« 送った年賀状です | トップページ | あぁ ブルートレイン その2 »

2009年1月 8日 (木)

あぁ ブルートレイン

Fuji

 ちょっと…いや、かなり懐かしい画像です。20年くらい前、JR化直後だったかな?コダクローム64で撮った富士。まだ単独で走ってた頃のものです。後ろにうっすらと富士山が…東海道線の平塚だったか茅ヶ崎だったかそのあたりで撮ったものです。

 かつては富士、さくら、みずほ、はやぶさ、あさかぜ1・3号、瀬戸、出雲1・3号、紀伊、いなば、銀河…と東京駅を夕刻から綺羅星の如く立て続けに発車していく寝台特急群にあこがれたいわゆるブルートレインブームを身を持って体験している私としては、この3月で東京駅からあの青い寝台特急が全部廃止になるというのは衝撃です。

 そりゃ客が乗ってないし、現状、効率考えたら使命を終えたと言われても仕方ないんでしょうけどね…食堂車を外し、ロビーを外し、時代に応じたテコ入れもせず、かつて「走るホテル」とまで言われた時代を先取りしようとした初代20系のような輝きというか誇りを地に落とし、客が減ってさらにサービス簡略化=低下、さらに客が減るの負のスパイラル…

 みずほが最初に廃止になったときにいつかはこの日が来るだろうって思ってましたけど、昭和40年生まれのオヤジ鉄には現実には受け入れがたい衝撃です。だって、ガキの頃、ブルートレインっていったらそれはもう新幹線に乗せてもらうよりも難しかったんですから。

 一人旅ができるようになっても周遊券では別に特急券&寝台券基本的に9000円也を払わないと寝台特急には乗れなかったし、就職するまでは高嶺の花でした。それでも食堂車でさくらのちゃんぽんやあさかぜの関門定食とかの九州ご当地メニューを食すことができたのは今となってはいい思い出です。

 九州豪遊券でヒルネA寝台券を発券して食堂車で飲んだくれたこともあったっけなぁ…古き良き時代の香りが一つ一つ消えてしまうのが寂しいです。

Shizuokafuji

 1989年撮影の富士。出かけたら雨…線路端撮り鉄モードになった頃にはすでにEF66でした。66もかっこよいですが、昭和40年産の私にとってはやっぱり東京発のブルートレインのイメージはEF65500Pですよねぇ…もちょっと後の世代だと66がデフォルトだろうし、上の世代なら20系に合わせた58とか60500でしょうね。さらに上だと呉線のC59安芸とか常磐線C62ゆうづるとか…まぁそれはおいといて…

 これで東京駅の行き先表示から九州・博多方面って文字が消える…東京ネイティブな人にとってはどうでもいいことかもしれませんが、「東京行」の行き先表示を見ることができなくなる地方の人にとってはその思いは格別でしょう。東京と直通列車でつながっていること、それが鉄道全盛期には地方都市の格付けのひとつでしたから。

 現実が厳しいのは承知の上、でもね、そんな昔を偲んでる年寄りの戯言に向かって容赦なく効率論だけを振り回して面罵する若造がすごく増えたような気がします…ま、現実逃避して顰蹙買ってるクソジジイが多くて罵倒したくなるのもこれまた事実ですが…

 さーて、このところタイマーアップばっかし。これアップする頃は仕事で死んでるだろうな…来年度の行事予定と授業時数の計算、死にそう…

|

« 送った年賀状です | トップページ | あぁ ブルートレイン その2 »

