2022年9月18日 (日)

34年目の9月18日に寄せて 「鉄道をつなぐ連絡船と旅」講演会

_dsi8856

今日は34回目の9月18日。青函連絡船の復活運航最終日から34年の月日が過ぎました。

先だって9月10日、鉄道博物館で3年振りに青函連絡船史料研究会が集まり、講演会が行われました。今回は鉄道開業150年記念企画展「鉄道の作った日本の旅150年」にちなんだ「鉄道をつなぐ連絡船と旅」と館内の鉄道連絡船関連展示を巡るガイドツアーを行いました。内容は企画展前期に合わせて、明治から昭和初期の関釜航路・稚泊航路・青函航路がメインです。

久々に皆さんで集まり、設営となりましたが、今回は11時からガイドツアーということで、会場設営組とガイドツアー組に分かれて作業です。自分は会場側だったので、ガイドツアーの様子は直接は分かりませんでしたが、後で聞くところによると、館内各所の連絡船の模型の前での解説や緊締具の実演、号鐘など濃い内容だったとか。安田さんの話がいつもより短くてどうした?と仲間で話題になっていました(笑)

さて、その号鐘。宗谷丸とたっぴ丸のものです。

_dsi8804

画像は控室で撮ったものです。で、その音色。まずは宗谷丸。

続いてたっぴ丸。

この号鐘を合図にガイドツアーを始めたそうです。そのガイドツアーで使ったフリップの一部を展示に加えました。

_dsi8852

講演会開始までのわずかな時間で貼る物を選んで・・・という突貫作業でした。

さて、13時から講演会ですが、11時半くらいに講演会の列はどこに並べばよい?と訊ねられても鉄博の方がいないのではて?という状態で、「昼飯やトイレに困る」と言われても私らも困ってしまい・・・とりあえず「先頭」と書かれた表示の所を案内したのですが、12時過ぎに整理券を配って・・・となりました。

13時。例によって吉田さんのドラで講演会開始です。

_dsi8866

まずは今回担当の学芸員さんのご挨拶。事前に大神さんから『安田さんが「マリンガールの服着せたらどうだろう」と言ってましたが誰か持っていませんか』ってメールが飛んできたのですが、さすがに無理だったようで、少し大きめの船員さんの3本線の制服になりました。船館のイベントで元マリンガールの方が衣装着てたと思ったんですが・・・ん~記憶違いかな?

_dsi8870

続いては課長の挨拶。自分と同じD500使いで羊蹄丸50年の講演会でお世話になりましたし、ED75のヘッドマーク交換や区名札、車内放送などディティールにこだわった展示を見せてくれます。

_dsi8873

今回は青函ではないですが、鉄道連絡船ということと戦前~戦中なので関釜連絡船と稚泊連絡船についての講演と飾り毛布の3構成になります。15:30までの長丁場ですが・・・という大神さんの前説です。

さて、今回は画面の撮影禁止のマークがあるので、講演会途中の画像の入っているパワポスライドは自粛しました。また、安田さんの講演の中には特別の許可をいただいた画像もあって、著作権にひっかかるので・・・4K動画ですべてを撮影してありますが、非公開にします。

_dsi8875

まずは吉田さんの関釜連絡船の講演。いつもの飾り毛布の実演と勝手が違うのか緊張の面持ちです。

壱岐丸、対馬丸、金剛丸、興安丸、崑崙丸、天山丸・・・と関釜航路・博釜航路の歴史、船についての解説をしていきます。鮮鉄・満鉄を経由し、シベリア鉄道でパリ・ローマ・ベルリン・ロンドンまでつながる亜欧連絡という戦前の華やかな時代から日中戦争、終戦と激動の時代に翻弄された歴史、戦火で沈められた連絡船のことを訥々と語っていました。今回展示に昭和12年の時刻表の復刻版を持っていきましたが、その最初の方の亜欧連絡のページを開いておきました。また、昭和19年の時刻表の復刻版は「連絡船の時刻は省略」と書かれているページを開いておきました。

