテの名産地だけにデザインもホタテ。こちらの方が古いスタンプだと思われます。
続いてスタンプその2

Saroma02

けっこう複数のスタンプがある駅も多かったです。DISCOVER→JAPANや一枚のきっぷから、いい日旅立ちなど国鉄のキャンペーンごとに作っていたようにも思われます。

そして計呂地駅。

Kerochi02

続いてスタンプ

Kerochi

このスタンプのデザイン、路線で共通だったようで、駅名のところがほかのもありました。

今はどちらの駅も交通公園になっていて往時をしのぶ車両がおいてあったり、客車がライダーハウスになったりしています。どこかに写真あったな…

…常呂駅のスタンプもあったはずなんだけど見あたらないなぁ…湧網線でスタンプ押せたのはこの3駅だけでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