« なのはな | トップページ | 瀬戸大橋開業 »

2008年4月 9日 (水)

終航20周年

Syukoshiki

今日は宇高連絡船の終航から20周年。厳密に言うと日が変わってから臨時便が出ているので微妙なところですが、終電の概念からいえば今日9日が最終日でしょう。

大学の履修申請やら何やらで出かけられず当日最終便直前に宇野入り。青函連絡船最終で見た面々もかなりいました。青函と違って橋の開業は翌日のため、積み残しが出ないようにするとは聞いていましたが、最終便として乗り込んだB27便伊予丸の後にC27便として讃岐丸を出すという事が分かり、最終狙いの客がどっと降りようとしてかなり混乱していました。私も一旦乗った伊予丸から下船し、讃岐丸の列へ移動しました。

Ukoug

何とか讃岐丸に乗り、自由席グリーン券をゲット。そして、乗船証明書…ですが、讃岐丸のものがなくなり、伊予丸のもので代用でした。仕方ないので、裏にスタンプを押し、船長さんのサインをお願いしたところ、快く書いてくれました。

Sanuki

すでに日付が変わった後だったので9日ではなく10日になっています。

ちなみに表は

Awa

船名が違うだけでデザインは共通でした。阿波丸、土佐丸、伊予丸の3船のものを入手できました。とびうおだけは指定席で最終便にのれなかった…というか、時間的に無理でした。何でも額縁入りの別枠の最終便証明が出たとか。

日本の鉄道車両航送の歴史が終わる瞬間でした。当時、四角い箱のような船のデザインは青函と比べてイマイチ…と思っていました。むろん、同時期の設計故ブリッジの形状とかカニ爪のマストとか船内の内装なんかはかなり共通だったのですが、やはり船首部のデザインが…内水面メインのフェリーとすれば当たり前の形状なんですが、どうしても…ね。

|

« なのはな | トップページ | 瀬戸大橋開業 »

コメント

おーっ宇高連絡船だ。懐かしい、私もこの最終日讃岐丸に乗船していました。学校サボって担任に「四国行くから」なんて言って乗りました(爆)。

日中は晴天の良い天気、輝くドラや色鮮やかな紙テープが思い出されます。甲板で食べたうどんが懐かしいです。

夜は高松駅で駅マルヨ。讃岐丸乗ったために瀬戸大橋開通2番列車の列で夜を明かした17の夜です。

投稿: まる | 2008年4月 9日 (水) 22時27分

おばんです&御無沙汰です。
けっこうみんなニアミスしてますねぇ(笑)

甲板のうどん、潮風に吹かれてすするの、うまかったですね。讃岐うどんというには柔らかい感じでしたけど、これは「連絡線船讃岐うどん」という旅情スパイスてんこもりの別の品物と思ってます。

高松駅で阻止されましたねぇ。しかし、私は1番列車に乗っています。讃岐丸から1番列車に乗る大技(?)は明日のエントリーで。

投稿: 西乃湯 | 2008年4月 9日 (水) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205227/40792816

この記事へのトラックバック一覧です: 終航20周年:

« なのはな | トップページ | 瀬戸大橋開業 »