今回、金剛丸・崑崙丸・天山丸の一般配置図を大神コレクションから蔵出しです。さすがに原本というわけにはいかないので、等倍のコピーです。

まずは金剛丸。たたんでいた折り目がキレイに広がっていないのでよれているのはご容赦を。図面はクリックで横1000pixになります。

_dsi8818

_dsi8819

_dsi8820

続いて崑崙丸。

_dsi8814

天山丸。

_dsi8816

_dsi8817

天山丸や崑崙丸は海人社の「日本の客船」の中にキレイな写真があり、戦時塗装でなければスタイルもよく、美しい客船だったんだろうなぁ・・・と思います。

_dsi8950

会場は上から見るとこんな感じになります。ソーシャルディスタンスということで限定30名。いつになったらこんな制限がなくなるんでしょうねぇ・・・先日N響のコンサート行ったんですが、間を開けず満席でした。観客が声を出さなければもっと詰めても、と思うんですが。

続いて安田さんの稚泊航路についての講演。例によって精緻な調査と膨大な資料で作られた巨大なパワポスライド。

_dsi8880

今回撮影禁止の最大の理由は講演目次4の林芙美子「樺太への旅」で許諾を得て借用した画像の著作権ではないかと・・・通常は1枚いくらの使用料のところ、講演会の主旨に賛同して無料でお使いくださいという特別のご厚意をいただいたそうです。

航路開設、主として陸軍鉄道連隊仕様の600ミリナローゲージの軍事用から始まったので連絡線も便乗扱、樺太鉄道庁、砕氷船亜庭丸の建造など、国会図書館など資料を駆使した講演となりました。ソ連崩壊、ペレストロイカの恩恵か、20年くらい前の鉄道雑誌にはキハ58で行くサハリン鉄道の旅、豊原ループ線など見所たくさん・・・というパックツアーの募集が載ってましたが、今はそれも夢物語です。

1~3はどちらかというと政策・制度・船などの固い内容でしたが、4は旅の内容で、いつもの安田さんのアカデミック系の内容とは少し雰囲気が違い、戦前の旅を彷彿とさせる内容で、しかも女性の一人旅というさらにレアなものだけに、もし大東亜戦争を回避できていたら・・・ということを考えてしまいました。

_dsi8889

さて、その砕氷船、亜庭丸の一般配置図。船名が決まってなくて「新造砕氷客貨船」となっています。青刷りのカラーコピーですが、痛んでいるところはそのままです。

_dsi8823

_dsi8824

そして宗谷丸の一般配置図。

_dsi8821

_dsi8822

黒い丸は貼り付け用の磁石です。

休憩を挟んで吉田さんと森本さんのペアで飾り毛布の実演です。安田さんの講演が例によって延長戦ですので、巻きでお願い・・・ということになりました。コロナ対策で観客の参加はナシですが、後でやっぱり何か寂しいねぇという話が。

_dsi8961

_dsi8808

関釜連絡船の講演とは打って変わって、立て板に水、とまではいきませんが、吉田さんの話しっぷりが変わりました。森本さんと二人、息の合った実演で、サクサクと作品を作っていき、そのたびに拍手が起きます。こうして3年振り2時間半にわたる講演会が無事終わりました。

_dsi8838

例によってkeiichiさんの十和田丸。今回は電飾なしです。何でも先日の走航会でスピードボートにぶつけられて、ポート側側面に黒い痕が。十和田丸の周りの紙ものは自分と空旅氏のもの。パネル側を戦前ものに、手前側をいつものものという感じにしました。

_dsi8813

こちらは鉄道博物館所蔵の金剛丸と興安丸の号鐘。興安丸は引き揚げ船として有名な船ですね。

_dsi8934

パネル・展示の全体像です。

_dsi8903

展示台のアップ。この設営と撤収はいつも大事です。十和田丸はもとより、青森駅や線路が大変です。見るたびに部品が増えてより取り扱いに繊細さが求められますし、HOゲージがKATOとTOMIXが混在しているのでコンテナの積載が???となったり、ここの線路って何番線までだったっけ?と過去の記憶たどって、オユはこのあたりでよいよね、郵便局こっちにあったし・・・とか。

