« 羊蹄丸@船の科学館 | トップページ | 羊蹄丸 就航記念カード 昭和40年 »

2011年8月13日 (土)

羊蹄丸@船の科学館 その2

_dse4105

岸壁側から。18ミリでないとこういう感じに入れることはできないです。近くで見るとだいぶ塗装も痛んできています。

_dse4072

船尾部分にある旧グリーン自由席の椅子。後ろはスハフ4425。リクライニング機構はまだ生きています。船尾扉の手前のスクリーン、まだ自分映ってました。内容変わってないです。

_dse4075

そのスハフ44の車端部。58-1の検査記号がそのまま残っています。愛称版、対北海道連絡だと八甲田の方が…というか、スハフ44は北海道の車だから、ニセコとかていねとかの方がしっくり来る…それを言ったら側の行き先も札幌行きに…というのはジジイな証拠ですな。

_dse4069

スハフの車内。写ってない手前の方には展示用の人形が…広告が当時のままです。妻面の枠には「レールオリエンテーリング」の広告が。チャレンジ20000キロの広告です。近代化改造で壁側はなくなってしまいましたが、座席にしっかりと軽便枕の形状が残っているのが何とも…羊蹄丸閉鎖後、この車両JRのどこかがもらい受けてくれないものかと…とはいえ、船尾扉溶接してあるから出せないだろうし…

_dse4070_2

そしてDE1030。何せここは暗いんでこんなカットしか撮れませんです。

_dse4090

ブリッジ。がらーんとして人気が無いのが寂しいです。通信室も見られなくなってしまったし。レーダー画面も見られなくなってしまいました。マストの上ではしっかり回っているんですが…

_dse4092

神棚。さすがにこちらはきちんとお供えはしているようです。

_dse4119

外にある看板。説明文の最後、赤線を引いたところに「永久展示保存」とあるのが悲しくなってきます。

_dse4029
_dse4024

船の科学館全景。ゆりかもめの駅から。

_dse4036

おまけ。この日、練習船銀河丸が遠洋実習に出港していきました。もちょっと早く気がついていれば通常は入れない桟橋から羊蹄丸を撮れたのに…次のチャンスは海王丸か?と思ったら親子で招待らしい…orz

日の出~船の科学館~しながわ水族館の水上バスがなくなってたので、海上から羊蹄丸を撮ろうとすると日の出~青海の観光船か東京湾のクルーズに乗るしかなくなってしまいました。港湾関係のイベントはほとんどが親子招待なのでおっさん一人とかまにあグループでって訳にいかないのがつらいところですな。

さて、今日もせこせこ楽譜書き…うーん、Sammy Nesticoアレンジの完全耳コピーはしんどいなぁ…

|

« 羊蹄丸@船の科学館 | トップページ | 羊蹄丸 就航記念カード 昭和40年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205227/52465414

この記事へのトラックバック一覧です: 羊蹄丸@船の科学館 その2:

» 最後の青函連絡船タダでどうぞ 引き取り手ゼロなら解体 [ローカルニュースの旅]
9月末で閉館する「船の科学館」が、展示している青函連絡船の羊蹄丸の引き取り手を探している。閉館で維持費の捻出が難しくなるためで、無償で譲渡する。同館は「貴重な文化遺産。ゆかりのある自治体や法人にぜひ」と呼びかける。... [続きを読む]

受信: 2011年8月17日 (水) 16時16分

« 羊蹄丸@船の科学館 | トップページ | 羊蹄丸 就航記念カード 昭和40年 »