2019年5月 1日 (水)

奉祝 天皇陛下即位 令和初日御朱印めぐり

201905010002

というわけで、行ってきました。令和初日、御朱印巡り。まずはここ、明治神宮。昨日、平成最後の御朱印をいただき、今日、令和最初の御朱印をいただいて、並べました。

昨日の反省をもとに、始発電車・・・が3番電車になって、歩く距離が短くてすむ代々木から行ったのですが、6時の段階で100メートルはあろうかという行列。サクッと参拝して、列に並びます。あれよあれよという間に列がのび、後ろが分からなくなりました。TBSが「列が続いています、後ろがどうなっているかわかりません・・・」とかアナウンサーが言いながらカメラと一緒に後ろの方へ走っていきました。多分写ってるな。

そうこうするうちに、7時開始の予定が6:30に始まり、列が密集していなかくて進み方が早かったことと、昨日の反省からか書き込む人を大幅増強したためか7時には御朱印をいただくことができました。

201905010001

はい、このような並びになりました。左側のページを空けておいて、昨日今日の並びを用意している方が結構いたのですが、自分は行った順にページを使うようにしているので・・・予定が読めないし、左ページが空白のままになってしまうのもどうかというわけで、この並びだけとなりました。

さて、次は靖国神社。市ヶ谷の駅から歩く・・・と思ったらバスが来たので乗ってしまいました。7:30頃に到着。並んでいる人、ほとんどいなくて、あっという間に御朱印をいただけました。

201905010003

そして東京大神宮へ。この3社は昨日平成最後の御朱印をいただいているので、その順番で回りたかったというわけで。

8時ちょっと前に到着。東京大神宮の参拝も待ちなし。ですが、御朱印は9時からということで、列に並びます。ざっと見て自分は50番くらいなので、昨日の時間からすると、9:30頃かなぁ・・・東京タワー大神宮の御朱印領布は微妙かな・・・なんて思っていると列がものすごい勢いで伸びて、神社の外まで・・・混雑に耐えきれなくなったのか、8:40受け付け開始。9時前にはいただくことができました。

201905010004

併せて、限定書き置きの飯富稲荷神社の御朱印。

201905010024

芸事上達祈願ですから、当然いただきます。

で、飯田橋駅へ向かおうと神社を出ると・・・何と、飯田橋駅方向へ道路に長い行列が・・・

さて、次はどうしようか・・・とりあえず、六本木の出雲大社東京分祠へ。飯田橋-千駄ヶ谷-国立競技場前-六本木で乗り換えも地下鉄出口もまぁ、遠いこと・・・で、着いてみる待っている人ほとんどいません。拍子抜けです。

201905010005

待ちなしで御朱印をいただき、乃木坂駅まで歩いて赤坂へ。日枝神社はさすがに混んでました。受付まで45分、その後、できあがるまで30分。引き替え番号がランダムに渡されているので、できたのを渡すのにも時間がかかる・・・自分の前後にいた人は呼ばれてるのに自分は呼ばれない・・・横で見ていて、自分の番号のができあがり箱にあるのを発見。知らん顔して引き替えてきました。

201905010006

で、ここから全力で徒歩です。東京タワーの混雑状況、待ち時間---と出ていたので、もしかして・・・電車乗って、歩いてってたかだか2キロ弱、その先の芝大神宮まで歩いても3キロ。1時間はかかりません。えぇいっと歩きました。目指せ東京タワー!で着いてみると人人人・・・こりゃ待ち時間---は収拾つきません、だな、でスルーして芝大神宮へ。あっさり参拝ですが、各参拝者毎にお祓いをしてくれるのが嬉しいですねぇ・・・ですが、今日の御朱印は書き置き。5月までしかないのですが、改元初日ならではの祈願印で1日とわかります。

201905010007

で、ここで都心部終了。地元大田区モードに入ります。大門から都営浅草線でまずは蒲田で降りて近所の3社を巡ってからまた電車に乗って羽田神社へ。大鳥居で降りてひたすら歩きます。

201905010008

お隣の富士山塚もセットで。人は少ないのですが、書き手も少ないので待つことしばし。で、蒲田へ戻ります。というのも時間帯が限られているので・・・残りの3社を巡ってから蒲田八幡神社で6社の御朱印をまとめて頂きます。