いつもは講演会翌日にはアップだったのですが、終わった後、3年振りの宴会。翌日は死んでました。で、仕事もあってペンディング。

・・・みんな年とって病気自慢とか不健康自慢(苦笑)そりゃ連絡船終航から34年、最終便戦友会の再会からでも14年ですからねぇ・・・西沢キャプテンも鬼籍に入ってしまわれたし、史料研究会の元船員さん方もお年を召して・・・連絡船の船員会も終わりに・・・あまり考えたくないのですが、あと20年、いや、10年後にどうなっているのかなぁ・・・

無責任な乗客の思い出がベースの最終便戦友会と自分たちの歴史である連絡船を語り継いでいきたいという想いの連絡船の中の人の思いとリアルな連絡船を知らない若い世代の興味。それがこれからどんな航跡をたどっていくのだろうか、ということを考えていますが、それを最も思っているのは大神さんや安田さんといった、直接連絡船の運航に関わった皆さんなんだろうな、と思います。

昭和97年9月18日。4便到着時刻に合わせてタイマーアップです。

西九州新幹線1番列車かもめ2号指定券は撃沈。キャンセル待ちかけてます。自由席は乗車制限やるって・・・んーっと、鹿児島の時は思ったほどではなかったので今回も大丈夫な気もしますが・・・が、JR九州アプリでかもめネットきっぷでかもめ2号自由席+みどり2号指定席の幹在特押さえてたら接続列車指定券所持になって乗車拒否はできないだろうと踏んでます。で、折り返しのかもめ1号は折り返し時間短いからそのままホームに居れば乗れるだろう、ま、無理でも1番列車には乗れているので・・・という作戦になっています。在来最終のかもめ48号は指定券確保済、45号はキャンセル待ちですが、何とかなるかと。長崎駅で回送見送りしてホテル戻ったら1時くらいで、朝5時前には出ないといけないからなかなかハードです。ま、1番列車往復で戻ってきてもホテルの朝食タイムに間に合ってしまうので大阪東線の時と同じようなパターンができるかな、と。それから稲佐山に登ってブルーインパルスかな。記念切符とかの散財は押さえないと・・・そろそろ終活ってのを意識しないと・・・

| | コメント (0)

2022年8月11日 (木)

YouTubeチャンネル開設1周年

というわけで、8月11日、YouTubeの西乃湯鉄道我楽多館チャンネル開設1周年となりました。超不定期気分でアップなので登録数も再生数ものびるわけもなく(笑)単なる動画置き場ですが、8月11日現在で新旧取り混ぜて42本となりました。編集する時間がないので、時間がとれたらちょっとずつです。リコーダーの練習動画とか作っているのですが、こちらは学校限定で。ICT機器やらで容量無制限で使えるのでこちらを優先して編集しているので・・・一応チャンネルの宣伝でした。

| | コメント (0)

長崎本線 4日目 遠征最終日

0001_20220811103001

遠征4日目、最終日。ようやくロケがそれなりに見えてきたのですが、時すでに遅し・・・波瀬ノ浦でもうちょっと撮りたいなぁでここへ。付いた途端に向こうからやってきてアングル考える間もなくとりあえずシャッター。元画像をちょっとトリミングしてあります。が、あまりにもタイトな場所なので、この1カットで撤収。国道の橋の上へ。

0002_20220811103301

手前の波止場と漁船を広角で無理矢理入れてみました。波止場の上にするか国道にするか迷ったのですが、集落から波止場へ向かう入り口にロープが張ってあったので一応遠慮しました。で、有明海の干満の差は激しく、あっという間に潮が引いていきます・・・

0010

立ち位置をちょっと変えて・・・これでもまだ潮が引ききっていないです。この船だまり、底が完全に露出するまで潮が引きます。

0006

振り返ると国道沿いの線路を行く列車も撮れます・・・が、D700に付けっぱなしの28-300便利ズームを目一杯に伸ばしてトリミングしてこんな感じです。広くして右側の突端まで入れてもと思うのですが、廃墟がどっかりとあってこういう切り取りカットになりました。