コメント

おめでとうさんです。「忙しい」と仰りつつ、名鉄モノレール&切符尽くし。さすがご実家が地元だけのことは有る芸の細かさ。私の場合、モノレールは前日の26日が初見参でして、いやー、動物園前の改札を出るといきなり1600円が掛かるとは知らなんだ(゚ー゚;
 九州ブルトレも、私だと65-500台以前、15両フル編成の世代です。ですので、日豊非電化で24時間掛かった富士なんかは乗ってみたかったです。そんな理由から、食堂車抜きの短編成のブルトレには殆ど食指が動かず、写真は無いですねー。
 ところで、天賞堂の情報ありがとうございました。最低一隻は欲しいですよね。やはり、あの海峡の海の色に映える十和田丸がいいかな~。
 因みに、青函77周年の入場券セット(函館駅)やらあるのですがお持ちですか?もしよければお譲りしますよ。確かバインダーは失くしたけど、本体は家の何処かに眠っているはずですので。

投稿: kokubu | 2009年1月 9日 (金) 01時28分

おばんです

小学校中学年の頃、鉄道模型と共に夢中になったのが妄想鉄です(笑)
出張が多い近所の家から古い時刻表をもらって色々眺めるのが楽しみでした。
東京や上野を出る夜行特急や急行で、妄想の旅に出るわけですね。
停車駅や停車時間がそれぞれ異なって、「なんでかな?」なんて考えたり・・・
上野発は常磐線周りや羽越線周りがあったりして、自分はやっぱり奥羽線周りがいいなと思ったり。
眺めるだけで十分楽しめたものですが、今では何となく味気なく感じますね、時刻表。

のぞみが運行された時、「9時の会議に間に合います」というCMを見て絶望感を感じました。
まあ企業の目指すところは何処も同じですからしかたがありませんが、やっぱり寂しいですね。

せまい日本、そんなに急いでどこへ行く

投稿: 身不知柿 | 2009年1月10日 (土) 21時31分

おばんです。
編曲してて気がついたらこんな時間…タイマーアップ仕込むの忘れてた…

>kokubuさん
モノレールの動物園駅は改札口=モンキーパーク入り口ですから、今は亡き別府はラクテンチのケーブルカーと同じです。改札出るためには入場料が必要です。
最終日は改札内でUターンできるように仕切りが作られてました。ほとんどの客がUターンですが、往復持ってない人&切符を記念にください無効印よろしくな人が多く切符売り場のキャパシティを大幅に上回ってまして、長蛇の列でした。
ブルトレは私も65-500P+15両フルが当たり前の世代です。富士は南宮崎止まりになってから上りに乗っています。はやぶさは上下全区間乗っています。いずれも食堂車利用は基本でした。最後に東海道ブルートレイン撮ったのっていつだろう…まだみずほがあった時代だったような気がします。
天賞堂の連絡船モデル、お気に入りの船1隻はぜひ入手した方がよろしいかと。ちなみに、十和田丸改めジャパニーズドリーム→フィリピンドリームが解体済確定という悲報がつい先日飛び込んできました。
で、77周年記念券、コンプリートで持っていないので譲っていただけるならとても嬉しいです。サイト本館からPCメアド拾っていただいてメールをいただけるとありがたいです。

>身不知柿さん
妄想鉄…いわゆる机上旅行ってやつですね。私も父が出張族だったので自宅にはだいたい最新の時刻表がいつもありました。一人旅なんか大人になってからの夢…と思っていた小学生時代、時刻表は何よりの楽しみでした。日本地図も都道府県名も県庁所在地も主な町もみんな時刻表で覚えたものです。ついでに漢字と時刻の計算も覚えました。
時刻表からダイヤを作って追い越しや行き違いを読み取ったり、旧国名を冠した駅名から歴史をたどってみたり…時刻表1冊あればいくらでも時間がつぶせました。
松本清張の「点と線」の安田の妻の時刻表への思いの下り、まさにその通りだと思います。
最近は長距離列車も多層立て列車も路線も減って味気なくなってきましたねぇ…

投稿: 西乃湯 | 2009年1月11日 (日) 02時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205227/43673874

この記事へのトラックバック一覧です: あぁ ブルートレイン:

« 送った年賀状です | トップページ | あぁ ブルートレイン その2 »