« 近鉄特急 | トップページ | 関電トロリーバス トロバスラストイヤー その2 »

2018年7月12日 (木)

関電トロリーバス トロバスラストイヤー

_dsf2713

というわけで、先日関電トロリーバスに乗りに行ってきました。オンシーズンだと前日夕方から扇沢の駐車場で車中泊して、夜が白む前に切符売り場に並んで・・・という激混みなのですが、雪の大谷ウォークが終わった翌週だったので、超楽勝(笑)

とはいえ、深夜2時位に最上段の12時間1000円の駐車場に着いて、センター階段下のいい場所に車止めて車中泊。明るくなってくると寝ているのもつらいので、うろうろと人のいない様子を撮りまくり。

_dsf2696

駅の看板にトロリーバスって書いてありますが、来年からは電気バスって直すのかな?

_dsf2704

この看板も電気バスになるのでしょう。

_dsf2711

駅2階の改札前もこの通り無人です。

_dsf2705

朝6時位にシャッターが開いたのですが、改札口も無人です。始発まで1時間以上あるし・・・

_dsf2707

こんな記念撮影のお立ち台が。で、後ろはラストイヤーの写真展。

_dsf2708

で、映画「黒部の太陽」のポスターと石原裕次郎の記念プレートなども。

_dsf2725

改札脇にぶら下がっていたコレ。トロリーバスが「無軌条電車」つまりは鉄道の仲間であることを如実に表しています。

_dsf2739

運転台。一見するとバスなのですが、メーターに電圧とか電流とかあってそこは電車です。最前列を確保して前展望VTRセット。しまった、PLフィルター忘れた・・・トンネル内はガラスの反射が・・・

_dsf2741

定刻7:30に発車してわずか2分後、もうトンネルです。架線とアスファルトの違和感が何とも・・・

_dsf2759

破砕帯は青い照明になっています。

_dsf2771

長野県と富山県の県境通過。

_dsf2793

黒部ダム到着。4号車までありました。

_dsf2796

駅の出口のトンネルから。何せトンネル内なので、撮れるアングルは限られてます。黒部ダム-室堂往復は後日アップ・・・できるかな?黒部ダムでスタンプラリーして記念品・・・はものすごく疲れました。その辺の顛末はコレクション編で・・・

_dsf3042

帰りのバスは最後列に座って走行を撮ろうと思ったのですが、レンズが短い・・・16-80しか持っていかなかったので。とりあえず黒部ダム発車でこんな感じです。

_dsf3049

途中の信号所。いわゆる単線の線路ですからトンネルの中間点に行き違い設備があります。後ろのバスが追いついてきてある程度の大きさで撮れるトンネル内の数少ない場所。

_dsf3058

再び破砕帯を通って・・・左側、出水が今もしっかりと。

_dsf3059

扇沢に戻ってきました。トンネル内の湿度と温度で冷やされたバスの窓が一気に結露しています。

_dsf3065

こんな感じに並んで、黒部ダム行きが発車するとすぐに乗車ホームへ動いて行きます。

_dsf3075

架線。ちょっと見づらいですが、下の細い方がトロリーポールが接触する集電用のですね。

_dsf3157

トロリー部のアップ。上から撮れないのは仕方ないですね。俯瞰できる場所がありません。

_dsf3100

降車ホームから乗車ホームへ回送されていくトロリーバスの後ろ姿。架線柱と集電ポールはどう見ても鉄道、でも車体はバス・・・日本ではここと立山黒部貫光でしか見られない光景です。関電は11月30日で終了。来年からは電気バスになってしまいます。となると、鉄道ではなく、乗合自動車になるのですが、免許の書換というか、そのあたりの法的な手続きはどうなってるのかなぁ?とちょっと興味があります。

_dsf3106

この段階で午後1時くらいでした。腹がへったのでお約束のダムカレー。食堂待ち時間なし空席多数でした。

|

« 近鉄特急 | トップページ | 関電トロリーバス トロバスラストイヤー その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205227/66933469

この記事へのトラックバック一覧です: 関電トロリーバス トロバスラストイヤー:

« 近鉄特急 | トップページ | 関電トロリーバス トロバスラストイヤー その2 »