で、光が動いたので鉄橋の反対側へ。

0003_20220811104201

0004_20220811104301

流し撮りで遊んでみました。787系は車体の構造から屋根がギラって面白いです。

続いてロケハン山道で偶然見つけた俯瞰場所。

0005_20220811103901

横位置だとこんな感じになります。左側のスピーカーが目障りですが、まぁ、しかたないです。で、それを嫌って縦位置にすると・・・

_dsg1545

_dsi7913

こんな感じになります。縦位置はちょっとトリミングしてあります。横位置はD500に80-200ズームの200側ほぼいっぱい、縦位置はD700に便利ズーム300側一杯です。黒い787系より白い885系の方が映えますね。

あと撮りたかったのが雲仙バック。小長井駅で苦しいながらも撮れるのはわかっていたので、とりあえず1カット

0009

通過していく下りとのカット。そして一昨日見つけていた場所へ。

0007_20220811104601

編成がスッキリ載って雲仙がスッキリ見えるここ。車止める場所がネックですが、地元の人に確認して微妙なすき間に止めさせてもらいました。何撮りに来たの?と何人かに聞かれたので、新幹線で来たらかもめこなくなっちゃうから・・・と話したら納得したみたいでした。ここ、あまり知られていない場所なのかなぁ?

0008

午後の遅い時間しか順光にならないので、787系は編成のほぼ全部がギラッた感じになります。なので・・・

_dsi8178

ここまで粘ってみました。これが遠征のラストカット。列車で隠せない右側の家をカットする構図にすると山がちょっと偏った感じになるのは仕方ないかな。で、時間ギリギリなので、この後立て続けに来る787系はスルーして片付けて空港へ。この段階で17:50位。ナビによると空港まで1時間。レンタカー返すのが19時、飛行機20:10ということは遅くとも19:30には空港にいないと・・・予定では風呂入って汗流して着替えてだったのですが、そんな余裕なし。夕方の帰宅時間と重なって大村へ抜ける峠は渋滞・・・ガソリン入れて車返したのが18:55。送迎車で空港に着いたのが19:10。荷物預けて「クラスJ空いてる?できれば窓」とダメ元で訊いたら1番前の5席空いてる、で窓も空いてる、というまさかの回答。千円札出してスタンバってたら2千円・・・そういえば使用機材の767最前列ってファーストクラスじゃなかったかと・・・で、空旅氏にメールしてみるとアマビエジェットならファーストだね、とのこと。乗ってみるとまさにファースト。極楽です。

原爆の日のお帰り最終便だけにほぼ満席、外国人も多く、自分の隣も英語じゃない言葉で話してる外国人、身なりも良く、スーツにおしゃれなポケットチーフをしてました。この方、羽田でお迎えアテンダントが国旗らしきカードを持ってローディングに立ってたのでどこかの国のえらい人なんだろうなぁ。Tシャツにジーンズで汗臭いジジイが隣ですみませんです・・・というか、このファーストクラス、事前のクラスJ指定の枠外で、当日販売かコードシェア便の上級客用のリザーブだったんじゃないだろうか・・・通路向こうの中央一人がけ席も上品な感じの女性だったし・・・窓口の担当のおねーさん見習みたいな感じだったんで、本当はお断りすべきマイルタダ券の客にうっかり売ってしまったんじゃないかという気がしないでも・・・クラスJ2000円っての初めてだったし。

202208110001

名前バレバレですがぼかしときました。01の何番かも一応ぼかしては起きました。クラスJアップグレード2000円ってファーストの椅子だからだと思いますが、HPなどの公式には出てないような・・・そうしてみると、772インターのビジネスクラスの国内線クラスJ扱いがよりおトクに感じてしまいます・・・が、ファースト料金高いから2000円アップでファーストクラスの椅子ってのもなかなかですねぇ。