201905010010

201905010011

201905010012

201905010013

201905010014

201905010015

待っている間に昼ご飯。が、けっこうな人いたのですが、これ、15分位でできたので、予想外に早かったです。

で、改めて穴守稲荷神社へ電車で。

201905010016

こちらも人がおらず、待ちなしで、奥宮と一緒にいただきました。

さて、予定よりはやかったので、気になってたところへ。あるのは知っていたのですが、ネットではほんの数例、例大祭以外の御朱印を見たことありません。浦守稲荷神社。

201905010018

たまたま人がいたので、お願いしたところ快くいただくことができました。さらに歩いて

201905010019

大森の貴舩神社。この辺りで15時。池上本門寺が16時までなので、ここでそちらへ向かいます。

201905010020

待つこと30分。令和の由来まで書き記されたいつになく文字の密度が濃い池上本門寺。この後、いつもセットでいただいている日蓮入滅の地、大坊本行寺へ。

201905010021

こちらもこれまでと違うパターンのものでした。これで終了。雨も降ってきたので帰宅。汗だくで疲れたので風呂入ってビールです。

201905010022

そして、「ようこそ令和」の切符。

201905010023

そのご案内。いやぁ、歩いた1日だったなぁ・・・・

| | コメント (2)

2019年4月30日 (火)

平成最後の日に

201904300001 

というわけで、平成最後の日、残り3ページとなった御朱印帳を埋めるのと次の御朱印帳を所望しに行ってきました。

どこに行こうかと思ったのですが、今回は陛下の退位に伴う改元なので、令和最初の御朱印帳は明治神宮、伊勢神宮で所望した御朱印帳の最後は伊勢神宮東京遙拝所の東京大神宮、ということにして、明治神宮、靖国神社、東京大神宮の3社で昼過ぎくらいで何とかなるかなぁ・・・と思っていたのですが、世の中をナメてました。

10時半頃に原宿駅から明治神宮の参道を歩いていると、左に曲がって大鳥居・・・の辺りに行列が。何コレ?と思って、大鳥居をくぐって参拝コースを進むと、社殿方面に右に曲がる手前辺りで「御朱印の列です。時間がどれだけかかるかわかりません・・・」とハンドマイク持ってる警備員が。とりあえず参拝して、通常御朱印をいただく神楽殿側から偵察に・・・そこからぐるーっと回って参道、参集殿、大鳥居、ざっと300メートルはあろうかという行列。今日の御朱印は神楽殿ではなく、向かいの授与所の中の特設会場。手水舎辺りの人が先頭は朝6:30頃に・・・と言っているのが聞こえてきました。

で、並んだのが10:45。スマホで時間つぶしを・・・と思ったらバッテリーが・・・モバイルバッテリー持ってくるの忘れた・・・で、御朱印をいただけたのが13:20頃。朱印押しと書くのを分業流れ作業でした。

その後、代々木から電車で市ヶ谷へ。靖国神社に着いたのが13:45頃。参拝はそれほどかかりませんでしたが、これまたぐねぐね行列と昇殿受付の入口前まで人が並んでます。参拝してから列に並ぶこと30分、出てくるのを待つこと15分ほどでいただけました。

201904300003

この前、紀元節の時にはなかった創立150年の印が。さて、この後は歩いて東京大神宮へ。

さて、東京大神宮、参拝は結構並んでましたが、それなりにスムーズ。で、御朱印は駐車場にぐねぐね列が。その際に130番台辺りを呼び出してました。で、自分の直前でピンクの300番が終わって青い番号カードに。・・・って事は150人は待っているということに・・・5分おきくらいに5~6人、多くて10人くらいの番号を呼び出していたのですが、待つこと約1時間ほど。

201904300004

うーん、疲れました。で、明治神宮で新しい御朱印帳を所望しました。

201904300009

その最初のページ。まっさらでも最初のお書き入れがあっても初穂料は1000円です。書き置きではあるのですが、「奉拝」と「年月日」だけで、後は手書きと印も生です。雨も降っていたし、真っさらのを所望できるような状況ではなかったので、ま、これでもよいかと。

明日、この次のページに「令和」初日の明治神宮の御朱印、以後、行けるだけいろいろ行ってみようかと。大手の神社は混むだろうなぁ・・・明治神宮をいかに早く脱出できるか、がカギかな。レアなところで東京タワー大神宮の個人向け御朱印領布とかあるし。今日行った靖国神社と東京大神宮は行こうかと思ってますが、あとはどうなることやら出たとこ勝負。地元大田区の神社も行きたいし。

で、駅で見かけたこんな切符。

201904300010

都区内パススペシャルバージョン。指定券券売機のみこれが発券できるわけです。明日からは「こんにちは令和」というタイトルがつきます。切符そのものもそうですが、ご案内が1枚多いです。

