« 20系シュプール号 6×6で | トップページ | お別れスイッチバック号 6×6その2 »

2009年8月31日 (月)

お別れスイッチバック号

7802

今から20年前、1990年8月31日をもって、板谷峠のスイッチバックが終焉を迎えました。ちょうど夏休み土日だったので、無理して行って、友人に車で福島駅まで送ってもらって津軽で帰京、そのまま始業式へ出勤したのを覚えています。

写真は赤岩の鉄橋を渡るお別れスイッチバック号。これまた6×6で。しかし、よく列車徒歩鉄で1眼2台に6×6まで持って行ってたよなぁ。我ながら当時の根性と体力にびっくりです。

2週連続の土日で走ってたので、撮影&乗り鉄の両方を狙いました。乗るなら当然最終日。しかも出発式のある山形発で。ということで、1ヶ月前ヨーイドンでゲットしました。

Itayakippu

確か乗車証明書もらったはず。どこにしまったっけかな。

山形駅でのくすだま割りあたりは本家サイトの方に載せてありますが…峠の力餅、しっかり買いました。このblogの最初の方にさよならスイッチバックののれんと最終列車の写真も載せてありますです。

Touge01

最終列車が去ったあとの峠駅。これも6×6で。何とも言えない寂寥感がありました。

=========================

さて、今日は初音ミク発売2周年。所詮機械のボーカルだろ?となめてかかってたものの、ようつべで聞いてみて頭ぶん殴られるような衝撃を受けてそそくさと買い込んでニコ動のアカウント取ってピアプロのアカウント取って…未だに使いこなせてないですな(滝汗)

で、今日はそうそうたるP氏らをゲストとした誕生日イベントというのがあったらしいです。バーチャルアイドルだけに誕生日扱いとはこれいかに…という理屈とかキモヲタうぜぇというのは置いといて、んー、行きたかったな。

後発のボーカロイドがいろいろ出ましたけど、やはり使いやすさではミクが頭ひとつ抜けてる感じです。ミクのアップデートも出るようですし、予算が…

|

« 20系シュプール号 6×6で | トップページ | お別れスイッチバック号 6×6その2 »

コメント

 6×6は重いけど画質が良いですからね。苦労しただけの記録は残せたと思います。
 私も蒸気撮影の頃はC220にレンズ3本、SR-7とSRT101にレンズ3本、昔の一眼レフは軽かったとは言え、そのほかの荷物を合わせて総重量20Kg以上をよくぞ背負って歩いたと思います。今やったら即ギックリ腰で1週間は再起不能。(爆)

投稿: 佐倉 | 2009年9月 1日 (火) 19時41分

おばんです。

フィルムがでかい分、画質はよいのはいいんですけど、やっぱり重たいです。とはいえ、一昔前はそれだけの機材を背負って歩くのはたいして珍しい事じゃなかったですからねぇ。ネタ物だと同じようないでたちの強力伝がぞろぞろと…何の訓練かって感じでしたね。
今ですか?私もギックリ腰で再起不能になります(苦笑)

投稿: 西乃湯 | 2009年9月 3日 (木) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205227/46083300

この記事へのトラックバック一覧です: お別れスイッチバック号:

« 20系シュプール号 6×6で | トップページ | お別れスイッチバック号 6×6その2 »