さて、たまった仕事やらないと・・・リコーダーの演奏動画にコメント入れて返さないと・・・撮影中も夜ホテルで送られてきた動画見ながらタンギングがぁとか読譜がぁとかコメント書いて送っていたので。ICTで便利になったのはその通りですけど、常につながっている状態になっているので、完全オフにできないというのはどうなんでしょうねぇ・・・

動画も編集しないとなぁ・・・すさまじいデータ量になってるし(苦笑)

| | コメント (0)

2022年8月 8日 (月)

長崎本線 3日目 36+3

36plus62

3日目。今日のメインはこれ。月曜日に長崎に来るD&Sトレインの36+3。返しの長崎発が遅いので光のあるところで撮れるのは限られてます。頭がギラッたのでよしとしましょう。行きは白浜海水浴場で撮ったのですが、こいつだけ怨念雲にやられました。人多いと予測して行きはここ1発にすることにして、場所だけキープして疲れたので車で2時間くらい爆睡してました。

36plus31

これが行き。車体が光沢仕上げなのでこんな感じにはなりましたが・・・直前の白黒かもめはいい感じだったのです・・・

E9859869bc834d128c905afb18dc1ea4 A3e0d78e24694bdeabb0c719525f3c5f

平日で海水浴場の駐車場に車が止まっていないので、アングルを広くできました。

Ee879fcd260341d48678b32e10fd3fd3 8841f0a1117b4062b2522cf92fc5520b

大浦漁港で。これもいい光線の中白黒両かもめを撮影できました。

さて、明日は最終日。ノープランです。

| | コメント (0)

長崎本線 2日目

A82c33baf29841cab6985c5c04b7c495

2日目。1日限りのHAPPY BIRTHDAYラッピングのイベント新幹線が走るというので、ここに来てみました。空の点は長崎空港から離陸した飛行機。晴れて複線の向こう側で順光の場所って、時間的にここくらいしかまともに撮れる場所ないんじゃないかなぁ・・・とロケ不案内なので・・・で、直前まで雷鳴轟く大雨。晴れてほしかったですが、まぁ、これからいくらでも撮れるので。

前日の薄暮の中でロケハンしてキャパと車止める場所で早めに行かないと・・・で何とか場所キープ。1・6号車にラッピングかと思いきや、こちらからは最後尾の1号車のみのラッピング。なので・・・

Fabbd22a98f748cebe854fbd7451a753

こんな撮り方してなんとかごまかしました。これ、トリミングです。でもって、昨日どんぐもりだった白浜海水浴場バックへリベンジへ。

_dsi64092

060c709dc28847308fd2f13bcb620a2d

白黒いい光線の中を走って行きました。雲が流れて影も流れてけっこうギリギリなタイミングではありましたが。で、ここばっかり撮ってもしょうがないので、移動。

74351f0ea4b947af96b8e8732e189ffc

肥前七浦駅の大俯瞰。車から降りて15秒です。

0c4864cc7fcc48c884bebdb57f6c87ee Bc19576269e541679669357dc77936e9

波瀬ノ浦で。午後のこちら側が順光。

さて、3日目行ってきます。

| | コメント (0)

2022年8月 6日 (土)

長崎本線 定番で

_dsi6209

というわけで、新幹線ができたら撮れなくなってしまう長崎本線にやってきました。朝寝坊して・・・のんびりお出かけ。まぁ、多良~肥前大浦の間のお立ち台狙いだし、かもめ本数多いし・・・でとりあえずコレ。午前中は干潮なのですが、有明海は思いっきり水が引く干潮のイメージもあるのでまぁいいか・・・

_dsi6303

黒いかもめ。787系もずいぶんと長く動いています。九州豪遊券でグリーン車乗りまくりの頃のデビューですからもう何年になるんでしょうねぇ。天気予報だと雨三昧のはずが朝は晴れていました。11時頃に雷鳴響きはじめ、雨が・・・で、ここを撤収。

_dsi6386

多良駅で白いかもめと黒いかもめの交換。いつの間にか黄色いかもめではなく青いかもめになってました。で、この後はどんぐもりでやる気なくしてド定番のここ・・・ですが、木や草が伸びて国道脇の空き地からは撮影不可能です。