201904300011

通常は「フリーエリア内は・・・」とかお約束の記載で1枚のはずが、もう1枚ついているという。しかも切符は西暦表示になってるのにわざわざ平成31年と断り書きを入れてるあたり・・・つられて買ってしまう自分も何ですが・・・

さて、疲れたから風呂入って寝よう。明日は気合いの早起きだ。

=======================================

追記:コレ書いてからアップのつもりが保存間違えた。

昭和の終わった日は、アルバイトに出勤したらみんながテレビの前に。昭和帝の崩御ということで自粛ムード、歌舞音曲は・・・

平成2年に就職、担任から音楽専科にシフト、勤続30年、気がつけば定年が見えてくる年になりました。就職した頃は文字が1つずつ出てくるパソコン通信、音響カプラーやらISDNモデムを持って歩いて旅先の公衆電話からメールやBBSのチェックしていたのが、携帯電話に繋いでできるようになり、あれよあれよという間にスマホで高速通信、バック・トゥ・ザ・フューチャーで描かれた未来を通り過ぎて・・・実現したこと、実現しないこといろいろありますけど、ネット環境ほど劇的に変わったものはないでしょうねぇ。

そうは言っても、社会的にはバブル崩壊して長い不景気に災害が続いて・・・大変な時代だったと思います。改元は災厄が続いたときなど時の帝が人心一新、新時代がよくなることを祈念してということもあり・・・

そんなことを思うと、陛下が崩御される前に皇位を退かれ、元号が変わる、時代が変わる、という明るさを期待するような雰囲気が漂う今日は、時代の大晦日とでも言えるでしょうねぇ。今日は昨日の、明日は今日の延長にある。徒然草にある「かくて明けゆく空の気色、昨日にかはりたりとは見えねど、ひきかへめづらしき心地ぞする。」まさにそんな気がします。明日からの令和の新時代が明るいものになるとよいなぁと思っています。

| | コメント (1)

2019年3月30日 (土)

