« 青函券・指定券 | トップページ | 速報! »

2008年3月31日 (月)

最後の最後 1~4便

1ヶ月にわたって続けた青函連絡船20周年シリーズはひとまず今日で終わりです。まだまだネタはありますが…おそらく連絡船をリアルで知らない世代がネットの中では多くを占めているのでしょう、ただでさえ少ない閑散blogなのに、さらに連絡船シリーズは見事にアクセス激減でした(笑)っつーか、思い入れ過ぎ?

さて、昭和63年9月18日(日)本当にこれが最後の連絡船の運航となりました。教育実習中、まだ土曜日が学校営業だった時代のこと、土曜日のはくつるで青森入り、1便~4便と乗り、青函くつろぎカードで時間ぎりぎりまで船内で過ごし、ゆうづる3号で帰京し、そのまま実習へ行くという強行軍を決行しました。教育実習日誌と授業の指導案を寝台車と連絡船の中で書き、ネクタイ&スーツで連絡船に乗りに行ったわけでした。教員養成大学にとっては教育実習は非常に重要視されていて、まして付属の小学校でのこと、この行動には指導教官が呆れかえっておりました。その後何年間か、「これこれしかじかな大馬鹿者が…」とオリエンテーションで語り継がれたとか。

さて、…まずは1便のグリーン券。

9181bg

なぜに気仙沼発券かと…仲間みんなで手分けして駅に並びました。1ヶ月前は8月18日、夏休みの真っ最中です。旅先で、地元で…で、取れた券をみんなで山分けしたわけです。お盆のUターンの混み具合もあり、ゲットに苦労しました。

918syuppatsu

盛大に見送られ函館を出航しました。

ちなみに4便のグリーン券。blogのはじめの頃にUPしたものですが再度。

234689

その4便では…

Photo

満席なので座席はないのを承知で記念に売ってもらいました。なので座席番号は空欄です。

Tryousyuu

で、領収書。4便のハンコがしっかりとおしてあります。さらにグリルとサロンの領収書。例によってグリルはラーメン、サロンはクリームソーダでした。

Grilltowada02

Saloontowada

Yotei05

夕日にシルエットが浮かぶ、すれ違いの3便羊蹄丸。逆光のシルエット、ゆっくりと名残を惜しむようにすれちがっていきました。

Yotei02

たくさんの船客がデッキで最後のすれ違いを見送りました。

そして、我が家の家宝、船長サイン2枚組

Chibasign

Shibatasign

お願いしてお二方のサインを揃っていただくことができました。

Maku

青森到着のときに掲げられた横断幕と一緒に。

そして、最後、青函くつろぎカード。この日の原券は見事にみんな回収されてたなぁ…なので、くつろぎ記念券を。

Kutsurogi

Kutsurogiura

最後に青森から羊蹄丸が出航する様子を動画で…

→羊蹄丸青森出航←

今回はflvではなくH264動画にしてみました。 まぁもともとがダビングもののVHSなのでそんなに変わらない…M.Y氏に感謝です。

20年の年月はさすがに長いです。私はつい昨日のようにリアルなことでも、しかし、すでに青函連絡船自体が鉄道年表だけに納まらない、その時代を生きた多くの日本人が共感し、注目した日本の歴史上の過去の出来事なんでしょう。そんなたゆとう歴史の中に身を置いていたこと、歴史が作られていくその場に熱い思いをぶつけたこと、若かった自分の生きた証のひとつだったんじゃないかと思います。それは、あの時、あの場所にいた多くの人が感じていたんじゃないかと思います。

小さい頃、時刻表を眺め、あこがれた北の大地へ渡る儀式、それが青函連絡船でした。初めて渡道した時の連絡船のタラップを渡る高揚感は今でも忘れていません。そして旅の終わり、夢の時間の終わりを告げるのも連絡船の汽笛でした。次はいつ来られるんだろう?バイトして金貯めないと…