_dsi6409

まずは白いかもめ。フォトショップは正義です。

_dsi6516

続いて黒いかもめ。数少ないローカルも撮って、ホテルに戻って風呂入って汗流してビール・・・

明日は西九州新幹線にHAPPY BIRTHDAYのラッピングしたのを1日だけ走らせるということらしいのを今日知ったのでどうしようかというより撮るとしてどこで撮れるの?という状態です。早起きしてロケハンしないと・・・

| | コメント (0)

オヤ31 貸切見学! @京都鉄道博物館

_dsi6044

行ってきました。オヤ31貸切見学。売り出しと同時にゲット。同行者なしで1人で貸切。

Img_2743

朝イチで伊丹に飛んで・・・定刻なら和田岬線乗り鉄・・・だったのですが、案の定遅れたので、京阪のプレミアムシート・・・と思ったら早朝の踏切事故でダイヤ乱れてて営業中止・・・仕方ないので、京都ー奈良をあをによしで往復してウメテツ入り。今回はコレが目当てなので他はどうでも・・・というと怒られてしまいますね。

_dsi5989

狭い場所で撮るので、広角!8-15mmの対角魚眼レンズでこんな絵にしてみました。

_dsi6018

矢羽根の部分です。さて、一通り外をみて、いよいよ車内へ。

_dsi6020

いや、特別感ありますねぇ・・・

_dsi6060

まずは長いロングシート・・・なんですが、幅広でB寝台の70センチ幅くらいありそうです。

_dsi6061

説明の張り紙。

_dsi6063

備品表もさることながら、その上の古い箱形の木製スピーカー。これ、オリジナルで残ってる旧客ってあったっけ?

_dsi6064

室内を進んでいくと、奥に作業室が。

_dsi6069

さらに一番奥まで。振り返ると・・・

_dsi6074_20220806002701

そして・・・

_dsi6076

だるまストーブです。

いやぁ、あをによしもよかったですが、この貸切、すごいの一言です。

この後伊丹ー長崎を飛んで、レンタカー。長崎行きのフライト自分入れて乗客7人。うち5人がクラスJでした。

 

 

| | コメント (0)

2022年8月 2日 (火)

只見線 復旧試運転

_dsi55452

キヤ検翌日、復旧試運転。各所情報によると3往復あるらしいのですが、ダイヤを見ても425D~428Dの間合いの1往復は容易に想像できるのですが、後の2往復のダイヤが読めません。まぁ、行けば何とかなるでしょ?という安直なノリで・・・画像はその1往復目。5鉄橋で。キレイに水鏡が出てます。

_dsc5647

で、昔の5鉄橋。2005年7月15日の風っ子。3往復目の返しあたりで出るかなぁ?って思ったのですが、帰りが遅くなるとしんどいので・・・

サクッと撤収、どこで撮ろうか考えながら・・・蒲生岳がキレイに出てるので、ココにしました。

_dsi55822 

踏切が鳴った途端、右手の集落から子供が飛び出してきて列車に向かって・・・しまったぁぁ、そっちのカット狙えばよかった・・・

_dsc0355

2005年11月20日立ち位置が違いますが、紅葉に冠雪した蒲生岳。返しは午前中はそれなり順光の8鉄橋。ずーっと対岸で工事やってて、川の中のオレンジの浮きフェンスがどうにも気になります・・・で、

_dsi56002

まずは蒲生岳水鏡シンメトリー。微妙に風があって完全ではありませんが、まぁ8鉄橋お約束のカットということで。

_dsi56022

で、カメラをくるっと持ち直して横カット。

この画面の右手、コンクリート擁壁で復旧したところです。8鉄橋の嵩上げしないということで復旧費用を抑えたわけで、ぱっと見た目は前のママです。

_dsd7730

2007年10月31日 蒸機試運転。有給で日帰り特攻出撃・・・撮り鉄カミングアウトしてたので・・・

よく見ると川にかかる電線の位置が変わっています。この頃は低い位置にあったので線路にかかる位置を避ければよかったのですが、今は高い位置にあるので、加えて空にかからないような立ち位置を探らないと・・・