第14回 青函連絡船講演会 その2

_dsf9936
というわけで、PART2。安田さん渾身の作、第九青函丸。
竣工からわずか2ヶ月のまぼろしの青函連絡船。その生涯をたどる・・・
_dsf9938
このネタ、戦時標準船って何?というのを分かってないと何のことやらさっぱり・・・で、そのベースにある国家総動員法とか軍令部とか海軍とか、その辺りの知識が多少なりともないと理解が苦しいかと・・・さらに優秀船舶建造助成施設とかそれで新田丸が特設空母沖鷹に改造されたとか先の大戦の後大洋航路の客船で残っていたのは病院船になっていた氷川丸だけだったとか、そういった戦時の客船、商船の知識も必要かと・・・思っちゃったりします。さて・・・
_dsf9941
今回の元となった資料の一部。著作権とか旧軍関係など様々な制約で資料が開示されない、されても公にできないものも。
_dsf9943
その中でも船務部長の吉澤氏の直筆原稿は現物が登場。大神さんと親しくしており、書かれた当時、大神さんが各所にコピーを配り、引用されまくっているとか。
_dsf9947
でもって、様々な記録に潜水艦による撃沈とか航空機による攻撃とか書かれています。これは戦時造船史。海軍艦政本部の技術少佐の著書です。
_dsf9950
こちらは鉄道友の会の英文表記。航空機による爆撃と書かれています。
_dsf9952
で、第十二青函丸までの貨車航走史。
_dsf9974
第三青函丸と第四青函丸は戦前の設計・・・
_dsf9977
すでに日中戦争が始まっていたので、連絡船の現状は省外極秘となっています。
_dsf9981
翔鳳丸型4隻、第一青函丸~第三青函丸まで就航しています。第四青函丸はというと・・・
_dsf9986
_dsf9991
海軍大臣へ建造が移管されても、そのまま続工として建造が続けられました。まぁ、ありとあらゆる船を徴用して特設空母などに改装してた海軍といえども、北海道から石炭などの物資輸送をする青函連絡船だけは国策の生命線ということで特別扱いでした。
_dsg0015
で、浦賀ドックで第四青函丸の建造にかかわった方のエピソードも交えて・・・って、95歳とは・・・生きている方がいるうちに証言を残しておかないと・・・という限界に来ているのでしょうねぇ・・・
_dsg0026
政府は戦争遂行にあたってどのくらい船舶が必要か、損耗率はどのくらいかという試算をして、いける、と判断したんでしょうが、山本五十六をして半年や1年は暴れてみせましょうという言葉の通り、あれよあれよという間に船を失い、対する米国の生産力は貧弱な日本の生産力への皮肉を込めて、隔月刊正規空母エセックス級、月刊軽空母インディペンデンス級、週刊護衛空母カサブランカ級、日刊駆逐艦フレッチャー級、三時刊輸送船リバティ等、新聞やら週刊誌の発売のペースで次々と投入され、戦力の差は開くばかり・・・
_dsg0031
その結果、想定の4倍もの船舶を失い、世界第3位だった日の丸商船隊は壊滅、まともな外航客船で残ったのは氷川丸と関釜連絡船の興安丸だけという・・・
_dsg0033
そんな状況だったので、とにかく数が欲しい。動けばよいということで、戦時標準船という設計・製造が始まります。
_dsg0034
その根拠。とにかく船の数が欲しいわけで・・・損失は政府が補償。つまりは税金。
_dsg0036
時代の空気が伝わってきますね。船はすべて海軍大臣の所管、国家総動員態勢です。
_dsg0044
寿命が短くて良いからとにかく大量に船を作れという・・・
_dsg0045
でもって、タンカーで多少油漏れてもかまわない、とにかく南方の石油を持ってこられればよいとはいえ、そこまでですか?という性能の切り詰めを忍ばなくてはならないほど追い詰められていたわけで・・・ついに連絡船も戦時標準型になるわけで、その最初が第五青函丸。
_dsg0046 _dsg0047
ですが、第二次戦時標準船の性能はといえば余りにお粗末。戦時中の各種困難さを鑑みてもそりゃないでしょう?って性能要求です。
_dsg0050
で、そんな中で就航した第五青函丸。さすがに青函連絡船の重要さは軍もよく分かっていて、戦時標準型とはいえ、それなりの性能でした。
_dsg0062
さすがに士官室も大部屋、船員食堂不要で弁当持って乗船というのはあんまりだということで撤回になりましたが・・・
_dsg0063
こんな感じで量産体制を作っていったわけですねぇ・・・
_dsg0066
原則として法に準拠・・・つまりは動ける船なら法には目をつぶるという法治国家としてはありえないことを軍が求めてるという・・・
_dsg0069
それで、第九青函丸の設計はさらに簡略化されていくわけです。
_dsg0072
それでも第九青函丸はできがよかったそうで・・・
_dsg0073
その特徴。髙橋氏のイラスト。
_dsg0081
第九青函丸は戦争末期、敗色が濃くなった時代の船。
_dsg0088
で、対潜対空兵器も積んでいました。
_dsg0093
さて、回航の顛末になります。
_dsg0099
連絡船の船員は軍属扱なので、万一の時は戦死になるわけです。
_dsg0101
横須賀鎮守府の海上護衛の諸方策の中に青函連絡船の回航護衛が載っています。軍事物資の輸送に欠かせない船故に軍としても方策を立てていたのでしょう。
_dsg0103
この記録には第三青函丸とありますが、時期的に???で、違う船ではないかと・・・
連絡船から海軍に護衛手配を頼み、鎮守府で船長から事情聴取したところ、青函航路のみで外洋航海経験が乏し、技量が低い、編隊航行や対潜警戒の知識が無いという判断で、護衛をつけることになったわけです。
_dsg0109
それで、回航に当たって海軍武官府との会議はこんな内容・・・まぁ、当時は船員は軍馬軍犬軍鳩以下の扱いでしたからねぇ・・・
_dsg0127  
さて、その回航ですが、横浜集合でいきなり係留していた機帆船にぶつけ・・・
_dsg0131
海防艦四阪に護衛されて出航。画像は護衛作戦の命令書。
_dsg0133
その内容。
_dsg0135
内容その2
_dsg0137
その3
_dsg0140
航路選定の理由。通常選ばない航路を潜水艦対策のために海軍の命令で航行することに。
_dsg0147
護衛にあたった海防艦四阪。ただし、乗員は促成栽培のため技量が低かったとか。
_dsg0153
それで、横浜出航後、今度は漁船と衝突して沈没させてしまいます。舵が効かない・・・蒸気配管元弁を間違えて閉めるというヒューマンエラー。
_dsg0159
が、救命活動をしている中、出航せよの命令が。その後・・・
_dsg0160
_dsg0165
_dsg0168
暗礁に乗り上げてしまいます。
_dsg0174
被害の確認をし・・・
_dsg0176
その程度が判明し、ようやく船長は暗礁乗揚げを認めたわけです。
_dsg0177
で、投錨。
_dsg0179
_dsg0183
そんな中、警戒隊員は爆雷の信管を抜きに行きます。
_dsg0185
投錨地点。
_dsg0186
そして遭難通信。
_dsg0189
海軍暗号書。これを元に通信をするわけですが・・・
_dsg0190
文言が5ケタの数字に対応しています。
_dsg0191
さらに乱数表と組み合わせてとなるわけで、無線を打電する前の作業と複号の作業が大変なわけです。対米宣戦布告が遅れた理由の一つがこれ。
_dsg0193
で、暗号電文の例。
_dsg0196
四阪の船名符号が不明のため、こんな表示に。
_dsg0198
暗号文と復号文。しかし、四阪からは返答がありません。仕方ないので・・・
_dsg0201
鎮守府宛に打電。このあたり、四阪がスルーしたのか、電波管制で軍令部とか上層部の許可なしに打電できなかったのかわかりません。後で安田さんが連絡船側の視点、軍批判の視点だけでは語れないというようなことを言ってました。
_dsg0202
で、鎮守府に打電後、四阪から入電。
_dsg0204
その様子を再現する大神さんと大西さん。大西さんの画像うまく撮れなかった。
_dsg0205
救命艇で遭難連絡を命令。
_dsg0207
_dsg0208
電報の有無を確認。
さて、海軍側の船団護衛任務のしかたはこんな感じ。
_dsg0210
海防艦1隻だけでの救助は危険である。夜間は浮上して砲撃してくる・・・という攻撃を受けた場合の戦訓あるわけで、コレにあるとおり二次的考慮となると四阪が応答しなかったという行動の裏付けになってくるわけです。
_dsg0212
で、警備隊長から打電命令を受けた横浜警備隊経由でも応答なし。
_dsg0215
結局総員退船、横須賀鎮守府に打電で、ようやく四阪から反応があったという次第。
_dsg0217
SOSを打電し、沈没。実際に大西さんがSOS打電実演してました。
_dsg0218
そのSOSを受信したのは函館。
_dsg0219
座礁から沈没までの動き。
_dsg0223
その汽笛を聴き、救助を行った勝浦の漁船。川津の喜平丸は船名を受け継いで現存しており、当時の様子を聴き取ることができたそうです。最初、勝浦の教育委員会に問い合わせたところ、???で、その後調べていくうちに歴史を掘り起こすことになっていったそうです。
_dsg0228
画面の切り替わりの画像で見づらくてすみません・・・
遭難慰霊碑を改めて建立するなりして歴史を残すことができれば・・・ですね。
この段階で時間をかなりオーバー。大神さんがその場で後何分のフリップを作って出してました・・・終わりの時間とか寒いこともあってこの辺りから撤収作業が始まり、自分も手伝っていたので後の画像が・・・
とにかく、一体何枚あるんだというくらい膨大なスライド枚数のパワーポイントで、これでもかなり絞った方ですが、エントリーにえらく時間がかかってしまいました。
その後、盛大な宴会に。
お会いした皆様、ありがとうございました。
===============================
春休み、校舎移転の引越でへろへろです・・・今日もこれから出勤です。夕張行きたかったなぁ・・・

