« 2018年6月 | トップページ

2018年7月

2018年7月16日 (月)

カメラ点検と時間つぶし乗り鉄

01

暑いので3連休家に引きこもってビデオ編集と思っていたのですが、逆に3連休だから空いてるだろうと目論んでカメラとレンズの点検に新宿ニコンまで行ってきました。これ、カメラを点検に出した後なので、撮影は全部iphone。

昼くらいに行ったらサービスセンターに客が誰もいない・・・さすが3連休、カメラ持ってみんなどこかに出かけてるんだろうなぁ。で、待ちなしてカウンターへご案内。カメラ1台とレンズ2本で4時間くらいかかるというので、サクッと預けて、時間つぶしモードへ。とりあえずC&Cで朝昼兼用のカレー食べて適当乗り鉄で・・・と思って新宿駅で時間チェック。

まずは新型ロマンスカー・GSE・・はだいぶ時間が後、じゃ、E353系は・・・おぉ、13時のあずさが7月1日から新型車で運転と書いてあるじゃないですか。甲府往復くらいならいい時間に帰ってこられるのでよっしゃ、と思ったのですが、3連休最終日、上り列車がどうなっているか考えただけでも恐ろしいのでそっちをチェック。甲府で約1時間後の臨時かいじのグリーンのA席に空きが。これで決定。用もないのに甲府往復です。

201807160001

はい、こちらが行き。車端部の1人掛け席ゲットです。

02

こんな感じです。JR東の在来線特急は4列シートばかりで普通車と何が違うんだって感じですが、その分100キロ1000円という安値ですから、座席の差はまぁそんなもんかと。

で、甲府に着いてみると・・・

03

こんなのがいました。撮り鉄が何人もいたので、何か臨時でもあったのかな?3連休に工臨は走らないだろうし。帰りのかいじの時間にはもういませんでした。どこへ行ったのやら・・・

04

で、振り返るとこれが。特急東海で乗ったのが最後の373系。久々に見ました。身延線経由で2時間半かけて静岡へ・・・特急というには鈍足ですが、座席の快適料金と思えばそんなもんかと。けっこう乗っていました。

05

貨物も来ました。甲府で機関士交代です。これも久々に見ました。というか、どんだけ鉄してないんだっていう・・・

06

後続のかいじがこれでした。まだ床下機器など汚れが付いておらず、おろしたての新車という感じです。行きに乗ったのも新車の香りがしたし、広告枠に何も入っていない状態でした。

201807160002

それで、帰りがこれ。E257系も置き換わるので、ぼちぼち・・・というほど写欲がわかない被写体です。これ、新宿駅で12:40頃に買ってるので、画面に「発車時刻を確認してください」のような案内が。まぁ、新宿で2時間半後の甲府発の上りの切符を買うってなかなかないかと。

帰りはキオスクの北海道フェアで売ってたサッポロクラシックを飲みながらまったり・・・と思ったのですが、さすが3連休、満席のグリーン車はちいさい子供の騒ぐ声、どこかの大学生がでかい声で延々と・・・

この臨時の前、スーパーあずさのグリーンとか自由席結構空いてました。甲府でどっと埋まるんだろうな・・・と思ったらグリーンは空席のまま発車。次は八王子なので、自販機の×印は何だったんだろう?八王子-新宿のグリーン利用とか。

===============================

さて、カメラの点検。気になってたのがライブビューとファインダーでのピント合わせでピントリングの指標のずれ。なので、まずはD500と16-80と70-200の2本を点検に出しました。ライブビューはコントラストAF、ファインダーだと位相差AFでAFピント合わせの原理が違うので多少のズレはあるのでしょうが、何となく前ピンっぽかったので、その辺も合わせておすすめ点検パックをお願いしました。結果・・・

201807160005

まずはD500外観にキズがあるが、AF精度は良好。

201807160004

DX16-80、前ピン傾向で調整。

201807160003

70-200これもワイド側~中間で前ピン傾向で調整。

受付の時に「どちらのレンズでも前ピンっぽいので・・・」「ならカメラの側ですかねぇ」なんて話してたのですが、レンズが2本とも前ピンとは。意外な結果でした。考えてみたらカメラはミラーレス事件で一度きっちり点検調整してたんで、その後の使用頻度考えたらそんなに狂うものでもないかと。