_dse66732

もう一度こんなカット撮れるんでしょうかねぇ・・・2008年11月2日

_dsi56472

で、各駅停車なので楽に追い越してここ。順光になる時間帯が限られているので・・・

_dsc0214

在りし日の7鉄橋。2005年11月5日。

_dsc8138

国鉄色の磐西・只見ぐるり1周号。2006年11月4日。この頃は蒸機に国鉄色とネタ多かったです。それだけにネタ無しの静かな日常も通って撮ってましたねぇ。只見線に通い出した2000年頃は紅葉ピークの1鉄橋俯瞰ですら5人が居たら今日は人が多い!って感じでしたが・・・当時のNiftyの鉄道フォーラムをベースに同好の士で集まって撮影に行ってteam只見名乗るようになって自分が代表幹事やって当時の会津川口駅の駅長さんとの関わりで写真展示だとか初年度蒸機決まったよとかオレンジカードや乗車証明書やポスターの写真とかどっぷりはまっていって地元と関わるようになって・・・

その後音楽専科にチェンジして吹奏楽部もつようになって週末が動けなくなり撮り鉄から遠ざかってしまったので・・・歳と共に仕事などの責任重くなって動けないというのもでてきて、取り巻く人や環境やそれぞれの思惑が絡み合ってteam只見が実質終わってしまったのもこのあたりからだし・・・

今回撮影しながらそんなことを考えていました。さて、ココで撮って次はどこ・・・うーん・・・夏井川かなぁ・・・で・・・

_dsi56792

変わらない光景です。これで1往復目終了。13時過ぎに2往復目ということなので、下におりました。

_dsi57002

が、怨念雲にやられてしまいました。ネタの時に下から撮るのはなかなか難しいのですが先手必勝、先に降りて場所キープ。

_dsc7009

2005年9月17日。今年こんなカット撮れるようになるのかな?

_dsi57252

そして夏空を大きく叶津川で。

_dse3875

2011年7月24日。被災前に最後に撮った叶津川の画像。只見線40周年記念号。

さて、返しは・・・8鉄橋はすでに逆光モードなので・・・サイドからも考えたのですが、工事現場が・・・で結局ここ。キハ110がぶら下がっているので、雰囲気を変えて。

_dsi57692

山並と空を入れてみました。が、狙いはこれよりもこっち。

_dsi5779

横田駅に止まるキハ110。駅舎には足場が組まれて塗装など修繕工事が行われています。待合室の中のポスターや雑誌、11年前で時が止まったままでした。

_dsi57902

続いてここ。手前のガーターが新しく鳴った部分。この時間、このアングルだとド逆光なのですが、運良く曇ってくれました。

_dsi58142

そして3往復目の行き。夏井川裏。これが今回のラストカット。玉梨豆腐の営業時間17時までなので、往復撮ってると間に合わないし、帰りが遅くなってしまうので・・・

これから普通に撮れる、なら慌てなくても・・・ですが、久々にここを列車が走る姿を見たら、そりゃスイッチ入ります。撮影地とか体が覚えていました。が、30代だった頃とは体力が・・・もう無理はできないですねぇ・・・

| | コメント (0)

2022年7月31日 (日)

只見線 キヤ検測

_dsi53552

久々のエントリーです。11年振りに全線復旧する只見線。試運転始まってましたが、キヤ検が入るので撮り鉄モードでお出かけ。画像は新しく架け直した7鉄橋。

四季彩橋からの撮影はトラスでうーむになってしまいましたが、こちら側からは撮れます。各所で新撮影地爆誕とか書かれてますけど、ココ、昔も木があって狭いとはいえ撮れたんですが、どうしても四季彩橋の上からの方が光線に恵まれる時間が多いので印象薄いんでしょうねぇ。かくいう自分もこっちから撮った画像ってあったっけかなぁ・・・

で、手持ちとグリップちゃんで車に付けておいたビデオカメラをサクッと撤収して追っかけ。で、越川のカーブで追い抜いて新しくできた本名バイパスを快適に走ってこれまた新装開店の6鉄橋へ。

