« 新幹線30周年記念品3 | トップページ | 悪魔の椅子 »

2007年8月 6日 (月)

ねぶた祭り号

えぇ、今頃は青森はねぶた祭りの真っ最中だと思います。で、かつて583系でねぶた祭りの臨時列車が運転されていました。時刻表をひっくり返してみてもそれらしき列車が見あたらない…というか、見つけられませんでした。もしかして団臨?

Nebuta2

青森駅で白鳥と並んだ一コマ。多分乗り鉄のついでの駅撮りだと思うんですが、583系には専用の幕も用意されていました。おそらく80年代の撮影だと思うんですが、記録と記憶がいい加減で…

明日より旅に出ます。東京帰着は15日の予定。とりあえず山口へ墓参り&分骨。その後は未定。天気とにらめっこで島原大遠征するか中国山地と山陰海岸沿いを彷徨うか…

|

« 新幹線30周年記念品3 | トップページ | 悪魔の椅子 »

コメント

はじめまして、こんにちは。
ロックと名乗っております。
昔(今でも)583系マニアだった者です。

この583系列車、ちょっと謎なんですよね。
本によっては臨時特急「ねぶた」と書かれているものもあるし、列車ホテル「ねぶたドリーム」と書かれているものもあったりという状況で、今では詳細はわかりにくくなっているようです。

私としてはこの列車のヘッドマークのアップ写真が見られないかと思っているのですが、お持ちでないでしょうか?
もしお持ちでしたら、ぜひとも拝見したいものです。
複雑なマークデザインですので、本などで見てもわからないんですよね。

生意気な自分勝手言ってすみません。
もしお持ちでしたら、お願いできませんでしょうか。

投稿: ロック | 2008年6月22日 (日) 10時33分

 こんばんは。はじめまして。
 特急ねぶたですが、何せ夏のピークシーズンなので車両のやりくりが苦しいのか485系と583系が日によって奥羽線系統のねぶた(青森~秋田)と東北線系統の青森ねぶた(盛岡~青森)に充当されていたんじゃないかと思います。また、青森駅で一夜を明かす設定の583系ドリームねぶたもありました。同様な設定で甲子園観戦者用の「ナインドリーム甲子園」がありました。こちらは通常の乗車券・寝台券でなく、企画切符の扱いでした。
 年によって設定が違いますが、80年代から90年代にかけて毎年様々な設定になっていたようです。ドリームねぶた(仙台~青森)の客車寝台急行もありましたし「ねぶた」を冠した列車名はたくさんありまして、私も全貌はわかりません。書庫からサクッと出てきた1986年のダイヤ情報夏号や88年~93年の夏の時刻表にも「ねぶた」を冠した列車の設定はありますし、2000年代に入っても走っていたようなので、その間の時刻表を丹念に洗ってみるしかないと思いますが、流石に使用車両の特定までは難しいかと思います。
 で、ヘッドマークですが、武者をデザインしたねぶたがモトなのは写真から分かるのですが、詳細なデザインはちょっと…ネガをあさればたぶんヘッドマークのアップも撮ってあるんじゃないかという気もするのですが、整理が悪くすぐには…というか、度重なる引っ越しで残存しているのかも定かではありません。

 あまりお役に立てずにすみませんです。

投稿: 西乃湯 | 2008年6月23日 (月) 00時42分

こんばんは。
レスありがとうございます。

>あまりお役に立てずにすみませんです。

あ、いえいえ、こちらこそ勝手を申してすみません。

投稿: ロック | 2008年6月23日 (月) 01時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205227/15963942

この記事へのトラックバック一覧です: ねぶた祭り号:

« 新幹線30周年記念品3 | トップページ | 悪魔の椅子 »