« 没後5年 宮脇俊三と鉄道紀行展 /真島満秀講演会 | トップページ | 遠きを思えば天高く、目の前現実gdgdで・・・orz orz orz »

2008年9月18日 (木)

青函連絡船・アンコール最終航海

Towada001

昭和63年9月18日18:05、この日この時をもって6月3日から始まったアンコール運行の青函連絡船が最後の航海を迎え、歴史の彼方へ航跡をひいて去っていきました。その着岸時刻にタイマーエントリーです。すでに本来の連絡船の役目ではないとはいえ、車両航送がないだけで運行そのものは食堂もサロンも寝台もグリーンもシャワーも売店の紅ジャケ弁当も…現役と全く同じスタイルでした。

3月31日のエントリーで船長サインなどを公開してしまったので表に出して大丈夫なめぼしいものはほとんど残っていないのですが、十和田丸のエンブレムキーホルダーです。羊蹄丸のと2個セットで、裏側にJRマーク入っているのでアンコール運行用に作られたものじゃないかと思われます。

Towadakey_3

教育実習の真っ最中、まだ土曜日が休みでなかった時代、寝台特急で往復して1~4便往復しました。くつろぎカードで1泊したかった…19日の回送便を見送りたかった…というか、後日何人かその筋のマニアを乗せていたという話を聞きました。

東日本フェリーもフェリー事業から完全撤退だし、鳴り物入りのナッチャン2隻、あまりに短命でした。いずこへか売られるのでしょうが、前の高速船ゆにこんの二の舞というのが何とも…とはいえ、津軽海峡を渡る船がまた減るのは何とも残念です。

十和田丸→ジャパニーズドリーム→フィリピンドリーム→係船…先日TVでバングラディシュの船解体場の中にそれらしき姿が…という情報が各所から飛び込んできました。バブルの夢はじけ、それでも自力航行できる唯一の津軽丸型の生き残りだったのに…確定してしまえばそれはスクラップの運命。保存ではなく売却されたのならいつかはその日が来るであろう事はわかっているのですが、それにしても…

日本に残された3船がいつまでもその姿を後世に伝えることを切に願っています。

そして○スラックに怒られるの承知でリクエストにお答えして本家歌唱版使用の連絡船PV。ミクでやったのとほとんど同じVTRですが、やはり御本家だとしっくりきます。約35MBとクソ重たいですが、画像でっかい方がよいかなと。週末には消します。動画タグもつけません。放置blogに毎日つきあってくれてる方に感謝を込めて。再うpはしませんです、はい。

惜別青函連絡船/本家歌唱版  ←消しました。

blogの仕様が変わって1MB以上のファイルをアップできなくなりました。niftyの動画共有にアップしろと。それはちょっとなぁ…blog引っ越すかなぁ…とりあえずサイト本館は容量が逼迫しているので別館にうpしてリンク貼っておきました。例によって転載再配布は×で、ダウンした個人でのみということでよろしくです。

====================================

さて、学芸会の劇中歌など頼まれ編曲あと10曲ほど…デモCD込みで期限来週月曜!間に合わせないと(滝汗)9821の調子が悪くなってきた。レコポ使えなくなると超困る。中古の青札バリュースター9821探しとかないとなぁ…

XP対応のレコンポーザ95Release3誰か譲ってくれないかな…10年前のソフトだしメーカーのカモンがやる気なしでアップグレードも開発も放棄してるしヤフオクでも滅多に見かけないし。Release2はあるんだけどエラーでパッチ当てられないから落ちまくって使えないし。   

|

« 没後5年 宮脇俊三と鉄道紀行展 /真島満秀講演会 | トップページ | 遠きを思えば天高く、目の前現実gdgdで・・・orz orz orz »

コメント

ありゃりゃ、ナッチャンって10月末までとは、ここで初めて知りました。(乗りたかったなぁ)
確かに「ゆにこん」の二の舞でんなぁ。

「本家版」ありがたく頂戴させていただきました。個人的に楽しませていただいております。

投稿: くりはし | 2008年9月20日 (土) 22時59分

おばんです。

んー、まだけっこう週末は空いてるようだから行こうと思えば行けますよ。3パスか青函フリーあたりかマイルで函館へ飛んで青森宿泊パックを使うか、いずれもまだ間に合いますよ。どうせ乗るならエクゼクティブですな。高いけど。

本家版、消しました。

投稿: 西乃湯 | 2008年9月22日 (月) 00時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205227/42500850

この記事へのトラックバック一覧です: 青函連絡船・アンコール最終航海:

« 没後5年 宮脇俊三と鉄道紀行展 /真島満秀講演会 | トップページ | 遠きを思えば天高く、目の前現実gdgdで・・・orz orz orz »