| | コメント (0)

2019年3月24日 (日)

第14回 青函連絡船講演会

_dsf9807
というわけで、土曜日に第14回青函連絡船講演会が行われました。トップ画像は第8青函丸の一般配置図。他にも第3青函丸、第4青函丸もあって、よくもまぁ戦標船の図面が残っていたもんだと・・・
_dsf9826
天気がよろしくなかったので、そんなに人来ないかなぁ・・・と思ったらざっくり70~80人は集まったでしょうか、イスが足りなくてかき集めてました。
さて・・・まずは吉田さんの出航の銅鑼から。
_dsf9836
で、今回はいつもと順番を入れ替えて四方海話から。体調不良の西沢キャプテンの代務は髙橋さん。今回のお題は・・・
_dsf9824
_dsf9838
というわけで、エピソードを交えて次々と。栄光の航跡などの書籍で読んだことのあるエピソードも。
かいつまんで画像の羅列で。
_dsf9840
_dsf9858
_dsf9859
_dsf9862
_dsf9863
_dsf9864
_dsf9865
_dsf9870
_dsf9873
_dsf9875
_dsf9877
_dsf9879
_dsf9881
_dsf9882
_dsf9885
_dsf9886
_dsf9888
_dsf9890
とまぁ、こんな感じでの紹介でした。
続いては飾り毛布実演。今回は上杉先生がいらっしゃらないので、吉田さんと森本さんの二人で実演です・・・が、折ってると二人とも無口になって、折っている音しか聞こえない(笑)
_dsf9904
今回のお題は「折り重ねる」毛布を折り重ねることで折り方が複雑になって・・・という実演です。
_dsf9909
_dsf9911
_dsf9925
と、折り方がどんどん複雑になっていきます。
この後休憩を挟んでメインの安田さんの第9青函丸ですが・・・あまりにも巨大なエントリーになりそうなので分割です。
niftyのblogのリニューアルでとんでもなく使いにくくなりまして、エントリーを試行錯誤してます。これで改善って何考えてんだか・・・画像のアップとかサイズ指定できないし、勝手に横100pixのサムネイルにしかならないし、サムネイルにしなければ画像見切れるし・・・結局htmlタグを叩くしか対応ができないってblogの意味ないじゃん・・・富士通日商岩井からノジマに身売りしてからグダグダすぎる・・・

