« オロネ10 天井送風機使用要領 | トップページ | ブルートレインレコード »

2007年10月28日 (日)

オロネ10 寝台枕灯

オロネ10シリーズ最終回 戦利品第4弾 

寝台枕灯です。現行の寝台車の枕灯とはスイッチの形状が違います。比較写真が見あたらない(汗)

Light101

後ろから出ているコードは家でつけたモノで、余っていたコタツのコードを暫定的に取り付けてそのままになっています。

もちろん点灯可能です。

Light102

裏側を見てみましょう。

Light103

安定器とコンデンサがむき出しになっています。部品交換していないオリジナルのままです。とっくに寿命は来ていると思うんですが、なぜか動きます。

コンデンサをアップにしてみました。

Light104

製造会社名、製造年月がはっきり読み取れます。ほぼ半世紀前のコンデンサ。

中をあけてみます。

Light105

グローランプと蛍光灯本体のきわめてシンプルな中身。色が外側と違うのですが、ペンキを塗り直した痕跡が見られるのでもしかしたら、内側の色がオリジナルかもしれません。

右上の製造銘板をアップで。

Light106

昭和34年の製造です。1両あたり50こ位使ってるはずですから、製造番号151ってのはかなり早いロットだと思われます。車両番号の銘板がすでに無くなっていたので、スクラップになったオロネ10の車番がわからないのが残念。

ちなみに、昭和47年製の国鉄寝台車枕とエ印浴衣、JNRマーク入り毛布もウチにあります。浴衣と毛布はそれぞれ1個しかないのでさすがに使えませんが、枕は2個あるので1個は来客用にしています。

えぇ、布団に加えてこの枕灯と寝台車枕のセットでお泊まりの客1名様限定で貸し出しております。ご希望により、オールナイトで列車走行音のサービスも…(爆)    

|

« オロネ10 天井送風機使用要領 | トップページ | ブルートレインレコード »

コメント

>オールナイトで列車走行音のサービス

これはカニ24の全開ディーゼルサウンド@往復鼾っすね。(笑)しからば悶絶死しますよ~

投稿: かしゃ猫 | 2007年10月30日 (火) 23時21分

いえいえ、往復鼾ではありませなんでして、次のエントリーでその種明かしをしましょうか。

投稿: 西乃湯 | 2007年10月31日 (水) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205227/16901092

この記事へのトラックバック一覧です: オロネ10 寝台枕灯:

« オロネ10 天井送風機使用要領 | トップページ | ブルートレインレコード »