« 撮り初め 浮島で | トップページ | 宗谷ラッセルへ »

2016年1月17日 (日)

海上保安庁 PL21こじま 一般公開

_dsg5066

というわけで、blogタイトルの「鉄道」はどこへ行ってしまったのか(笑)というネタが続きます。

本日、晴海埠頭で海上保安庁の訓練船「こじま」が一般公開されました。13~16時だったので、のんびりとお出かけ。有楽町から都バスに揺られてやってきました。混んでるかと思ったら気が抜けてしまうほど空いていました。入口テントで1.「118」番を知ってますか?2.年齢は?3.「友の会」に入ってますか?の3つの質問に答えるアンケートをサクッと書いて写真を撮っていざ乗船。

_dsg4949

まずは船の前方に回って・・・

IMO133819、JFRO、3136噸の表示。日立造船で作られた船です。

_dsg4958

続いてラッタル登って前方の35ミリ機銃へ。

_dsg4953

カバーが掛けられてましたが、中を覗くことはできました。

_dsg4951

この狭いところで操作して射撃するわけで・・・

続いてこいつの後ろに装備されてる20ミリ機銃。

_dsg4963

うーん、これは近づけませんでした。あたりまえか(笑)

続いてブリッジ。まずは左舷側から。

_dsg4968

_dsg4971

操舵機の部分。左のコンソールの虎模様はバウスラスタのカバー。

_dsg4987

ブリッジの後方の船室。窓から。この右側には六分儀がたくさん置いてありました。さすが海上保安大学校の船。教育に使うんでしょうね。

_dsg4983

ファンネル。海保のマークの後ろにレインボーブリッジ。

_dsg5004

下へ降りて後方のヘリポート。偶然誰もいない所を撮ることができました。レインボーブリッジに晴海のターミナルにWELCOME TO TOKYOの文字も。

_dsg5007

振り返ると横断幕。

_dsg5008

物品販売とパネル展示をしてました。横浜の航路図入りのトートバックがちょっと気になりましたが、スルーです。

_dsg5020

ヘリポートの下へ。まずは羊蹄丸でも見覚えのある膨張式の救命ボート。

_dsg5024

続いて船内へ。右舷側の通路を進むと・・・

_dsg5025

壁に手ぬぐいがタペストリー状態で貼ってありました。

_dsg5035

奥へ進むと広い船室。イスの下、見えにくいですが、チェーンで床につながっています。この反対側のテーブルのビニールマットの下には各地の海図が。壁面には交流先から頂いたであろうレリーフなどの記念品が飾ってありました。

_dsg5032

こんなのも置いてありましたが、激しい動揺時はしまうんでしょうねぇ・・・

_dsg5038

続いて図書室。文庫本がたくさん並んでいます。奥の本棚は船舶にかんする専門書、ここに写っていない左側にはDVDがたくさん並んでいました。

_dsg5041

続いて学生浴室。英語で「CADET BATH ROOM」と表記されていました。湯船ないから「SHOWER ROOM」じゃなかろうかという気もしますが・・・

_dsg5044_2

通路は海自の護衛艦よりは広い感じがします。

これで船内の順路は終わりです。

_dsg5054

後ろから。

_dsg5060

ボート下、奥の壁面に世界地図のレリーフがあります。

護衛艦とはまた違って面白いですね。

|

« 撮り初め 浮島で | トップページ | 宗谷ラッセルへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205227/63082353

この記事へのトラックバック一覧です: 海上保安庁 PL21こじま 一般公開:

« 撮り初め 浮島で | トップページ | 宗谷ラッセルへ »