初渡道から二十数年、すっかり北海道フリークになり、渡道回数も数え切れなくなりましたが、色あせない青函連絡船の思い出。青森駅で目の前にカニ爪の後部マストが見え、車両甲板の船尾扉が大きく口を開け貨車を出し入れしている…当たり前の光景でも、長い夜を列車で揺られ、ようやく青森まで来た、その光景を見ながられんらく船のりばの看板の方へ向かうあの気持ち…飛行機も好きですが、こと北海道へ向かう気持ちの盛り上がり方や感動は連絡船ならではのものでした。

もっと乗っておけばよかった、もっと撮っておけばよかった、保存されている3船のプロムナードデッキに佇むとき、そんな気持ちもさることながら、周遊券を握りしめて初めて北海道へ渡った日、バイト代を貯めてようやく渡道、また来ることができたとわくわくしていた若かりし頃の思い出がこみ上げてきます。

そんな思い出話に1ヶ月もの間おつきあいいただきありがとうございました。

とりあえず青函連絡船シリーズはここまでです。忘れた頃にぽつんと単発でネタが出てくるかもしれませんが…あ、例の連絡船動画with初音ミクの津軽海峡冬景色、やはり石川さゆり版がほしいというリクエストがぽつぽつと…ヒマを見て作ってはみますが、UPはさすがにまずいよなぁ…

|

« 青函券・指定券 | トップページ | 速報! »

コメント

連絡船シリーズ、乙!でした。
またまた、ワシが写っとる写真がっ!(笑)

最後の日に、船がすれ違う際にイルカが寄ってきたのが印象深かったです…

投稿: くりはし | 2008年3月31日 (月) 23時44分

おはようございます。
えぇ、そりゃうつってますがな。一緒に行ったでしょうに。最後のすれ違い、お互いにとまりそうな速度で長い汽笛を鳴らしてましたねぇ…逆光シルエットの羊蹄丸、全紙にのばしたのを部屋に飾ってあります…

投稿: 西乃湯 | 2008年4月 1日 (火) 07時01分

 こんばんは。blogでは始めまして。

 さすがに青函連絡船が廃止になったのが高校生になりたてのころなので、実際には乗ったことがないのですが(宇高連絡船ぐらいは乗っておくべきだったかな?)、いろいろ拝見させていただきました。

 またお邪魔します。

投稿: たべちゃん | 2008年4月 6日 (日) 18時29分

おばんです。
そういえばblogでははじめましてですね。

我々の世代の5年違いって経験にものすごい差がついてるんですよね。私があと5年早く生まれていれば北海道の現役蒸機…といったところでしょうか。自分が高校生の頃は旧客が淘汰され始めた&83線区の廃止が検討され、実施される寸前でした。83線区のうち乗れなかったのもあるので今でも心残りですね。

投稿: 西乃湯 | 2008年4月 6日 (日) 19時36分

大分以前にお邪魔させていただきました。
0系新幹線は私は11月の始めに広島に出張した際に何本か撮影してまいりました。
ところで先ほど鉄道模型をチェックしていましたら(ご存知かもしれませんが)来春天賞堂より青函連絡船が発売されるそうで…。残念ながら貨物型は(今のところ)発売されないようですが。
西乃湯様は全種類コンプリートされるのでしょうか(笑)?
私は八甲田丸くらいは欲しいと思うのですが…。
500分の1言いますと大体26cmでしょうか。大きいですし、価格は未定ですし。
迷っております。

投稿: 仙台人 | 2008年12月17日 (水) 21時59分

おばんでございます。

天賞堂の500分の1、欲しいですねぇ~すでに銀座の店にはサンプルが展示されてるようです。

天賞堂製だから1隻10万は堅いでしょうから7隻コンプリートは…共済組合から借金か?(爆)って冗談はともかくとして、最低で羊蹄丸と十和田丸は欲しいですね。22便羊蹄丸、4便十和田丸…いずれも生涯忘れることのできない思い出を刻んだ船ですから。
ん~各15万×2の30万までなら即買いします。はい。

投稿: 西乃湯 | 2008年12月19日 (金) 00時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205227/40602493

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の最後 1~4便:

« 青函券・指定券 | トップページ | 速報! »