« 会津只見紅葉号 その6 | トップページ | 会津只見紅葉号 その7 »

2009年11月 9日 (月)

ちょっと熱海へ

Resort

昼前にいきなり熱海の温泉にでもいくべ…ということになって、MINE氏と行ってきました。せっかくだし、乗り鉄してビール飲んで…という自堕落企画。えきねっと覗いてみるとリゾート踊り子号のG車があいてるじゃありませんか。

MINE氏とは横浜駅ホームで待ち合わせ。崎陽軒のシウマイ弁当買い込んで…ホームでビールが1缶終了、足りなければ乗ってから買えばいいや…

R0011470

入線してきた伊豆急のリゾート21。コンデジで動いてるの撮るのは難しい…

R0011471

実質500円増しでのれるならグリーン車でしょう。バブリーですなぁ…

ビールが空いたので買おうと思ったら車販はナシ!とりあえず来宮で下車。熱海の町の裏をぶらぶら歩きながらお約束の福島屋旅館を目指します。

R0011484
R0011487

途中には地元民限定の共同浴場。実によい雰囲気なんですが、入ることはできません。MINE氏はこのたたずまいにいたく感動しておりました。

この後狭い道をうねうね通って、入れなくなってしまった共同浴場の脇を通って…通りのたたずまいに熱海初体験のMINE氏曰く「D3持ってくればよかったぁ」「ebitks氏は狂喜乱舞だろうなぁ」といたくご満悦の様子。

で、やって来ました福島屋旅館。

R0011508

いつものように400円払って中に入ると楽しい貸し切り。前回撮れなかった湯船奥からのカットなんかを撮ってみました。

R0011494

で、お約束の電球がぽつんと灯る脱衣所。

R0011496

MINE氏、雰囲気とお湯の良さに悶絶しておりました。曰く「熱海の温泉なんて塩素循環水道水で入る価値なしとなめてかかってた。これはいい湯だぁ」とのこと。

小一時間浸かって、クールダウンしても流れる汗、歩くのもだるいほど強烈に効く湯…それでもダラダラ熱海駅へ向かって上り坂を歩いて、いつもの寿司屋で「生!特上!生おかわり!桜エビと生シラス!オススメ金目鯛?それください!」…すでに脳みそぶっ壊れモードです。これで頭3000円とちょっと。

この段階でまだ16時前。MINE氏が「185系はいやだぁスーパービュー踊り子号に乗りたい」とだだっ子するのですが、次のスーパービューは熱海発17:26。時間もあるし伊東から乗るべく移動。たまたま来た伊豆急8000系、元東急の8000系ですが、海側をクロスシートに改造してあります。MINE氏曰く「何という魔改造、これ、通勤でのってたイメージがぁ(笑)」

Svo10

というわけで、帰りはこれで。デビューの時から指定券は字数が入らなくて「スーパビュ踊り子」表記。何か間抜けな感じが…

往復特急グリーン車、飲み食い総額1諭吉ちょいの日帰り熱海温泉、本来の目的の温泉代は400円だから、ある意味すんげぇ贅沢…

|

« 会津只見紅葉号 その6 | トップページ | 会津只見紅葉号 その7 »

コメント

日曜日の当日になって思い立って「踊り子」の指定券が取れるとは…

週末の「踊り子」利用率も「高速千円」の影響で、低迷しているのでせうかね。。。

横浜乗降、という点がいいですね。
特急料金、グリーン料金ともども、100kmまでの料金で済みます(笑)

投稿: くりはし | 2009年11月 9日 (月) 22時45分

おばんです。
思い立ったのが午前10時過ぎ。レギュラーの踊り子はそこそこ乗ってました。が、リゾート踊り子は臨時ですからねぇ。

横浜乗降って…だって、どっちも川崎に止まらないですし。グリーン料金は100キロ1000円、指定席と500円しか違わなかったらそりゃグリーンでしょ。

14日土曜が展覧会で出勤で16日月曜が代休なのでまたやろうっと。こんどはノーマル踊り子か快速のグリーンか展

投稿: 西乃湯 | 2009年11月 9日 (月) 23時33分

おばんです

強烈な温泉ですね~
さすがはオンセンガーなせるが技です。
今度行きたいな~

投稿: かしゃ猫 | 2009年11月10日 (火) 00時01分

おばんです~

いやぁ~強烈な温泉ですよ。
知る人ぞ知るというわけでもなく、それなりに有名な掛け流し旅館ですから。次回はぜひ行きましょう。

投稿: 西乃湯 | 2009年11月10日 (火) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205227/46714638

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと熱海へ:

« 会津只見紅葉号 その6 | トップページ | 会津只見紅葉号 その7 »