| | コメント (0)

2019年3月17日 (日)

おおさか東線 全線開業その2

201903170006
201903170007

おおさか東線全線開業で唯一それらしい記念品。直通快速の久宝寺-王寺間で配っていた乗車記念証。朝からそれらしい放送も記念品もなかったので、まぁ、通勤路線ということもあってそんなもんかと思っていたのですが、奈良からすると新大阪で新幹線直結というのはそうとうインパクトのある出来事なんでしょう。近鉄で京都と繋がってる・・・とはいえ、JRで繋がるというのが大きいのでしょう。イラストが九州新幹線なのは、東京方面からは京都で近鉄、九州方面からは新大阪でという意味合いがあるのかと思います。

で、奈良駅に着いたら、ご当地キャラクターがお出迎え、いろいろと配っていました。まぁ、いつものお約束の観光パンフの束ですが、それ以外にはこんなものが・・・

201903170008

記念のステッカー。

201903170009

記念の缶バッチ。これ、あっという間になくなってました。パンフレット詰め合わせ袋には

201903170010_2

開業パンフデザインのクリアファイル。

201903170011

ポケットティッシュ、このあたりが「開業」の文字入りで、後はひたすら観光パンフでした。他にも三輪そうめんを配っていました。

で、新開業各駅の入場券。みどりの券売機が大行列になってました。なんでかというと・・・・

201903170005

入場券はあっという間の発券ですが、こういう乗車券が発券できるので・・・たまたま南吹田で後ろの人が少なかったのでちょっとやってみましたが・・・やってる最中にあっという間に行列が。普通に新幹線の切符を買う人もみどりの券売機なので、世間の迷惑にならないようにしましたです。

が、これを駅毎に一人で1枚ずつ何操作もやってる人がいて延々と列が進まない・・・さらに駅毎に無効印、スタンプ等々改札窓口がふさがる・・・で、放出-新大阪1番電車、新大阪からの1番の直後、鴫野からの折り返しパターンで人多すぎでホテルの朝食時間に戻れなくなってしまう・・・ので、飯食ってから出直せばいいや・・・ということにしましたです。

201903170001

その南吹田駅。

201903170002

JR淡路駅。

201903170003

城北公園通駅。

201903170004

JR野江駅。この後久宝寺まで乗って、さて・・・と思ったら直通快速が来たので、何となく乗ってみたら記念証ゲットとなったわけです。

おおさか東線内では配ってなかったんでしょうね。久宝寺発車後、王寺までの間に全員に配ってました。

さて、疲れたから飯食って寝ます。金曜日卒業式だし。ピアノ真面目に練習しておかないと・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年3月16日 (土)

おおさか東線 全線開業

_dsf9251

というわけで、1番電車に乗ってきました。大阪4:55発の環状線で京橋乗り換え、放出へ。これしか大阪から電車で間に合う方法が・・・それで大阪駅の真上に連泊という超贅沢。

