« ジャパニーズドリーム処女航海 | トップページ | 復活運行初日1便 »

2008年3月25日 (火)

ジャパニーズドリーム処女航海その2

Jdyokohamadep

出航前、盛大にブラスバンドで見送りがありました。んー、まさにバブル…

連絡船ヲタにとってはブリッジや通信室などその面影をつい探してしまいます。

Jdbridge

ブリッジ。船内見学ツアーで行きました。十和田丸時代とはそう変わっていませんが、3月18日のエントリーと比べてみると窓がはめ殺しになり、レーダー機器が追加されていました。

Jdradioroom

通信室。連絡船時代そのまんまです。中央時計の下に「JMUK」のプレートが。そんな話をしていたら通信長さんから十和田丸時代の引継簿をいただくことに…他にも連絡船時代の作業ダイヤの青刷りなんかがそのままになっていました。これも1部もらったはず。どこかにしまい込んでしまっています。

Jdlogbook

航海日誌。

Jdradiolog

無線業務日誌。はっきりとJMUKの呼出符号が。

Jdroom

我々が乗った折りたたみ収納式の上段ベッドを使う4人部屋。これで一人2食込みで28000円。4人部屋はファミリールームのみの設定。カメラの横あたりにUBが。ディナーはダークスーツネクタイ着用とのお達しなのでみなさんこういう服装でした。

Jdradio_2

トップデッキから見たマスト。連絡船の特徴だった円筒形のカバーがなくなっています。

Jdtop

後ろを振り返ると煙突。かに爪形の後部煙突の周りの造形はまんま十和田丸。

Jddeck

一番変わってしまった後部。船尾扉や操作室がなくなり、車両甲板にはレストラン・ショッピングモール・ディスコ…それでも見上げるとカニ爪煙突が「十和田丸」のルーツを主張しているようでした。

#26日の11時頃までメンテナンスで閲覧しかできません…ので、タイマーアップの時刻変えてます。ジャパニーズドリーム号の神戸入港時刻がこんな頃でした。定刻より1時間ほど遅れだったので。

##このエントリーが公開される頃、卒業式終わってほっとしている頃でしょう… 

|

« ジャパニーズドリーム処女航海 | トップページ | 復活運行初日1便 »

コメント

をを~っ、20年前のワシが写っとる!!
ジャパニーズドリーム…今頃どないなってるん?

投稿: くりはし | 2008年3月26日 (水) 23時00分

おばんです。
今帰ってきました。よっぱらってへろへろです。
えぇ、一緒に行きましたねぇ。JDはフィリピンのマグダン島(だったかな?)で係留されてます。ホテルの営業はだいぶ前に終了したようで、真偽のほどはともかく聞くところによると解体待ちだとか。最後まであのエンジン音を響かせて動いていただけに…船齢40年ですから仕方ないと言えば仕方ないのですけど…1~4便、ジャパニーズドリームと最後の最後に乗った連絡船ですから本当に解体されてしまったら寂しい限りです…

投稿: 西乃湯 | 2008年3月27日 (木) 00時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205227/40526064

この記事へのトラックバック一覧です: ジャパニーズドリーム処女航海その2:

« ジャパニーズドリーム処女航海 | トップページ | 復活運行初日1便 »