総額8640円。カメラ3000円、レンズ2700円×2+消費税。ニッコールクラブだと割引ありなんだけど、年会費の方が高かったよなぁ・・・通常修理ならニコンイメージングプレミアムが通用するし。

さて、せっかくなので、近いうちにどこかに撮り鉄行ってこようかな。8月は何年ぶりかの鉄分薄め、道東飲んだくれ食い倒れをやるので・・・夏休み中に女満別往復のマイルタダ券ゲットっておいしすぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月14日 (土)

関電トロリーバス トロバスラストイヤー その2

201807120002

関電トロリーバスでゲットしてきた記念乗車券のレプリカ台紙です。これ、ホームページだと100型・200型・300型が揃って500円のように読み取れますが、実は1枚はリアル乗車券を買う必要があります。まぁ、ここに来て乗らないでこれだけ買って帰る人もいないでしょうから1枚だけなら空欄に自分が使った券を入れれば3枚揃いで問題ないのですが・・・2セット、3セットとなると、空欄が。100型の乗車券は6月末まで200型は7月・8月、300型が9月からのデザインなので、ガチ乗車券で揃えようと思ったら3回来ないといけないので、1回は実券、あとの2回はレプリカダミー券で形を整えるということになります。

で、自分が行ったのは6月30日だったのですが、すでに200型の乗車券になっていました。元々が昨年度のJR東の株主優待券の消化のための長野往復ですから期間内に買える最終日。乗変でさらに延長も考えたのですが、土曜授業日で動けない、3連休、夏休み突入でどうにもならないのでここで強行したわけで。

で、2セット買ったので、手元に200型の実券、あと1枚実券がないと隙間があるので、100型の片道子供券770円也を買って、100型・200型がそれぞれ入ってないセットを1つずつ買うという・・・これ、3枚ともダミー券にして1000円というバージョンがコレクターとしては欲しいですね。入っている2枚の券番は揃ってるんで、2セット合体させて100・200を実券300をダミー券にしてあります。300の実券のためにもう1回行く・・・のも何だかなぁと思いますが、他にも物欲を刺激するものがあるので多分行くだろうなぁ・・・

0001

で、これが表紙です。

続いて・・・

201807120004

これ。一人1回1セットなので袋開けて組み立てる勇気が(笑)

201807120006

組み立てて鉛筆を2本立てるとトロリーポールにというギミックが。これゲットするの体力勝負です。

201807120003

黒部ダムの9ヶ所のスタンプをコンプリートしなくてはいけません。が・・・階段の上り下り一体何百段あるんだ?遊覧船の乗り場まで遠いぞ・・・トロリーバス降りてから展望台レストハウスまで階段を延々と登り、それから特設会場まで延々と階段を下り、そして又登ってダムレストハウス・・・ダムを渡って湖畔を歩いてガルベ乗り場往復・・・これはしんどいです。

「オリジナルグッズ」がそもそも何もらえるかわからなかったんですが、トロバスグッズだったのは嬉しい誤算でした。これの組み立てる用にもう1個という物欲が・・・もう1回9ヶ所コンプはきついなぁ・・・

201807120007
201807120008

扇沢駅の売店でおみやげとチョロQ買ったらコレもらいました。各所売店クレジットカード使えないところが多いですし、買ったものを持って歩くのも何なので最後にお買い物。5000円以上買うと駐車場の500円割引券、10000円以上だと1000円割引券もらえるので、100型300型の2個セットチョロQを開ける用と保存用の2セットでもう4000円。お土産お菓子を加えてあっけなく5000円超え。このカード4枚もらったんで、チョロQ1個に1枚か?と思ってしまいました。

で、そのチョロQ。

_dsf3203_2

1個ずつバラ売りしてるのですが、2個セットだとこういうパッケージになってます。バラすと・・・

_dsf3187

こんな感じです。300型の方にはトロバスラストイヤーの印刷が。

_dsf3190

まずは100型。トロリーポールはもちろん動きますので、上げた状態に。鉄軌道の鉄道チョロQと違って、無軌道バス型なのでタイヤがでかくても違和感ないですね。

_dsf3191

こちらは300型。

_dsf3193_2

2台並べるとこんな感じ。反対側は

_dsf3195

そして後ろから。

_dsf3199

やはりチョロQです。10円玉ウイリー仕様です・・・(笑)