で、現着するとすでにたくさんの人が・・・まぁ、当たり前と言えば当たり前ですが。

_dsf9255_2

放出の改札前にこんなのが。で、ホームに降りると・・・

_dsf9256

行き先の下に「全線開業」のお知らせがループしてました。

_dsf9261

5:29に1番電車が入線。先頭は黒山の人だかり。各車とも立ち席が多く、かなりの乗車率。女性専用車のみガラガラ。久々に201系を見ました。

_dsf9264

窓にはこんなラッピング。

_dsf9267

横の表示。で、混んでるので、そのまま立ったまま大阪へ。

_dsf9283

で、大阪ですぐに折り返して久宝寺行の1番電車に。速攻で改札出て入り直してギリ駆け込み。

_dsf9289

新大阪駅1番線。南吹田の表示。

_dsf9291

久宝寺行1番電車。これで鴫野まで行き、各駅乗ったり降りたり開始。

_dsf9299

_dsf9295

これ、各駅でやっていたのですが、南吹田だけ乗ってたドアの場所と遠くて撮れなかった・・・。

_dsf9314

鴫野へ入線してくる201系。

_dsf9315

_dsf9269

じぇいあーるのえ・・・全部ひらがなで書くと何か間抜けな感じが・・・

_dsf9323

式典の看板設置中でした。

_dsf9294

_dsf9274

_dsf9326

1番電車の中から撮れたのが野江、城北公園通、淡路の3駅だけ・・・

_dsf9346

さすが城東貨物線。通過表示でこんなのが走って行きました。

_dsf9292

_dsf9280

_dsf9399

式典、パネルで目隠しされて見られないです。看板が隅っこにあったので無理矢理こんな感じで撮ってみました。

_dsf9389

ヘッドマーク付の新大阪行。淡路でちょうど並びました。

_dsf9404

雨が降ってきて、新大阪から戻ってきたヘッドマーク付編成。

_dsf9415

ここだけ横断幕撮れませんでした。で、入場券をみどりの券売機で買おうにも、人多すぎで野江・城北公園通の2駅は断念。入場券だけでなく、駅名指定で一人で何回も操作する人多すぎで、ホテルの朝飯タイムに間に合うように戻ることができなくなるので、朝飯後に出直し・・・で大阪に戻り、出直しで新大阪に行くと・・・

_dsf9424

_dsf9430

式典が終わったところでした。でもって、新規開業駅の入場券をそろえて放出に行くと、直通快速奈良行が。何となく乗ると、何と乗車記念証の配布が、1番列車ではそれらしい放送もなかったので、これはびっくりサプライズ。さらに奈良駅では記念品配布。これはラッキーでした。

で、せっかく奈良まで行ったので、春日大社くらいは行ってくるかぁと・・・で、大和路快速で戻って飲んだくれてコレ書いてます。さて、明日はどうすべぇ・・・とりあえず寝ます。入手したものは帰京後にスキャンしてアップします。

それにしても日本語より外国語が目立つ大阪に奈良・・・うーん・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月15日 (金)

今宵は・・・

_dsf9239_2

今宵はちょっと・・・いや、日常の行動パターンからするとかなり贅沢な宿に泊まってます。部屋からの画像がこれ。鉄部屋をリクエストしたわけではないのですが、鉄ヲタ歓喜のお部屋です。で、何しにここに来たのかというと、明日,、おおさか東線の開業乗りつぶしです・・・放出5:34の始発にタクシー使わずに乗るには他に選択肢が(苦笑)

梅田で飲んでホテルに戻ってこれから寝ます。明日朝4:55の電車で乗りつぶし、ホテルに戻って朝飯、後はどうしよう?とりあえず連泊にしてあるんで、どうとでも動けるかと。

6年生を送る会、保護者向け音楽発表、吹奏楽部演奏会、校舎移転準備等休みなしが続いたんで、プチッと・・・勢いで贅沢してしまいました。

さて、寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月13日 (水)

31回目の3月13日

_dsf7988

3月13日、連絡船終航の日から31年が過ぎました。先日、部屋の片付けをしていたらこんなものが出てきました。フィルムは36枚撮りを使っていて、コスパ考えて24枚撮りのフィルムは買わないので、おそらくは現地で見かけて買ったんだと思います。にしても・・・今までコレがあったことを自分で把握してなかったって・・・まだ探せば何かありそうです・・・

フィルムケースのイラストというか、これ、絵柄から萩原幹生船長の切り絵ではないかと思うんですが、どこにもキャプションがないんですよね。ググってもイラストもフィルムケース画像も出てこないし・・・

_dsf7989

ちょっと角度を変えて。これ、もしかして外箱は各船のバージョン違いがあったのでしょうか?うーん、あればコンプリート・・・するには当時のちょっとお財布にやさしくなさ過ぎたんだろうとは思いますが・・・

