« 青函連絡船終航25周年記念講演会 | トップページ | 東横線渋谷駅一夜物語 »

2013年3月13日 (水)

青函連絡船終航25年・羊蹄丸スペシャル船底ツアー

_dse9551

今年も3月13日がやってきました。連絡船の最終日から25年目のその日。解体されてしまいましたが、ほんのわずかまだ海に浮かんでいる羊蹄丸…何とも複雑な気持ちです。

さて、昨年7月1日、ガレージセールで船内に入ることができた最終日。最後の最後に大神さんにスペシャル船底ツアーに連れて行ってもらいました。船首部の未公開部分です。

_dsf1402

旧グリーン指定席の左舷側の通路を進み、ドアをくぐると現役時代のままの階段が。

_dsf1407

これを降りていき、中甲板を右舷側へ出ると洗濯室があります。強力な脱水機がそのままになっています。

_dsf1409

その先には

_dsf1419_2

_dsf1421

ウインチの機械室。いまでも現役に見えます。左舷側にはウインドラスのモーターが。

_dsf1435

_dsf1436_4

続いてその下の階、車両甲板。右舷・左舷側共に職員トイレがそのまま残っていました。

_dsf1431

_dsf1441_4

そして…

_dsf1444

_dsf1454

車両甲板。2番線のどん詰まり。車止めの連結器があったあたり。

_dsf1445

_dsf1446

振り返ると車両甲板の大空間の名残が。

_dsf1448

2・3番線の間にある上層階への階段。天井がふさがれています。

_dsf1450

3番線側から中央部を。

_dsf1449

船首方向。この階段を上がると…

_dsf1471

奥は甲板部作業室。手前両側から迫るのはアンカーリセスのヘコミの内側部分。

_dsf1456

ここの階段を1フロア上がって中甲板へ出ると船首甲板部作業室。

_dsf1461

そして再び車両甲板へ戻り、階段をさらに下へ降りると

_dsf1472

バウスラスター室。中央に鎮座しているのがバウスラスターモーター。

_dsf1476

プロペラとのジョイント部。

_dsf1474

振り返ると棚にたくさんの予備品箱が…

これで船首部の船底ツアーは終了。タモリ倶楽部でも行かなかった部分まで案内して頂きました。この部分の一般配置図のアップがこれ。

_dsf6648

今日までまだ海に浮かんでいるとは思っていなかったのですが、どうやら完全に姿を消すのはもう少し先になりそうです。後1回か2回か…可能な限り見送ってやりたいと思っていますが、新年度準備で死にそうに忙しく、時間がなかなか取れません。思い出が完全に記憶だけのものになってしまう…何とも言えない気持ちです。

羊蹄丸出航時刻17時にタイマーアップです。








|

« 青函連絡船終航25周年記念講演会 | トップページ | 東横線渋谷駅一夜物語 »

コメント

今日、羊蹄丸最後の船客長のSさんのところにJRのきっぷを取りに行ってきました。
帰宅したら四国在住の十和田丸主席船長のMさんから
「青函連絡船終航25周年でブログを開設した。」と連絡を頂きました。
下記のアドレスです。
http://towadamaru7.at.webry.info
多くの青函連絡船のファンの方々に見ていただきたくコメント致しました。

投稿: 近鉄バファローズ | 2013年3月15日 (金) 20時46分

こんにちは。

ご連絡ありがとうございます。M船長、お元気そうで何よりです。早速ブックマークに挟みました。

羊蹄丸もいよいよ最後となってしまいました。次に多度津に行くのが最後になるかもしれません。

投稿: 西乃湯 | 2013年3月17日 (日) 14時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205227/56930534

この記事へのトラックバック一覧です: 青函連絡船終航25年・羊蹄丸スペシャル船底ツアー:

« 青函連絡船終航25周年記念講演会 | トップページ | 東横線渋谷駅一夜物語 »