久々に土曜日自宅でゆっくりしてます。さっき起きました。さて、たまってる洗濯と部屋の掃除と・・・暑いので外には出たくないなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月12日 (木)

関電トロリーバス トロバスラストイヤー

_dsf2713

というわけで、先日関電トロリーバスに乗りに行ってきました。オンシーズンだと前日夕方から扇沢の駐車場で車中泊して、夜が白む前に切符売り場に並んで・・・という激混みなのですが、雪の大谷ウォークが終わった翌週だったので、超楽勝(笑)

とはいえ、深夜2時位に最上段の12時間1000円の駐車場に着いて、センター階段下のいい場所に車止めて車中泊。明るくなってくると寝ているのもつらいので、うろうろと人のいない様子を撮りまくり。

_dsf2696

駅の看板にトロリーバスって書いてありますが、来年からは電気バスって直すのかな?

_dsf2704

この看板も電気バスになるのでしょう。

_dsf2711

駅2階の改札前もこの通り無人です。

_dsf2705

朝6時位にシャッターが開いたのですが、改札口も無人です。始発まで1時間以上あるし・・・

_dsf2707

こんな記念撮影のお立ち台が。で、後ろはラストイヤーの写真展。

_dsf2708

で、映画「黒部の太陽」のポスターと石原裕次郎の記念プレートなども。

_dsf2725

改札脇にぶら下がっていたコレ。トロリーバスが「無軌条電車」つまりは鉄道の仲間であることを如実に表しています。

_dsf2739

運転台。一見するとバスなのですが、メーターに電圧とか電流とかあってそこは電車です。最前列を確保して前展望VTRセット。しまった、PLフィルター忘れた・・・トンネル内はガラスの反射が・・・

_dsf2741

定刻7:30に発車してわずか2分後、もうトンネルです。架線とアスファルトの違和感が何とも・・・

_dsf2759

破砕帯は青い照明になっています。

_dsf2771

長野県と富山県の県境通過。

_dsf2793

黒部ダム到着。4号車までありました。

_dsf2796

駅の出口のトンネルから。何せトンネル内なので、撮れるアングルは限られてます。黒部ダム-室堂往復は後日アップ・・・できるかな?黒部ダムでスタンプラリーして記念品・・・はものすごく疲れました。その辺の顛末はコレクション編で・・・

_dsf3042

帰りのバスは最後列に座って走行を撮ろうと思ったのですが、レンズが短い・・・16-80しか持っていかなかったので。とりあえず黒部ダム発車でこんな感じです。

_dsf3049

途中の信号所。いわゆる単線の線路ですからトンネルの中間点に行き違い設備があります。後ろのバスが追いついてきてある程度の大きさで撮れるトンネル内の数少ない場所。

_dsf3058

再び破砕帯を通って・・・左側、出水が今もしっかりと。

_dsf3059

扇沢に戻ってきました。トンネル内の湿度と温度で冷やされたバスの窓が一気に結露しています。

_dsf3065

こんな感じに並んで、黒部ダム行きが発車するとすぐに乗車ホームへ動いて行きます。

_dsf3075

架線。ちょっと見づらいですが、下の細い方がトロリーポールが接触する集電用のですね。

_dsf3157

トロリー部のアップ。上から撮れないのは仕方ないですね。俯瞰できる場所がありません。

_dsf3100

降車ホームから乗車ホームへ回送されていくトロリーバスの後ろ姿。架線柱と集電ポールはどう見ても鉄道、でも車体はバス・・・日本ではここと立山黒部貫光でしか見られない光景です。関電は11月30日で終了。来年からは電気バスになってしまいます。となると、鉄道ではなく、乗合自動車になるのですが、免許の書換というか、そのあたりの法的な手続きはどうなってるのかなぁ?とちょっと興味があります。

_dsf3106

この段階で午後1時くらいでした。腹がへったのでお約束のダムカレー。食堂待ち時間なし空席多数でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