« 箱根登山鉄道 109号 | トップページ | 33年目の3月13日 »

2021年2月17日 (水)

古いネガから

202102140008

早朝の名古屋駅で。おそらくは345Mか375Mを降りて見かけて撮影したんだと思われます。タイオフォンカバーあるので583系ですね。つづいては

202102140012

新大阪駅で。タイフォンカバーがスリットなので581系ですね。前後のコマからして昭和57年の高校の修学旅行中に撮ったモノと思われます。で、

202102140013

方向幕も撮ってありました。なぜに2号車?

名古屋の高校で修学旅行は広島・宮島・・・なんですが、教育委員会から一人頭の予算が決められていて、1976年に約50%値上げして、その後も年々10%位ずつ上がっていく国鉄運賃でも金額そのままだったので、それまで広島まで新幹線で行けたのが新大阪まで新幹線でその後は在来線混乗で広島まで行くという貧乏修学旅行に。しかも新快速に乗せてもらえない・・・直角シートと117系転換クロスでは天地の差。走行中抜かれる抜かれる・・・で、途中備中国分寺に倉敷、宿泊が大久野島国民宿舎、広島市内お約束原爆資料館に平和教育に宮島の旅館宿泊、最終日はひたすらお帰りモードの2泊3日という昨今の県立高校でも沖縄北海道観光三昧当たり前から考えるとそれはもう(苦笑)まぁコース考えた教員の思想がよく見える(笑)修学旅行のネガにはクラスの面々に混じってチャレンジ2万キロの呉線の証明写真学ラン姿と117系新快速とか水島臨海鉄道の国鉄色キハとか瀬野八の前面警戒色のEF59、EF67に事業用旧客とか広電とかそれはそれはピンボケに見切れなど見るも無惨な怪しげな写真の数々。人にお見せするようなモノではありませんが、自分で見てうーん、と唸ってます。

|

« 箱根登山鉄道 109号 | トップページ | 33年目の3月13日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 箱根登山鉄道 109号 | トップページ | 33年目の3月13日 »