これ、スーパーのビニール袋にいろんなものとごっちゃにして入れてあったんで・・・オリエント急行の乗車記念のボールペンとか、スーパービュー踊り子号の運転開始記念キーホルダーとか、北斗星トマムスキー号の乗車記念キーホルダーとか東北上越新幹線東京駅開業記念オレンジカードのケースとか。なぜカード本体がない?、JR北海道のリゾートエクスプレスのネクタイピン5種セットとか、昭和64年の1円玉、5円玉、10円玉・・・自分でもちょっとびっくりでした。


それにしても時が過ぎるのはあっという間です。連絡線は昭和の実質最後の年に終焉を迎え、そして平成の次の時代になろうとしてもまだ自分の中で息づいている・・・まさに歴史そのものなんだなぁ、と思います。

3月13日17時 羊蹄丸出航時刻にタイマーアップです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月20日 (水)

【予告】第14回青函連絡船講演会のお知らせ

14

大神さんから連絡が来ました。第14回連絡船講演会。前回の予告通り第九青函丸です。

これは楽しみですねぇ・・・3月23日・・・卒業式翌日です。疲労困憊爆裂状態で出撃です(苦笑)

で、ゆりかもめの駅名が変わってるのに気がつかれましたでしょうか?3月16日から駅名変更です。「とうきょうこくさいくるーずたーみなる」18文字。漢字で13文字「ちょうじゃがはましおさいはまなすこうえんまえ」ひらがな22文字漢字13文字、「みなみあそみずのうまれるさとはくすいこうげん」平仮名22文字漢字14文字には及びませんが、「やながわきぼうのもりこうえんまえ」平仮名16文字漢字9文字より長いです。何を考えてるんだか・・・こう言っちゃ何ですが、国際クルーズに乗るような人、普通に考えてゆりかもめ利用しないだろ?って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月11日 (月)

紀元節 皇紀2679年

201902110010

というわけで、紀元節。平成最後なので、ちょっと神社めぐりなど。やはりここへ行かないとね、ってわけで、まずは明治神宮。

201902110012

伊勢神宮の東京遙拝殿ですから、ここも外せませんね。人が多かったです。そして・・・

201902110011

東京大神宮の近くですし、鳥居が新しくなってたし・・・

で、大田区地元で・・・

201902110001

六郷神社。蒲田からバスで・・・この後六郷土手まで歩いて京急蒲田へ。

201902110002

ここでは蒲田界隈の六社の御朱印がまとめていただけます・・・というか、この六社、蒲田八幡で御朱印おしてもらうことになってます・・・ので、六郷神社行く前に蒲田駅界隈はまとめてうろうろと・・・参拝順に御朱印をいただけるのですが、何せ六社分、時間かかるのでデフォルトでお願いして待つこと約15分。

201902110003

稗田神社。

201902110004

椿神社。

201902110005

北野神社。

201902110006

女塚神社。

201902110007

御園神社。で、京急で平和島へ。正月に行けなかった大森神社・・・と思ったら、本日も祭礼のため御朱印なし。ちょっと裏の方に甘酒神社ってのがあって気になっているのですが、人がいる気配がないです。多分、御朱印あっても祭礼の時だけだろうなぁ。で、磐田神社へ。

201902110009

如月仕様です。節分仕様もあったので・・・

201902110008

で、この後大森海岸駅から電車を乗り継いで明治神宮、靖国神社、東京大神宮・・・で、2月3日にタイムアップした麻布十番稲荷へ。

201902110013

ここまで来て受付終了寸前の時刻。まぁ、日が落ちれば神社は閉門なので、ここで終了。それにしても歩きました。六郷神社~六郷土手駅、蒲田・京急蒲田界隈六社、平和島~大森神社~磐田神社~大森海岸、原宿~明治神宮~代々木、市ヶ谷~靖国神社~東京大神宮~飯田橋、南北線麻布十番~大江戸線麻布十番~十番稲荷

なんやかやで10キロくらいは歩いたでしょうか。

で、新桜館で黒湯に小一時間・・・沈没してました。

3連休、只見の雪祭り・・・と思ってたのですが、初日、寝坊で撃沈、疲労困憊で動きが取れず・・・昨日、起き上がれず・・・今日ようやく外へ出ようかと・・・というか、みずほ銀行で金おろすの忘れてて手持ちがない&三菱の引き落としが火曜で金入れてなかった!で、慌てて緊急用の郵貯から下ろして三菱に入金という間抜けなことをしに出かけたついでだったわけです・・・

で、youtubeにこんなのが。腹抱えて笑いました。無駄にハリウッド大作感満載です。

【劇場版】みずほ銀行 〜ATM停止編〜 予告映像

ツボすぎです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

«ドイツ空軍A-340 などちょっと羽田