_dsi53742

うーん、何か撮りにくいというか、前の6鉄橋のイメージが・・・色はそのままなんですが、車体がトラスで隠れるというのが・・・撮り方考えないとなぁ・・・

ものすごくゆっくりと通過。7鉄橋通過時刻がDJ誌を元に想定した時刻よりかなり早かったので時間調整でもしているのか?と思うくらい。なので普通に国道に出て走って追い抜いてしまったようで、5鉄橋で間に合ってしまいました。

_dsi5389

ビデオは不発、考えなしに撮ったので定番の左半分トラス掛けは中途半端なボツカットで、新しくかけた桁の上の方の画像で。

川口で長時間停車でどこで撮るか考えたのですが、とりあえず定番の1鉄橋。水鏡出てるので上ってしまいました。

_dsi53942

キヤ検なので列車アップで。VTRは4K2台で風景版と列車版。

これで行きは終了。この前の乗り鉄の時はお休みだったおふくろへ。超久しぶりでマスターとママさん、自分見ていたく驚いていました。

昼食後時間があるのでつるの湯へ。平日の真っ昼間、貸し切り状態で満喫です(笑)

でもって返し。スジが立っているのと長時間停車がない、道路が工事で至るところ片側交互通行で追っかけ不能と判断、ならばここ。8鉄橋俯瞰1発勝負・・・と思いましたが、果たして今撮れるのか?そもそも奥まで車入れるのか?全くわからないまま突入。先客の車1台。ということは撮れる?機材担いでいざ・・・うろ覚えの獣道をたどって彷徨うも鉄橋を見晴らせる場所がない・・・ギブアップで戻ろうとしたら下の方に人の気配が。行ってみると昔とは違う下の方のスペース。先客1名の横にお邪魔して撮影。うっすら川霧がかかるものの、すでに日陰になってしまっていました・・・が、これはこれでよいかと。

_dsi54332

動画はYouTubeにアップしました。

体にムリさせてしまったので、若松の東横インへ。10泊で1泊タダ券あるので、シングルお値段高め設定なのでこれで宿泊。爆睡しました。時間があれば栄光館ですが、到着が19時近くなっては温泉旅館1泊2食付きはもったいなさすぎるしお財布に優しくないので。この後京都鉄博オヤ31貸切と長崎本線撮影と新幹線開業と・・・と激しい散財予定があるので・・・

翌日は試運転を3本目の行き1発まで撮って撤収しました。それは後日。急行津軽や函館本線山線乗り鉄も溜まってるし・・・

あ、4月から学校変わりました。教務主幹から生活指導主幹にチェンジ、吹奏楽部から金管バンドに。まぁ、定年が見えてきてるのでボチボチとやっています。

| | コメント (0)

2022年3月13日 (日)

34年目の3月13日

_dsi29012

今年も3月13日がやってきました。

あれから34年。大学生だった自分が定年退職が見える年になってしまいました。画像は古い友人からいただいたもの。今こういうペナントってお土産屋でもあまり見かけなくなりました・・・

コロナで史料研究会や最終便戦友会と会って飲んでというのができないまま2年が経ってしまいました。YouYubeで連絡船の動画を見るとあの頃ビデオカメラを持っていなかったことが悔やまれます。とはいえ、一介の大学生が個人でポンッと買えるようなものではなかったですからねぇ・・・

11日にはキハ283系が引退してしまいました。エンジン吹かして高加速、石勝線を爆走していくのは乗り鉄としては爽快でしたし、撮り鉄としてはカーブで車体をバンクさせてかっ飛んでいく姿はかっこよかったんですけどねぇ。先輩の281系より先に引退とは・・・

_dsc5314

とりあえずサクッと出てきたデジタル画像。増田山から。熊出没注意・・・

_dsc5257

正面から。これ、どこだったったけ・・・

3月13日17時 羊蹄丸函館出航時刻にタイマーアップです。

| | コメント (0)

«令和4年・皇紀2682年 新年のご挨拶